1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

インターンである僕が社員顔負けのアウトプットを出せたたった一つの意識

\こちらの記事は音声でも楽しむことができます/

初めまして!Voicyインターン生の ”なお” こと谷口 直です。

普段は大学で生物学を専攻し、タケ・ササ類の生態について研究を行っているのですが、

・自分の視野を広げたい
・社会に出る前にどんな職種が自分に合っていそうか知りたい
・何より音声という未開拓の領域で少しでも価値を生み出して自分を成長させたい

と思い、Voicyでインターンを始めました!



現在は、社内のチームを横断的にサポートしたり、オウンドメディア「Voicy Journal」の記事執筆をしたりと、分野問わず様々な業務に携わっています。

↓実際に執筆した記事

インターンを始めてから4ヶ月ほどが経つのですが、実は先日、VoicyMind(バリュー)を体現して社員さんに褒められた嬉しい出来事があったんです!

VoicyMindとは

Voicyには社員のみなさんが暗唱できるほど大切にしている4つのバリューがあります。

・Make Value(価値を生もう)
・Give First(ギブから始めよう)
・Be Professional(プロフェッショナルであろう)
・Toward the Goal(同じゴールに向かおう)

どれも素敵な価値観ですよね!
実際に入社して感じたのですが、Voicyの社員さんは本当に全員がこれらのバリューを体現しています。贔屓目なしでです!

VoicyMindに惹かれてVoicyへの入社を決めたと言っても過言ではない僕は、インターンを始めてからどうしたら自分もこれらのバリューを体現できるのかずっと考えていました。

そんな中、社員さんからのある依頼をきっかけに、VoicyMindを体現できるチャンスが訪れたんです!

とりあえずやろう。話はそれからだ。

ある日、Slackをチェックしていたらこんな依頼が。

G ・ A ・ S ?

ヤバイ。GASってナニ?初めて聞いた単語だ。全然分からない。

調べたところ、Google Apps Scriptの略称であり、Googleのツールを拡張したり連携するのに必要なプログラミング言語とのこと。

プログラミングに関しては卒業研究でデータ解析を行うため、Pythonをある程度学んでいたのですが、他の言語はほとんど触ったことがなく完全なる初めまして状態。

最初は、「聞いたこともやったこともないし厳しいかな...」と思いました。

でも、インターンを始めた目的に立ち返り

「自分を成長させるためにここに来たんだよなぁ」
「ここですぐにできません、って言ったら何も成長しないな」
「まずは調べて、今まで学んだPythonの知識を生かしてどうにか対応できないかな?」
やったことないけど、とりあえずやってみよう!話はそれからだ!!

と思い直し、とりあえず対応してみることに。

どのくらい時間かかるかな…と恐る恐るコードを覗いて見ると、Googleスプレッドシートで動作させるための細かい文法はGAS特有なものが多いものの、大部分はPythonに似た構文であると気が付き「これだったら少し調べれば出来そうだな!」と確信。

地道にコードを修正していき…

1時間半ほどでコードを書き終えることができました。

その結果セルのステータスを変更すると、変更時のタイムスタンプが表示されるように!

無事、想定していた動作の実現に成功しました!
他で勉強したことが思わぬところで役に立つとはよく言ったものですが、初めてその感覚を味わうことができましたね。とりあえずやってみよう作戦大成功です!

普段からアウトプットに妥協しない社員さんの姿を見ているからこそ、同じようにとりあえず行動に移すということを実践することができ、しっかりとアウトプットまで持っていくことが出来ました。

出来は130点!プラス30点のワケは...

さて、機能は実装できました。自身の達成感もある。
でも果たしてこれが価値あるものだったのか、MakeValueできていたのか...。
実際にこの機能を使ってくれたえのちゃんさんに聞いてみたい!ということで、実装後にインタビューしてみました。

(なお)なぜ僕に依頼をしてくれたのでしょうか?
(えのちゃん)なお君が大学でデータ解析をやっていてPythonが使えるって噂を聞いていたのと、VoicyにきてからSQLを勉強していることを知っていたので、もしかしたらGASも使えるんじゃないかなと思って依頼してみました!
(なお)自分がPythonとSQLを学んでいること覚えてて下さったんですね!
一番最初のチームメンバーとの顔合わせランチで自分の研究内容について話しておいてよかったです。当時は、タケ・ササ類の生態についての研究・・・?みたいな感じでしたけど。笑

肝心のアウトプットの出来はどうだったでしょうか?
(えのちゃん)指定した機能通りに動いてくれたのでバッチリでした。成果物だけを見たら100点です。
でも、今回の対応全てをひっくるめると130点あげてもいいと思います!
(なお)130点?! 追加の30点はなんでしょうか?
(えのちゃん)3つの取り組む姿勢です。まず一つ目は、とりあえずやってみようで対応してくれたこと。実際に結果を出してくれたので最高です。二つ目は、すぐに進捗状況を報告してくれたこと。そして最後にコードを書いて作っただけじゃなくて、誰でも扱えるように詳しい手順とやり方を示してくれたこと。もしコードだけ書いて「はい!出来ました!」だけだったら他の要素を追加したいときに毎回なお君に頼まないといけなくなって手間が増えるし、余分な時間も取られてしまうので、自分からアウトプットに付随して誰でも再現できるような説明を加えてくれたのは非常に助かりました。各項目追加10点で合計130点です!

えのちゃんさんありがとうございました!

いやー、実際に褒めてもらえると嬉しいですね。しっかりMakeValueできていたようでよかったです!追加の30点は予想外でした。笑

今回の一件で「とりあえずやってみる」ことがいかに大切なのか実感することが出来ました!

様々な業務に対応する上でその都度必要な知識を学習していく必要があるので、業務をこなしながら自身の成長を感じることができ、充実したVoicyインターンライフを過ごせています。笑
こんなにのびのびと仕事をさせていただけている環境に改めて感謝です。

今後もVoicyMindを体現できるよう努力しつつ、音声でワクワクする未来を作っていく事に少しでも貢献できるように取り組んでいきたいと思います!

Voicyに興味を持ってくださった方、ぜひぜひ話を聞きたいボタン、またはVoicyの採用サイトからご応募お待ちしております!

株式会社Voicyでは一緒に働く仲間を募集しています
22 いいね!
22 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング