1
/
5

Wantedlyは、290万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

新卒1年目 コンシェルジュから人事にキャリアチェンジその想いと、目指すキャリアは。。。

今回フィーチャーするのは新卒1年目の佐伯さんです。

【プロフィール】
・氏名 佐伯 凌平(24才)
・大学 千葉大学 法政系学部 卒業
・SOUでのキャリア 「なんぼや」で買取実務を8ヶ月経験したのち、現在人事部で奮闘中
・趣味 ゴルフ(ベストスコアは92です)

佐伯さんはなぜ大手の道ではなく、リユースベンチャーのSOUを選んだのか。
そして入社1年目というタイミングで、人事に異動したことをどう捉えているのか伺いました。

人事部 期待の大型新人 佐伯さん。その心の内側に迫ってみました。

飽き性の僕が飽きずに働ける会社があるのか?

-- 就職活動ではなぜSOUを選ばれたのですか?

僕が新卒の時に、大切にしていた企業選びの軸は2つです。

・ベンチャーであること
・何をやるかより誰と働けるか?

ベンチャーを志望した理由は、スピード感や、変化を通じて大きく成長できると確信していたからです。
ぶっちゃけると、私かなり飽き性なのです。。。笑
ベンチャーなら色んなことを経験できて、飽きずに働くことが出来そうだなと思っていたのです。

-- SOUの求人はどうやって見つけたのですか?

かなり答え辛いのですが。。。苦笑
就活サイトを見ているときに、たまたま見つけただけです。
当時は、リユース業界に興味があったわけでも、意図的に探していたわけではありません。
他と違った企業理念に驚くと同時に、どんな人がいるのだろうか。と興味が湧きエントリーしました。

-- 他とは違った企業理念とは?

「好きに、しあがれ」です。
これを見た時は、一瞬思考が停止してしまいました。笑
企業を選ぶ時に、必ず企業理念を見ていたのですが
どの企業も、社会課題に対してどうしたい、どうありたい。を理念としているところが多かったのですが
SOUは圧倒的に異色を放っていて「好きに、しあがれ」でした。

社長に言われた一言に一目惚れし入社を決めた

-- 決め手は社長との面談だと伺いました。

はい。そうなんです。
最終的には、社長との面談が決め手だったのですが。。。
選考の中で、人事の方ともたくさんお話させて頂きました。
当時、面接をして頂いた大森さん(今では同じ部署で働いている先輩です。笑)から
SOUのビジネスモデルや、理念について伺ったら全て「自分ごと」のように
語られている姿を見て、本当に理念の浸透がされているのを感じることができました。

最終の社長面談のときに、私は社長に向かってこう言いました。
「僕は飽き性で、1つのことをやり続ける自信がありません。」
そうしたら社長はこう言ってくれました。

飽きたら辞めてもらっても構わない。
ただ、飽きない会社を作るのが私の仕事です。
飽きさせないよ。

ぶっちゃけかなりゾクゾクしました。
そして、僕はSOUに入ろう!と決意しました。

基本に忠実に、当たり前のことを当たり前にやる。

-- 入社後はどんな業務をしていたのですか?

まずは、「なんぼや」上野店でコンシェルジュとして配属されました。
私は、入社が決まってから海外事業部 ※1 に行くことを目標にしていたので
その実現のためにも、まずは店舗で圧倒的な実績と経験を積むことが必要だと考えていました。
※1 海外事業部:SOUが業者向けに開催するオークションに参加頂ける海外企業様を集客する部門です。


-- コンシェルジュの仕事はどうでしたか?

やりがいも多く、とても楽しかったです。
あるあるだとは思いますが、お客様から「ありがとう」と言われたときはとても嬉しかったですし
もっと頑張ろう!と思える瞬間でした。
ただ、僕自身ブランド品に興味があったわけでも、詳しくもなかったので、最初は覚えることも多く苦戦しました。

-- その中でも高い成約率だったと伺いましたがその秘訣は何ですか?

当時の上司からも言われていたこともあって、「接遇面」は非常に意識していました。
服装、髪型などの身なり、言葉遣い、お辞儀の仕方など、社会人として当たり前のところです。

ブランド品の知識や、営業スキルもとても大切だとは思います。
しかし、それらは業界数十年の先輩方には到底敵いません。
だからこそ、基本に忠実に、お客様が気持ちよく、お売り頂けるような
環境を作ることを意識しました。

売りたい理由を探して、お客様の背中をそっと押してあげること。を大切にしていました。

自分が人事?想像もしていないキャリアに直面

-- コンシェルジュとしてのキャリアを歩む中、人事として声がかったのですね?

そうなのです。
自分が人事!?!?予想もしていなかったので、かなり驚きました。
さすがの飽き性でも、まだまだコンシェルジュとしての仕事には飽きていませんでしたよ。笑
むしろ、コンシェルジュとして道半ばであったことや、海外事業部に行くという目標から遠ざかってしまうのではないか?とネガティブに捉えていました。

人事からは、「佐伯くんのキャリアだから自分で選んで良いよ」と言ってくれました。

一晩考えたのですが、想像してみたら、なかなか面白いなと思えたのです。
また、会社のことをより深く知ること、それらをSOUをまだ知らない人に伝えられる
良いきっかけになるかもしれない。
目標である海外事業へのステップへも遠回りではないな。と自分なりに考え納得しました。

あとは、"飽き性"である私を拾ってくれた会社に対して、少しでも貢献したい。
それは"求められるところで活躍すること"だと考えました。

-- 人事に異動してからは何をされているのですか?

主に中途採用をメインに担当しています。
媒体選定から、求職者の対応など、採用に関わること全てが業務範囲です。
今は、人事のイロハを必死に勉強中で、インプットする毎日です。

-- 将来SOUでどんなキャリアを歩みたいですか?

入社時に考えていた海外事業部に行きたいという想いは変わらないです。
今では、海外事業部に行くためにも、人事として結果を出さないといけないと思っています。

また、1人でも多くの人にSOUの魅力を伝え、SOUの仲間を増やしたいと考えています。
私が学生の時にSOUの人事や、社長と出会って感じた想いや、ワクワクを、次は僕が皆さんに伝える番です。自分の言葉で、自分ごととしてSOUの魅力を全力でお伝えします!
是非、面談にお越し下さい。皆様とお会いできること楽しみにしております。

※2020年3月より社名がバリュエンスホールディングス株式会社に変更しております。
※本取材は社名変更前に実施しております。

バリュエンスホールディングス株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう