Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

「自身も会社も、更に色んなことにチャレンジできるように…」エンジニアリーダー植木へインタビューしました!

こんにちは、VERVE広報担当です。

今回のフィードではリーダーエンジニアの植木へインタビューいたしました!
小学生の頃からプログラミング!?と驚きの経歴も明らかになり、今後のキャリアプランも明かしてくれました!

どうぞご覧ください~!

まず初めに趣味を教えてください。

色々あるんですけど、趣味の一つにバイクがあります。他の社員の方でも何人か乗ってたり持ってたりするので、年に数回みんなでツーリングに行っています。去年は年に2回ほど行きました。

バイク以外で集まることもありますよ!一部のメンバーにはなってしまうのですが、最近は釣りにも行き始めました。それをきっかけに僕は去年ぐらいから始めました。

そういう時には部署が違ったりもするので、結構仕事の話もしますよ。

どちらかと言えば飲み会よりも、趣味が合う社員同士で集まって好きなことをやっていますね。



IT業界に入ったきっかけはなんですか?

親が新しいものが好きで、小さい頃から家にPCがあるという環境だったので、それでPCのゲームとか、雑誌を買ってもらって、それを見ながら小学生の時に初めてプログラミングをやっていました。

その後もPCのゲームが好きでやっていましたし、知り合いにプログラマーがいたり、大学にも詳しい人がいたので。あとは大学も理系でしたので、IT業界興味はありました。


IT業界に飛び込んでみて、いかがでしたか?

自分に向いていたなという感じはしましたね。

当時、「IT業界はブラック」と言われていましたが、実際にブラックでしたね。(笑)入社して2~3か月ほど研修して、その後先輩についてどこかに配属されるじゃないですか。2か月目くらいに300時間ほど働いていました。1日12時間、25日間出勤して…そういうところで業界だなと思いました。(笑)残業代が出ていたのと、日曜日には休めていたので、まだ良かったなとは思います。


IT業界に入る前には何をされていたんですか?

大学卒業後にSESの会社に新卒の未経験から入らせていただいきました。SESなので、その会社では自社サービスというよりは他の会社さんに出向して、案件ごとに移動するという形でした。

それだとどうしても「作って終わり」が多かったんです。忙しい時期に新規開発などで人をばっと入れて、開発が終わったら、その後の運用などを見られなかったというので、「自社開発」をしているところに行きたいなと思い始めました。

丁度その頃にiphoneが発売されて、業務用システムよりもモバイル系をやってみたいというところで、転職を決意しました。

VERVEは媒体を通して知りました。大学から前職まで大阪に住んでいましたので、入社当時は大阪にあった支社へ「紹介予定派遣」として入社しました。


入社してから、印象は変わりましたか?

その前までは設計書を書く時間がすごい長かったんですよ。入社後にそのスピード感が違うなと思いました。設計書は簡易的にはなってしまうんですけど、開発のスピードが今までよりも数倍速い形でした。

あとは自由だなという印象はありました。

大手の会社さんだと、セキュリティ的に厳しく、外部のインターネットがつなげられないとか、何か一つ入れるにしても手間がかかっていたというところが、ある程度好きにできるようになりましたし、技術に関してもすぐチャレンジしやすい形でした。

業務だけでなく、会社全体的に自由でしたね。他のところのアプリに対して、意見を提出できる雰囲気だったので。

当時の年齢層で言えば、僕より少し若い方から少し上の年代までずらっといたのですが、そんな中でも意見を言い合えるような関係でした。

そこに関しては、今も変わっていないですね。当時に比べると今は人数がだいぶ減ってしまったので、変わってきてはいるのですが、他のプロジェクトの人でも助け合ったり、インフラ周りで相談できるというのはできているかと思います。




マネージャーになるまでの経緯を教えてください。

大阪で開発リーダーをやらせていただいて、東京のメンバーとやり取りしながら、開発していました。その後に大阪支社を閉めるということで東京に来たんですけども、会社の中核になるようなプロジェクトのリーダーを任されまして、そこから当時のCTOが引退ということで、引き継いでやっています。

マネージャーになってからは自分でプログラミングをするということはどんどん減っていって、一つのプロジェクトだけでなく、開発の全体を考えてなければいけないというところで、業務もがらりと変わりました。


マネージャーになられて大変だったことはありますか?

今一番難しいというのは、「人を集める」ことですね。プロジェクトの縮小もあったのでやむを得ない部分はあるんですけど、人がどんどん減っていくというところは困っている部分です。


VERVEにはどんなエンジニアが多いですか?

お客様(運営の方々)と触れ合う機会が多いので、ただ言われたサービスを作るだけではなく、提案できる力を持っている方が多いのかなと思います。もしくはお客様の予算に合わせて、折衷案を出せるエンジニアが多いのが特徴です。

長くやり取りしているプロジェクトもありますので、そういうお客様とは仲も深めながらやり取りして進めていくので、意見を出しやすい環境かと思います。



VERVEの開発環境の魅力って何ですか?

開発言語や新しい技術に関して言えば、良ければ積極的に取り入れていく方針なので、提案しやすい環境であるとは思います。

技術的なところは僕よりも実際に触ってみた方がより詳しいので、その中で新しい技術をみんなから教えてもらうこともあります。

会社全体で見ても上下関係なく、相談しやすい環境ではあると思います。


業務でやりがいを感じる瞬間はいつですか?

お客様から「御社にサービスを頼んでよかった」という感謝の言葉を頂いた時、お礼を言ってもらえた時ですかね。

あとはうちのサービスによってお客様の売上が上がって、次の機能をどうしようと考えていただけたときはやりがいを感じる瞬間です。


業務で工夫されていることはありますか?

エンジニアのオペレーションを極力減らす工夫、あとは業務で漏れがないよう、チャットワークやGithubを連携させてプロジェクトの流れを共通化する、自動化という部分は意識して行っています。



今後の目標を教えてください!

キャリアプランで言うと、「事業の一通りをやってみたい」です。自分自身で考えたサービスを、自分のチームで開発をして、そこで売上げをたてて大きくしていくというのは目標です。

会社としては、更に色んなことにチャレンジできる会社にしたいという気持ちがあります。今までBtoBのサービスが多かったので、ユーザー同士で盛り上がるCtoCのサービスを作っていきたいです。

個人的な目標は、田舎で暮らすことです。東京に来たときに、人が多いな…という印象で、当時から田舎で暮らすことは目標です。

先ほどバイクが好きと言いましたが、同じくらい車も好きなので、広い家にガレージをどんと構えて、田舎の道をゆっくり走りたいなと思います。

どこで働いてもいい環境を作っていきたいですね。その家で自分で考えた新しい事業のサテライトオフィスみたいことができれば理想ですね。


これから入社される方に向けてメッセージをどうぞ!

少人数でやっているので、インフラからフロントまでチャレンジできる環境ですので、チャレンジを楽しめる方が向いているかと思います。

特に今はリーダー志望の方を募集しているので、お客様との調整等に興味がある方、お待ちしております!

株式会社VERVEでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる