This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

もっと知りたいViibar!〜スタジオ篇〜

みなさまこんにちは!Viibar広報の西塔です。

さて、本日は・・・

緑あふるる目黒川から、中継でお送りしています。


蒸し暑い真夏の日中、どうして私はここに立っているのでしょうか

それは、春にオープンしたViibar第二のオフィス「目黒川スタジオ」を取材するため!

リポーターの雰囲気を出すためにマイクも作りました。熱い、熱いぞ。

それではスタジオに向かってみましょう!詳しい場所はこちら

・・・

早速、Viibarのロゴを発見。


看板付近には入り口があるのかと思いきや、そこには下りの階段が!

ここを・・・降りるのでしょうか?


・・・

階段を降りた先には、真っ黒なドア。
まるで秘密基地かのような空気にドキドキしてきました。

いざ、開けてみましょう。

ガチャリ

おぉ!?


ドアを開けて一番に目に入ったのは、大きな壁画!

カラフルなイラストの真ん中には、動画メディア「bouncy」のロゴが!

と、ここで。本日の写真撮影を担当していただいている、bouncyのディレクター・鈴木さんです。(右)

西塔「スタジオに勤務する鈴木さん、壁画のポイントを教えてください。」

鈴木「1ヶ月ほどかけて作ったんですが、自分たちで壁を削るところから始めたんですよ。イラストはメンバーが考えたもので、bouncyの名シーンが描かれているんです。どの動画のシーンかわかります?」

西塔「もちろんわかりま・・・あっ!」

イラストの中に、bouncy編集長のいちるさんを発見。スタジオではご本人にも会えるのでしょうか?


存分に壁画を堪能したので、スタジオの中を見回してみましょう。

アメリカの倉庫のような空間に、立ち並ぶ社員のデスク!
bouncyチームや、動画メディア事業の編集チームが揃っています(編集長いちるさんもいらっしゃいますね!)


応接スペースの奥に見える、あの白いものは・・・ハンモック?


と、それに揺られているbouncy編集部・野田さんを発見。


野田「このスタジオは、初めは何もない倉庫のような状態だったんです。管理部やメディア事業のメンバーが協力し合って、家具や設備を揃えたんですよ。」

西塔「このハンモックも自分たちで取り付けたんですか?」

野田「代表上坂のオススメです。社員のQOL向上のためだと思っています!」


その奥には、壁画のイラストをプリントしたTシャツが飾ってありました。

野田「bouncyの取材時に着ると、何これーと聞かれたりして評判がいいんですよ。」

野田さん、作業中にありがとうございました!


さて、さらに奥に進んでみましょう。

キッチン部屋の前には、Viibarマークの暖簾も!
メンバーがゼロからつくったオフィスだからこそ、オリジナリティに溢れている様子が伺えます。

真剣な面持ちで動画を編集するメンバーの後ろを通り抜けると、

明るい光が見えてきた・・・

ここが噂の、撮影スタジオスペース!

いかにもな雰囲気が漂っています。

DIY動画メディア「LYKKE」のディレクター・跡地さんが撮影準備をしていました。


西塔「上についているあの物体はなんですか?」

跡地「あそこにカメラをつけると、真上から撮影できるんです。他にも、CG編集ができる設備などを揃えてるんですよ。」


西塔「おお・・・いろんな種類の壁が、壁にくっついている!壁on壁!!」

跡地「このスペースでキッチンやお風呂場の様子を表現できるんです。スタジオ内で完結できる撮影もあって、とても便利なんですよ。」

ここも全てゼロから作り上げたスペースとのこと。
何もない状態から、必要な機材や物資を集めて撮影スタジオを作り上げる。自らDIYを実行するLYKKEチームの様子を窺えました。

棚に貼られたLYKKEのロゴも発見!

よしよし。

撮影スペースを見て、これで全貌をお伝えできたか?と思ったそのとき。

写真を撮ってくれているはずの鈴木さんの声が。

「西塔さーん」

なんと、二階がある!


階段を登ると、そこは・・・

カラフルな世界でした。

ミーティングスペースにとどまらず、bouncy生放送配信の会場にもなっているこの部屋。
動画で目にした方もいらっしゃるのでは?


スタジオ全体を見渡すことができるこの場所ものぞいてみました。
メンバーが和気藹々と仕事に励む様子が見える、良い眺めです。

こうして、目黒川スタジオのレポートは無事に終了。

数々の特徴をご紹介できたとともに、スタジオにいるメンバーにも会えて嬉しい西塔でした。

実際はどんな雰囲気なんだろう?
ここで具体的にどんな仕事をしているんだろう?

と興味がわいた方、ぜひ目黒川スタジオに遊びにいらしてくださいね!


▼Viibar本社オフィスの様子はこちらでご紹介中ですっ



<Viibarでは、一緒に動画を生み出す仲間を募集中!>

▼動画メディア/ディレクター

動画ディレクター
動画ディレクター募集!これまでにない価値を創造し新たな動画の世界を!
Viibar(ビーバー)は動画コンテンツに関わるビジネスを事業領域としています。 クライアントの課題解決のため、デジタル動画の企画から 制作サポート、広告配信までをワンストップで提供する『動画マーケティング事業』、NHK等の放送局・メディア企業・新聞社等のパートナーメディアの開発支援を行う『メディア開発事業』、クリエイティブ制作の業務効率化ツール「Vync(ビンク)」の機能開発と運用を行う『プロダクト事業』、これら4つの事業を柱に、変革が進む動画コンテンツの業界において日本におけるリーディングカンパニーとなるべく、日々研鑽を重ねています。 ■動画マーケティング事業 ・クライアントの課題解決のため、デジタル動画の企画から制作、広告配信までをワンストップで提供 ■メデイア開発事業 ・NHK等の放送局・メディア企業・新聞社などパートナーのメディア開発支援 ■プロダクト事業 ・コンテンツの制作工程、流通工程を革新するプロダクト「vync」の開発、提供(http://viibar.com/vync) □最新topic! ▽Viibar、日本テレビと資本業務提携契約を締結 掲載記事:日本経済新聞、CNET JAPAN、MarkeZine etc.. https://viibar.com/news/p181109 ▽Viibarと朝日放送グループのABCフロンティアHD、 DIY動画メディア「LYKKE(リッケ)」のサービス提供 掲載記事:日本経済新聞、TechCrunch、MarkeZine etc.. https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3254249003072018XY0000/ ▽広告・映像業界の働き方改革を推進、 業務効率化ツール「Vync(ビンク)」の提供開始 掲載記事:日本経済新聞、CNET Japan、MarkeZine https://japan.cnet.com/article/35119591/ ▽第71回広告電通賞 Webムービー部門にて最優秀賞受賞 https://adawards.dentsu.jp/prize/detail/8451 ▽2017年1月に日本経済新聞社と、2017年4月に電通と資本業務提携を実施
株式会社Viibar


それではアディオス、Viibar広報ブログでした!

※ Photo by Kai Suzuki(bouncy)

株式会社Viibarでは一緒に働く仲間を募集しています
13 いいね!
13 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる