This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【社員インタビュー】共通点は「0→1」。自分でゼロから考えて作り上げていくことに楽しさを感じるタイプの人間なのでWACULにジョインするなら「今」だと感じた。(マーケティングプラングループ 佐藤)

こんにちは。WACULの人事をしている池田です。

私たちWACULは「テクノロジーで、ビジネスの相棒を一人ひとりに」というビジョンのもと、あらゆるビジネスのデータを最先端のテクノロジーによって、整理・分析だけでなく課題特定・解決まで行うことで、ビジネスパーソンの生産性を高め、クリエイティビティの最大化を支援しています。

WACULで働くメンバーの「これまでのキャリア」や「転職のきっかけ」そして「思い」など、等身大の姿を『社員インタビュー』としてご紹介しています!

今回は、2019年6月に中途入社したマーケティング&プランニンググループの佐藤です。

ー 入社まだ2か月未満ですが、すでにイベント企画、集客、当日運営、アポチームのマネージメントetc...すごい勢いでマーケグループを引っ張って行ってくれている佐藤ことあっきーなですが、今回は宜しくお願いします。

はい。宜しくお願い致します。

まだ2か月なんですよね。なんだか濃厚な日々を過ごしているので半年とか1年とか経って感覚を覚えますね。


ー その気持ち分かります!良い意味で毎日濃厚ですね(笑) さて、あっきーなはWACULで3社目ですよね。振り返ってみて、これまでの共通点ありますか?

そうですね。

共通点だとやはり「0→1」ということだと思います。つまり「自分で考え、自分でつくる」です。

出来上がったものに興味がなく、自分でゼロから考えて作り上げていくことに楽しさを感じるタイプの人間なので、3社とも有難いことに幅広く任せてもらえて「0→1」の環境を持たせてもらえました。


ー WACULの場合、第2創業期を迎えまだまだ立ち上げ間もないStartupみたいな感じなので正に「0→1」が必要な環境ですよね。まず過去2社でどの様なことをゼロから作ってきたのか教えてください。

はい。

まず新卒で入社した会社はバスケ用品専門のメーカーになります。主にスポーツ用品店に自社製品を置いてもらえるよう営業をしていました。私は新卒1年目から秋田や長野を拠点にしたプロバスケットボールチームを担当として持たせてもらえて、ユニフォームを作ったり、物販を企画からやらせて頂きました。新卒1年目の新入社員がプロスポーツチームを担当できるのは普通では考えられないことでした。そもそも支払規定など企業間取引における基本的なことすら分かっていない状態だったので、販促、イベント企画、製品企画など様々なことを学びながら走る、という状況でした。今振り返ると、よくやったなと思いますが、多くの学びを与えてくれた環境を用意してもらえたことは感謝しかないです。何より非常にチャレンジングな環境で、結果を求めて続けられたのは、自分たちが作ったグッズを持って、試合を楽しんでいるお客さんたちの姿を見られたことが一番の理由です。目の前のクライアントだけではなく、その先のエンドユーザーへの価値提供まで考えることの重要性を学びました。


ー エンドユーザーをしっかり考えられるかで、施策の質は変わってきますよね。1年目でプロスポーツチームの担当はすごいことですが、社員への期待と信頼があるからこそ任されれたのでしょうね。そこで結果を残しているので素晴らしいです! それから2社目でWeb系への転職でしたね?

2社目はWebマーケティングのイノーバに転職しました。

そもそもWeb業界への転職のきっかけは、以前健さん(弊社セールス・デベロップメントグループの佐藤)がインタビューに答えていたのと同じなのですが(佐藤のインタビューはこちら)、私の業界もITとは無縁の世界だったことが始まりです。クライアントからの注文はFAX、スキャンしてPDFデータ保存しつつ、手打ちで注文を入力、業務効率という概念もない様な業界でした。事実残業も多く無駄な作業も多々あったため、自ら社内情シスへ「どうにかなりませんか!」と直訴しに行っていました。すると、意外とどうにかなりました(笑)

 機械がすべきこと、人間が注力すべきこと、しっかり精査すれば生産性が上がることが分かりました。そしてその経験で生まれたのは将来への不安でした。入社3年、このままITとかけ離れた業界に残ることが、自分にとって良いことなのか、他の選択肢があるのではないか、考える様になりました。そして自分なりにリサーチをし、これから伸びると確信したSaaSであること、内勤営業をやっていた自分だからこそ面白さを理解できたインサイドセールスであること、この2点が明確な転職の軸となりました。


ー 私も新卒で入社した会社はITとかけ離れた業界だったので、そのきっかけは分かります。SaaSそしてインサイドセールスという1つの軸が明確になったのは良いですね。イノーバでは実際インサイドの「0→1」をされたんですよね?

はい、その通りです。

ここでのインサイドセールスの主なミッションは、SQL(Sales Qualified Lead)の創出です。Webから獲得したリードや、展示会で獲得したリードに対して、電話やメールでアプローチし、一定の条件に達したリードをフィールドセールスにトスアップします。条件に満たない場合は、定期的に接触を図り、ナーチャリングも行いました。

私が入社した当時は、イノーバは立ち上げ5年目で組織・事業フェーズとしてはまだまだ「立ち上げ期」でした。私とリーダー的な存在の先輩の2人体制でこのインサイドセールスチームの立ち上げを推し進めました。最大9人体制にまで拡大することができ、自社だけではなく他社のインサイドセールスを受託しインサイドセールス体制の設計なども行っていました。


ー 初めての転職でインサイドセールスの立ち上げとは、これもまたすごい環境でしたね。機会を与えられても結果を残せない場合もあると思うので、実際に結果を残してその先を見ているので素晴らしいですね。

いえいえ、有難うございます。

インサイドセールス部門の立ち上げはとても責任も重く、0→1の苦しみを味わいました。ピープルマネージメントも含まれるので尚更ですね。

やりがいも感じてはいたのですが、やはりマーケあってのインサイドですし、インサイドあってのフィールドなので、全体が見れないと意味がないと感じていました。しかし実際はマーケ、インサイド、フィールドと縦割りになってしまい、インサイド内だけでKPIを回すようになっていき、少し息苦しさを感じ始めてしまいました。「全体最適を考えられるようになりたい」と強く思うようになり、次のフィールド(転職)を意識し始めました。ちょうど3年経過した頃です。



ー なるほど。最近インサイドやフィールドにいる方で縦割り、クローズドな環境に違和感を持つ方と人事面談でよくお話を伺います。そしていよいよWACULへの転職ですね。

はい!(笑)

当時はマーケティングからセールスまで全体最適を図りたいという思いがあったので、それが可能な環境を探していました。あとは細かいですが、自社プロダクトを提供していること、マーケ施策を積極的に行っていることなども転職の軸としてありました。

WACULは1次面接で松尾さん(マーケティングプラングループ部長松尾。松尾に関するインタビューはこちら)と話す機会があり、そこでビジネスサイド全体の組織体制の話を聞きました。まさに自分がやりたいと思っていたことそのものでした。マーケからセールスへの連携、そしてそれを可能にする体制づくりなど、短期間ですでにカタチにしていた松尾さんの話を聞き、自分が学ぶべきことが多々あると思えました。さらにミッション・ビジョンも至極共感していましたし、行動指針の「システム志向」は正にハマりました。実は他社さん数社選考を受けていて、他Webマーケの大手企業から内定をいただきましたが、松尾さんとの1次面接で8割は心決めてしまっていました。

他社さんは私のインサイド立ち上げ経験を評価して下さり、インサイドとしてのオファーでしたが、WACULはマーケからインサイド、セールスへの連携を考えながらの立ち上げフェーズで、私のこれまでの「0→1」を評価してくださってのオファーだったのが嬉しかったです。


ー WACULでも「0→1」やれていますか?

勿論です!

入社前から情報を連携して頂き、イベントの企画から参画させて頂いたり、入社後は共催セミナーも担当しています。共催セミナーは、共催先の企業様と集客ターゲットや、セミナーのコンテンツ作りなどゼロから携わっています。勿論、当日の運用やその後の参加者へのフォローなど、セミナーの始まりから終わりまで全てを担当しています。入社当初はマニュアルなどなかったため、自分で作成し運用を回しながら課題がどこにあるかなど検証を行なっています。今後は、新たなターゲットへリーチしてしくための企画もゼロから自分がリードしていきたいと考えています。


ー そうですよね、入社前から業務委託としてイベント企画やってましたよね!凄いです。

機会を与えて頂いたことは本当に有難いです!

自分の能力以上の知識・スキルを求められるのがWACULの特徴だと思います。それは決して不可能なことではなく、自分自身を少しストレッチすれば出来ることなので、常にストレッチすることを求められます。

WACULではシステム志向という行動指針に基づいて、エンジニアもビジネスサイドも全社で協力をし業務の効率化や簡素化を進めているので、とても良い環境だと思います。今後はこの環境に甘んじずしっかり自分自身の課題と向き合い施策角度を上げて行きたいと思っています。

マーケはまだまだ伸びしろ、可能性を秘めているので、一緒に0→1をやってくださる方にジョインして頂きたいです。

株式会社WACULでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう