1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【ビザスクCTOの花村に突撃インタビュー #1】

端羽(ビザスクCEO):
ビザスクのCTOってどんな人?と聞かれることが続いたので、CTOの花村に突撃インタビュー!を企画してみました。よろしくお願いします。

花村(ビザスクCTO):
今更。。なんか変な感じがしますね。

端羽:
早速ながら、なんでエンジニアになったのとか、ビザスク前はどんなことやってたのとか、ビザスクで何をやっているのとか、簡単な自己紹介をお願いします。

花村:
こんな面白いものがあるんだ!ってインターネットと出会ったのが高校卒業後の2000年で、当時行きたかった美大を諦めてプログラミングのできる大学に入りました。大学では位相幾何学の研究室で、「4次元空間を体感するソフトウェア」の開発をやってました。このテーマで未踏ユース事業にも採択され、お金をもらいながら進捗管理をされながら、ほぼ仕事のように開発をしていた覚えがあります。その後博士課程まで進みましたが、徐々に社会との断絶を感じ初め、ちょっと外の世界をみたくなったこともあり、大学の先輩の紹介で日本技芸という会社でインターンをさせてもらうようになりました。そこでWebの受託開発現場で色々経験させてもらい、大学にいるより学べる量が多いのではないかと思ったタイミングで大学院を中退、そのまま日本技芸にエンジニアとして入社しました。

その後いくつかの案件を担当したあと、自社サービスrakumoというプロジェクトを任せてもらえることになりました。最初は一人しかいないチームでしたが、徐々にメンバーも増え、ディレクターやデザイナ、エンジニア、営業含め20名位のチームになりました。自分ももう一段階成長しなければと感じていて、社外の人やプロジェクトにも積極的に参加するようにしていました。その中で友人の紹介で会ったのが端羽さんでした。


端羽:
なんで次のチャレンジでビザスクを選ばずGREEに行っちゃったんですか?

花村:
いやいや。。当時ポロポロと一緒にやらないかというお話もいただくようになってきて。ただ自分は、就活もせず叩き上げで我流のスキルがたまっている気がしていたのものあり、一度大きな会社で、「正しい」開発フローというものを見てみたいなと思っていました。GREEはすごいエンジニアが沢山いて、エンジニアが主体となって会社を動かしている感じが面白かったです。あの場所でグロースハックチームに参加させてもらえたのは、サービスを作る上で、かなり勉強になりました。

端羽:
ちなみに私は、GREEに行くのは国内留学のようなもんで、きっとビザスクの将来のために良いことだと自分に言い聞かせて、涙を流して見送りつつ一年半しつこく口説き続け、ビザスクに参画してくれたんですよね!


花村:
まあ、正直最初にあったときの印象はすごい勢いのある人で面白そうだなと、でも開発の部分は本当に全然だったので(笑)、「この人のお手伝いするのは面白そうだなー」位の印象でした。最終的にジョインを決めたのは、端羽さんの勢いもありますが、やっぱ端羽さん自身がすごい勢いで学んでいたことと、あとはビザスクのやろうとしている事の価値ですかね。この知見のデータベースって作れたら本当にすごいなと。まだ誰もやってないことをやるというのが面白いなと思っていました。


端羽:
で、実際どうですかね?

花村:
サービス開発は本当に面白いです。ただビザスクって、初めから今までずっとディレクターがいないんですよね。社長がプロデューサー出身だったり、webサービスの立ち上げ経験があったりすると、ディレクターがいなくても社長がディレクションをできたりというケースのあるんですが、そういうわけでもなくて。

最初の私と逢沢さん(もう一人のエンジニア)と端羽さんしかいなかったころなんて、「◯◯会社さんとのアポがもらえたんだけど、こんな提案持っていったら面白いかなー」とかまで相談される訳ですよ。正直、いや知らんしみたいな(笑) まぁそもそもエンジニアはもっとビジネスを知るべきで、私の勉強が足りてなかったのもありますが。ビザスクはいってみたら、コードを書くよりも社長と一緒に必死に事業化を考える時間が予想以上に多かったですね。

結局いまだにディレクターさんはいないので、良い面で言えば、今でも開発チームとBizdevチームの垣根がすごい低くて、情報共有が足りないとかの不満は少ないのかなと。

端羽:
悪い面があるの?


花村:
ビザスクの特徴として、エンジニアが施策を考えるところから主体的に関わって、企画/実装/検証をそれぞれの個人が回してるんですが、効率がけっして良いわけではないなと。そりゃ一日中コード書いてる方が断然はやい。でもうちの場合は、企画を考えたり仮設立てて数値検証したりみたいな時間が結構はいってくるので、そういう意味で効率はわるいなと思います。知ってます(笑)


端羽:
なるほど。。じゃあディレクターって欲しいですか?

花村:
そういわれると難しいところなんですが(笑)。今の開発チームは、その当初の自分たちのやりかたをカルチャーとして、エンジニアが事業へのインパクトをめちゃめちゃ考えます。施策も自分たちが主体的に考えるし、もちろん自分で実装した上で、数字も自分で検証する。なぜこれをやるのかわからないけど作らなきゃみたいなのは絶対嫌だったので、各メンバーが自分で腹落ちした施策をやる。これは結果的に成果が見やすくてよいなと思ってます。数字が伸びたらその人の成果だし、伸びなければ多分まだ頑張れる、みたいな。責任が大きい分、裁量はかなりあると思います。

今後ディレクターを採らないかというとそういうわけではないですが、エンジニアが主体的に施策を考えて事業にコミットする、というカルチャーは今後も絶対に残していきたいと思っています。


端羽:
私も引き続き最速で勉強して考えていきたいと思います。CTOとして何かお願いはありますか?

花村:
エンジニアはビザスクの宝だと思ってますが、「話しかけてエンジニアのリソースを使っちゃいけない」、「いい椅子に座らせてとにかく書かせろ」みたいな文化でもビザスクはないなと思っています。もちろん話しかけちゃいけない時ってのはあるんですが。ビザスクのメンバーはサービス作りがしたいメンバーが集まっていて、いつも「アイデア」を欲しています。できれば「〇〇がしたいけど面倒くさいんだよねー」みたいな相談でもなんでも気軽にもってきてくれたら、意外とそういうところから改善のヒント見つかったりするなと思っています。そういう相談から生まれた改善がビザスクを伸ばしててきた経緯もあるし、そこで培ったビジネスチームとの信頼感みたいなものは今後も大事にしていきたいなと思ってます。

ただ端羽さんは話しかける回数が多すぎるので、ちょっと自重してください。

<次回予告>
【ビザスクCTOに突撃インタビュー #2】エンジニアから見たビザスクというサービスの面白さ
【ビザスクCTOに突撃インタビュー #3】そして、これからのビザスク開発チーム



WEBエンジニアを募集中です!ビザスクのビジョン・カルチャーに共感してくれる方お待ちしています!

Webエンジニア
プロフェッショナルの知見をつなぐ、日本初のデータベースを創る。
株式会社ビザスクは「知見と、挑戦をつなぐ」をミッションに、世界中のイノベーションを支えるナレッジプラットフォームを運営しています。 求める知見を持つアドバイザーから直接話が聞ける1時間からのスポットコンサルサービスを主軸に、 企業の課題を解決するナレッジプラットフォームとして大手企業の新規事業開発や、ベンチャー企業の市場調査と様々な場面で利用されております。 既に国内外で10万人以上のアドバイザーが登録していますが、これをさらに20万人、100万人と成長させ、グローバル展開も積極的に進めていきます。 ■ サービス活用事例紹介 https://case.visasq.com ■ サービス ビザスクInterview(フルサポート形式):https://visasq.co.jp/service/interview ビザスクlite(セルフマッチング形式):https://service.visasq.com/ ビザスクexpert survey (BtoB領域のアンケート調査):https://visasq.co.jp/service/expert_survey ビザスクProject (新規事業創出支援) :https://visasq.co.jp/service/project ビザスクweb展示会 (技術ニーズの探索):https://visasq.co.jp/service/web_exhibition ■ 最新ニュース https://visasq.co.jp/news 《注目記事》 ・「VISASQ SINGAPORE PTE.LTD.」設立のお知らせ https://visasq.co.jp/archives/9176 ・東京証券取引所マザーズへの上場に関するお知らせ https://visasq.co.jp/archives/8939 ・「働きたいのに働けないのは変」が原動力 https://www.businessinsider.jp/post-209178 ・ビザスク上場の舞台裏 https://www.fastgrow.jp/articles/visasq-hashiba-hanamura ■ 会社説明資料 https://speakerdeck.com/eikohashiba/bizasuku-hui-she-shuo-ming-zi-liao
株式会社ビザスク

▼エンジニアインターンも募集中です!是非一緒に開発最前線でチャレンジしましょう!
https://www.wantedly.com/projects/97914

▼ディレクターとして一緒にどこにもない知見データベースを創っていきたい方募集中です!
https://www.wantedly.com/projects/35778

株式会社ビザスクでは一緒に働く仲間を募集しています
22 いいね!
22 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング