This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【社員インタビュー】Webマニアが語るWACULの魅力(コンサルタント中尾さん)


こんにちは。採用広報チームの安藤です。
「テクノロジーで、ビジネスの相棒を一人ひとりに」をビジョンに掲げるWACULで働くメンバーの等身大の姿を、社員インタビューとしてご紹介していきます!第4回目は、コンサルタントの中でも最年少ながら顧客の信頼はピカイチの中尾さんです。信頼を得ている秘訣とモチベーションを取材してきました。

大手内定先を蹴って、WACULに入社した経緯とは?


クライアントともっと向き合いたかった前職時代

―WACULの入社前は、何をしていましたか?

インターネット広告代理店でアカウントプランナーをしていました。主に人材業界を担当して、クライアントのWeb集客のお手伝いをしてました。

企画営業兼コンサルという役割で、クライアントにも恵まれ業績も順調でした。1年で昇格し、4人のメンバーをまとめるチームリーダーになりました。そのタイミングから、業務がマネジメント中心になり、少し現場から離れていきました。現場が楽しかったこともあり、もっと現場でクライアントとしっかり向き合いたいと思ったことがWACULに入社したきっかけでもあります。

理想の環境を探していました

―1年でチームリーダーだと、期待も大きかったのでは?

前職では、Web集客の仕事がメインで、実際にWebサイトに訪れた人の行動に関しては深掘りはしていませんでした。「集客したユーザがどんな行動をするのか?」などのサイト内でのユーザについては、自分のスキル不足も認識していました。もっと詳しく知りたいという気持ちが強くなっていたタイミングでした。

そんな中、人材領域の複数のクライアントから、「AIアナリスト」というキーワードをよく耳にするようになっていました。転職活動を始めており、複数の企業(記事では名前は出しませんが、有名どころばかり)からも内定をもらっていたのですが、正直魅力を感じませんでした。やはり、スタートアップの「裁量権の大きさと、やりたいことに対しての自由度」に惹かれていました。

転職のエージェントを利用していたのですが、どのエージェントに聞いても、興味をもった「AIアナリスト」「WACUL」という企業に関しては、募集も情報もありませんでした。Webでリサーチしていると、WantedlyでWACULの記事をみつけて、こここそが自分の理想の環境だと感じ、WACULに入社しました。



「集客」「サイト内改善」を突き詰めた結果

―入社してからの仕事は、実際にはどうでしたか?

最初3ヶ月は前職の経験を活かして、リードチームで自社の広告運用していましたが、その後に当初希望していたコンサルティングチームへ異動をさせてもらいました。コンサルティングチームでは、クライアントにAIアナリストの活用をしながら、そのほかにもWebマーケティング全般のサポートを提供しています。サイト内改善や集客のアドバイス、その他Web全般についての相談にのっています。

コンサルティングチームでは、これまでAIアナリストのサービスを通じて蓄積してきた具体的な改善施策やクリエイティブ提案などの勝ちパターンが確立していたので、すんなりと溶け込めました。コンサルタントとしては、ゼロから作り上げるのではなく、組織として土台のスキルセットがあるというのは非常に大きいと思います。平山さん(現CR部部長)直下だったので、とりあえず平山さんの真似をして、業務効率の良さと知見・知識のコピーをしていきました。独り立ちするまで2か月ぐらいでいけたと思います。

この頃、気づき始めたのは、前職で行っていた「集客」も、WACULでの「サイト内改善」も似ているなということです。どの様なユーザーに対して、どうコミュニケーションをとるか。それが広告なのか、サイトコンテンツなのかということは、「ユーザーが何を知りたいか」を突き詰めることで、最適化されていくと感じました。

顧客の信頼を勝ち取り続ける必勝法とは?

真摯に向き合うことで関係性構築

―顧客からの信頼感が高いと思いますが、コツはありますか?

「人がやらないことをやろう」というのは、意識しています。

普通の代理店だと、自分の立場が悪くなるような事は言わないと思います。私の場合は、良い事も悪い事も伝える様にしています。例えば、コンサルティングでも自分の施策が失敗し、改善施策の効果を検証した結果が悪くても、素直に必ずクライアントに伝えています。

もちろん最初は関係性が築きづらい方もいらっしゃいます。しかし、そういう方にも、失敗したときの改善案や対応方法を伝えたり、親身に相談にのりつつ、担当者の気持ちになることで関係性ができあがっていきます。関係性ができるにつれ、細かいことやWACULのサービス外のことでさえも相談してくれるようになります。そういった相談を受けたとき、あぁこのクライアントにも自分の努力が評価してもらえた、ビジネスを通じて強い信頼関係が築けたと感じます。もう最近ではTVCMの相談からおすすめのグルメまで、なんでも相談されちゃいます(笑)



新しい発見がモチベーションに

入社してから楽しいことは?

毎日新しい発見があることです。理由としては、2つです。

1つ目は、社内に蓄積してきた24,000サイト以上のWeb行動データ(Googleアナリティクスのデータ)から常に発見があることです。WACULがAIアナリストをリリースしてからの3年間で日本で最大級のWeb行動データを保有する会社になりました。今では、その行動データを活用し、分析することで常に新しい発見に出会えるようになっています。2つ目は社内に色んな人がいるので、自分が持っていない新しい考え方を教えてもらえることが多く、勉強させてもらう機会が用意されていることです。

1つ目のサイトデータに関しては、業態やアクセス別データを見てみると、今まで思っていたサイトデータとのギャップを見つける事ができます。それがまた、新たな知見や提案の幅を広げることになります。Web好きとしては、非常に楽しい環境です。月間38億人のデータを見られるので、あなたが今見ているサイトのあなたの行動データも私たちは持っているかもしれません。あ、もちろん個人を特定できる情報は消しているのでご安心ください(笑)

2つ目の学びの機会というのは、東大や京大出身の頭のいい人やビジネスの経験値が高い方が多いので、新しい考えかたや知識に出会えるチャンスがたくさんあることです。

例えば、「ロジカルシンキング」や「仮説思考」のトレーニングなどは、外資系戦略コンサルティングファームから来た竹本さん(取締役CFO)が行っている社内研修の”WACULOBIS”がなければ、学べなかったことです。


※WACULOBIS「資料」・・・週1回のペースで外部のビジネススクールでも講師をする竹本からレクチャー&ワークショップが開催されています。


ポテンシャルの塊

―中尾さんが感じるWACULの強みとは?

強みは、ビッグデータとシステム志向だと思います。

ビックデータというのは、2018年9月に24,000サイトを超えたWeb行動データのことです。WACULは日本で最も多くのサイトのWeb解析データを保有しているといっても過言ではないと思います。このビッグデータを活用して、主軸ソリューションであるAIアナリスト以外にも、今後のビジネスの拡大に向けて、とても大きな強みとなって、高い参入障壁を作ってくれると思います。

システム志向は、皆が「働かなくても仕事が回る」づくりを考えていることです。例えば、昔は何時間もかけて作っていた資料を、今ではテンプレート化しています。バイトの方と連携して少し話せば、充分な資料が気づいたらできています(笑)効率化は常に考えているので、本質の仕事に集中できる環境です。

―伸びしろは?

AIアナリストはポテンシャルが非常に高いと思っています。その中で、認知度としてはまだまだです。現在は、コンテンツマーケティングによるインバウンドのみの営業しかしていないですが、もったいないと思っています。「AIアナリスト」をもっと広げられるチャンスはあるはずです。



顧客の成果が自分の成績表

―やりがいは?

クライアントとの定例ミーティングでCV数(成果数)のグラフを振り返るのですが、その際にCV数が右肩上がりに伸びていると、達成感に満ち溢れます。自分の成績表みたいな感覚でいます。

自分が担当してから、顧客のCVが伸びていると、自身の「存在価値あった」と喜べます。逆に下がっていると、気が引き締まります。

また、自分の設定した時間軸や業務範囲で働ける自由度も、高いモチベーションにつながっています。自由は責任を伴います。けれど、会社は自分のことを信頼し、結果で評価してくれていると感じます。自分自身もその信頼に応えようとちょっと遅くまで残ってもう少し何かできないか考えてみようとか、今日は早く帰るようにしようとか、そういった風に自分の生活をコントロールしています。(WACULでは、11~15時をコアタイムとしたフレックス制度を導入しています)

―今後の目標、やりたいことはありますか?

AIアナリストをもっと有名にしたいです。AIアナリストというツールが持つポテンシャルに比べて、まだまだ認知度が低い気がします。もっとWebマーケティングに詳しくない人にこそどんどん活用していただき、Web業界だけでなくそれ以外でも知らない人がいないくらい有名にしたいです。

興味を持っている方へのメッセージ

―こんな人と働きたい、こんな人が活躍できるんではないか?というイメージはありますか?

Webが好きな人です。Webが好きな人は業務外でも、勝手に情報インプットをしているので、それを業務に活かせると思います。自分もまだまだ知らないことが沢山あるので、新しい知識を欲してます!

Webに詳しかったら、社内のメンバーの支えや、これまで蓄積されてきた知見をつかうことで、すぐ活躍できると思います。また、現在は営業だけども、Webに詳しかったり興味がある人いたら、最高の環境だと思います。そういう方と二人で営業しつつコンサルして、売上を立てていきたいです。


コンサル中も笑い声を多く、相談の連絡が多い中尾さんは、第三者からみても信頼の厚さを感じられます。自分が好きなWebに関して、楽しみながら働けている姿がいつも魅力的です。コンサルチームではありますが、新規獲得やAIアナリストへの認知にも力を入れている中尾さんのような働き方をしたい方は是非、一度オフィスに遊びに来てください!。WACULでは色々なバックグランドの人が働いていますので、楽しんで頂けると思います。


コンサルタント
AI×コンサルタントでビジネス課題を解決する!法人コンサルタント募集!
私たちは「テクノロジーでビジネスの相棒をひとりひとりに」をビジョンに掲げ、AI(人工知能)で企業のデジタルトランスフォーメーションを推進しています。 「人はクリエイティブな作業にフォーカスし、AIが得意なことはAIに任せる」。そうした”AIと人が共存できる世界”をつくることで、人はより創造力が発揮できるので、世界はもっとよくなると考えています。 私たちが現在提供している人工知能ソリューション「AIアナリスト」は、Googleアナリティクスのデータを元に、自動でわかりやすいデジタルマーケティングの改善案をお届けする便利なサービスです。課題発見から改善提案まで自動ででき、アクセス解析ツールと連携し、データを自動で分析します。 AIによるWebサイト改善ツールとして、29,000サイト以上に導入されています、広告出稿費上位100社の40%を含む大企業や、地方の小さな町工場など中小企業まで幅広いみなさまにご利用をいただいています。 「AIアナリスト」はアメリカ・スティービー賞2016にて、3つのカテゴリーにてゴールド・シルバー・ブロンズを受賞。また、多くの人にご利用いただきやすいサービスを目指して使いやすいデザインにこだわり、2017年にグッドデザイン賞を受賞しています。 ◆「AIアナリスト」サービスサイト https://wacul-ai.com ◆自社オウンドメディア「AIアナリストブログ」 https://wacul-ai.com/blog/(人工知能)で企業のデジタルトランスフォーメーションを推進しています。
株式会社WACUL
ビジネスオープンポジション
ビジネスオープンポジション/経営陣のもと、会社も自分も一気に成長したい方!
私たちは「テクノロジーでビジネスの相棒をひとりひとりに」をビジョンに掲げ、AI(人工知能)で企業のデジタルトランスフォーメーションを推進しています。 「人はクリエイティブな作業にフォーカスし、AIが得意なことはAIに任せる」。そうした”AIと人が共存できる世界”をつくることで、人はより創造力が発揮できるので、世界はもっとよくなると考えています。 私たちが現在提供している人工知能ソリューション「AIアナリスト」は、Googleアナリティクスのデータを元に、自動でわかりやすいデジタルマーケティングの改善案をお届けする便利なサービスです。課題発見から改善提案まで自動ででき、アクセス解析ツールと連携し、データを自動で分析します。 AIによるWebサイト改善ツールとして、29,000サイト以上に導入されています、広告出稿費上位100社の40%を含む大企業や、地方の小さな町工場など中小企業まで幅広いみなさまにご利用をいただいています。 「AIアナリスト」はアメリカ・スティービー賞2016にて、3つのカテゴリーにてゴールド・シルバー・ブロンズを受賞。また、多くの人にご利用いただきやすいサービスを目指して使いやすいデザインにこだわり、2017年にグッドデザイン賞を受賞しています。 ◆「AIアナリスト」サービスサイト https://wacul-ai.com ◆自社オウンドメディア「AIアナリストブログ」 https://wacul-ai.com/blog/(人工知能)で企業のデジタルトランスフォーメーションを推進しています。
株式会社WACUL
株式会社WACULでは一緒に働く仲間を募集しています
21 いいね!
21 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう