1
/
5

あなたの知らないヴィレヴァンの世界 その②

こんにちは!


前回に引き続きヴィレヴァンECの業務についてご紹介させて頂きます!

今回は、営業の業務が「バイヤー業務」「企画業務」に分かれる中、

企画業務についてご説明致します!



全体像はこんな感じです。

「特集の作成」「告知」「販売」に関してはバイヤー業務とほとんど同じですが

それ以外のプロセスは全く違います。


それでは順に追って説明致します。

①声かけ

ヴィレッジヴァンガードでは多種多様、365度どんな方ともコラボレーションの機会があります。

例えばYouTuberしかり、アイドル、声優、バンドなどのアーティスト、クリエイター様や

アニメ、ゲームとのコラボ、はたまた企業や地元の飲食店まで。

その取り組みのきっかけは様々ですが、基本的には「声かけ」と呼ばれる企画提案営業を行います。

コラボ先へヴィレヴァンが提供するソリューション(必ずしも商品だけではない)を通じて

どのような付加価値を提案できるのかが問われます。

営業にとってまず企画力と熱意が試される場となります。


【求められるスキル】

ヴィレヴァンのユーザーが次に欲しいもの、欲しいと思ってもらえるものを

生み出していくことを探す作業になりますので、そのニーズを掴む感性、マーケティングスキルが必要。

また、受動的に動いていた場合、仕事が0で何も生まれない業務となるので

自発的な行動できる能力が必要となります。

②商品企画

声かけに反応いただいた方に対し、具体的にどういった展開で商品を作っていくのか、

また、どういったスケジュールで商品を生産し、告知、販売を行っていくのかを

先方と営業で具体的に詰めていきます。

商品を作るだけは正直誰でもできるのですが、

いかに相手やそのファンの方々に寄り添った提案ができるか、が腕の見せ所です。


【求められるスキル】

時として企業、時として個人クリエイターとのやりとりとなりますので

一般的なコミュニケーションスキルだけでなく、クリエイターと同じ目線で

話ができるコミュニケーション力も必要になってきます。

③デザイン

④製造

デザイン自体は社内デザイナーが基本的に対応するのですが、

何をデザインするのかの具体的指示出しとディレクションは営業が行なっていく形となります。

コラボ先と綿密にコミュニケーションをとりながら、いかに理想的なものを

可能な限り保ちつつ、実現させるのかが大事になってきます。

同時に何を作るのかが決まったら社内の生産管理に依頼し、

商品のディテールや価格、スケジュールなどの詳細を詰めていきます。


【求められるスキル】

関係各所との細かい調整業務が必要。調整力が大事です。

また、理想と現実を行ったりきたりして、着地点を明確に定め

スケジュール通り進行させる実行力も大事です。


その後のプロセスはバイヤー業務と同様で、告知、販売を行なっていく形となります。

以下に実際に実現したコラボ商品の一例(ほんの一部)をご紹介します。


・YouTuber様とのコラボ
https://vvstore.jp/feature/detail/15756/

・企業様とのコラボ
https://vvstore.jp/feature/detail/16243/

・イラストレーター様とのコラボ
https://vvstore.jp/feature/detail/11965/

・キャラクターとのコラボ
https://vvstore.jp/feature/detail/14696/

いかがでしたでしょうか。

かなりざっくりした内容となりますが、

記事を見てもっと詳しく聞いてみたい!という方は

是非エントリーお願いします!

株式会社ヴィレッジヴァンガードコーポレーションでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう