1
/
5

Wantedlyは、290万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【就活に迷うあなたへ】入社間近の「笑い上戸」が就活後~今までを振り返ってみた!

みなさん初めまして!株式会社SOU新卒第4期の鄧 尤佳(でん ゆうか)です!

本格的な就活シーズンに入りますが、就活生のみなさんはどのように過ごされているでしょうか?

去年のこの時期の私は、何から手をつければいいのか分からず、

気が付くと3月1日を迎えていました・・・


そんな私も、無事に4月からSOUで社会人です。

(入社する頃にはValuence Holdings(バリュエンスホールディングス)になっています)

現在はインターン生として、SOUで様々な業務のお手伝いをさせていただいています。


就活中のお話は多くの方から聞けるのではないかなと思うので、今回は、

就活を終えてから現在までの過ごし方や、感じたことをみなさんにお伝えしたいと思います!

(私の就活についての話は以前記事にして頂いたので、そちらも併せて読んでみてください♪

https://www.ai-sou.co.jp/soutimes/myvision/1059/


◎就活終了から現在まで

SOUから内定をいただいたのが4月末でした。そこから1か月半ほど就活を続け、6月中旬に就活の全てを終えました。

10月に入り、学生最後の夏休みを終え、本格的な卒業旅行シーズンに向けてアルバイトを増やそうと考えました。

そこで人事の大森さんにアルバイトができないか相談したところ、快諾してくださり、

10月中旬から週に2回インターンを始めました。


もともとリユース業界を志望していたわけではなく、

内定を承諾した時点でも実はあまり業務内容が想像できていなかったため、

実際に社員や業務を見てみたいという希望もありました。


お手伝いさせていただく内容は日によって変わりました。

1つではなくいろいろな事業部のお手伝いをさせていただいたので、業務内容のみでなく部署同士のつながりなども見ることができ、

一部ではありますが、会社がどのように動いているのか見ることができました。


社内の雰囲気に関しては、入社前とのギャップはあまり感じていません。

社員同士のコミュニケーションが綿密で、こまやかな声掛けが多い印象です。

(私もよく社員とお話しますが、ツボが浅いせいで笑いすぎて

「でんちゃんって笑い上戸だよね」ってすぐにばれました。)


もちろんベンチャー企業ならではの改善点もありますが、

週に3回行われる全体朝礼などに参加していても、みなさんが当事者意識をもって取り組んでいるなと感じます。


徐々に自分のやりたいことなども見えてきて、改めてSOUに入社を決めてよかったなと思っています。


無事に卒業旅行にも行くことができました!



◎内定者研修

私の同期となる20卒の新入社員は、全員で11名です。

入社前ですが、すでにとても仲が良く、入社が楽しみです。


そのきっかけになったのが、計3回行われた内定者研修です。


1回目の研修は8月末に行われました。

顔合わせと次回の内定者研修への準備といった内容でした。


2回目は9~10月にかけて行われ、

10月末に開催される社員総会での内定者紹介パフォーマンスに向けて準備を進めました。


話し合いを重ね、意見を出し合い、一丸となって一つのパフォーマンスをつくりました。

当日大成功をおさめられたときは、本当に感動しました!



3回目はつい最近、2月中旬に行われました。

ブランドについて調べてきたことを発表したり、査定の体験をしたりと、

4月からの私たちの仕事に直接関わる内容がたっぷり詰まった密度の濃い時間でした。


仲間たちはとにかくキャラが濃いです。(笑)

でもそれをお互いに認め合っている空気があって、

実際社員にもそういう方が多いのではないかなと思います。


いつか同期全員で一緒にディズニーに行くのが夢です!



◎採用イベントにも参加しました

2月某日、ジョブトライアウトという採用イベントに新卒社員枠で参加させていただきました。

たった1年前はみなさんと同じような立場だったのに、別の立場で参加してみると、感じることや思うことが全然違ったことに驚きました。


ここで少し厳しいことを言いますが、みなさんのその行動は、周囲に流されたものではありませんか?

意味や目的を自ら見出して行動していますか?


ジョブトライアウトは、グループワークを通じて、企業と出会ったり自らの能力を認識したりするイベントです。

そのため、グループワーク中は、全員が積極的に行動していました。


しかし、各社の人事との座談会になると、先ほどの元気はどこへいってしまったのか聞きたくなるほど、消極的になってしまっていました。

人事の人と話すのが怖いのかなと感じました。

私も1年前、同じように人事を怖く感じ、好かれようとしていたので、気持ちはとってもよくわかります。


でも、今回採用側に立ってみて、確実に気づいたことがあります。

人事は、最初から落とすつもりで学生を見ていません。

会社を好きになってくれて、カルチャーや雰囲気に合いそうな人を探しています。

人事を恐れる必要は全くありません!!


自分がどんな人間なのか、どうしたいから何をするのか、

判断軸を周囲でなく自分にして行動してください。

あなたの考えを人事にぶつけてください!


必ずマッチする会社が現れます。

どうせ就活で大変な思いをするなら、自分に合う会社と出会いたいですよね。

それまでは辛く長い道のりになってしまうかもしれませんが、

その分「この会社にしてよかった」と思える瞬間が来るはずです。



さて、いよいよ私の学生最後の1か月がやってきます。


この1か月でやりたいことは、とにかく会える人に会うということです。

実家が宮崎県にあり、長期ではなかなか帰れなくなるので、

3月は家族や友人と楽しい思い出をたくさん作り、

それをパワーに4月から改めて頑張っていきたいと思います。


みなさんはこの1か月、どのように過ごしますか?


バリュエンスホールディングス株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう