Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「世界中のお客様にとって、一緒に成功を目指すパートナーでありたい」アクセンチュア出身のCCOが目指す顧客関係

こんにちは!VAAKの広報担当・加藤です!

今回、VAAKのVALUE(行動指針)のひとつ「チームメンバーの裏側も知ろう」にちなんで、メンバーに迫るインタビュー企画を開始します!第一回は、CCOの渡辺孝祐さんにお話を伺いました!

(詳しいVALUEはこちらから!)

渡辺 孝祐(Kosuke Watanabe)

慶應義塾大学商学部卒。大手コンサル企業にて、行政、インフラ、化学系大手の大規模プロジェクトをリード。その後中国、シンガポール、ベトナムなど国内外でスタートアップを興し、CEO/CTOとして経営。ハードウェア系EC事業では最高月商2億円を達成。2018年よりVAAKにジョイン。2019年2月よりCCO(最高顧客責任者)に就任。

ー これまでの経歴を教えてください。

新卒でコンサル会社に入社し、化学系大手の基幹システムの開発や運用プロジェクトを担当していました。もともと新しいことに挑戦していきたい性分だったので、その後はコンサルでの経験を活かし、中国やシンガポールでWEBサービスやECサイトのスタートアップを立ち上げ、経営していました。立ち上げの時期は僕を含めて3人しかいなかったので、海外までエンジニアを探しにいったり、WEBサイトの開設からプロモーションまで、とにかく何でもやっていましたね。その後は独立してECサイトを運営し、2018年にVAAKにジョインしました。

ー VAAK入社のきっかけはどのようなものだったんですか?

事業は上手くいっていたし、ゼロイチの仕事でしか味わうことのできない面白さや喜びはもちろんあったんですけど、ずっとやっているうちにビジネスの広がりや将来性に限界や不安が見えてきて。もっと責任や使命を感じながら、社会にインパクトを与えられるような規模で、一生を賭けてもいいって思える仕事がしたかったんです。

そう思っていたタイミングで代表の田中さんと話すきっかけがあって。VAAKの事業や今後の展望を聞くうちに、「世界中の課題解決」という事業スケールと、世の中における責任の大きさ、そして「AIによる行動解析」の将来性に感銘を受けました。あとやっぱり、スタートアップに立ち上げから携わって、チームが大きく成長していく過程を楽しみたかったというのも理由のひとつですね。

ー 現在はどういった仕事をしているのでしょうか?

現在はCCOとして、お客様とのタッチポイントを構築・運用したり、お客様目線のサービス改善に向けたディレクションなどを行っています。

VAAKのサービスはサブスクリプション(月額継続課金)モデルである以上、お客様にとっての価値を提供し続けないことには、お客様は逃げていってしまいます。つまり、買っていただいて終わりではなく、買っていただいてからがスタートなんです。そこから導入、そしてWOW(効果の実感)、これをいかに早く、ストレスなく、そして「感動」してもらえるかという指標を重視しています。

お客様からサービスについての意見をヒアリングし、それをもとにエンジニアチームとサービス改善に向けて話し合ったり、もっと有効に使ってもらうために個別でアドバイスをしたり。もちろんサービス利用者の推移の計測・分析も行います。業務の内容は多岐にわたりますが、「お客様のパートナーとして一緒に成功を目指す存在である」ことを軸に活動しています。



ー 普段どのようなことを心がけているんですか?

そうですね、「AIによる人間の行動解析」という技術は、世の中にとって最新とも言える技術なので、まだ馴染みのないお客様が多いです。そういった状況の中で、今までにない新しい技術ということをきちんと伝えつつも、身近な存在であることを正しく理解していただくために、まっさらな気持ちで目線を合わせて会話することを心がけています。

ー 過去のご経験が活きている場面はありますか?

お客様の日常に溶け込み、業務や生活に快適や安心感を生むプロダクトとして認識してもらうためには、お客様の声を正しくUI・UXに反映していくことが重要です。お客様の声をどうシステムに落とし込むかをエンジニアチームと話し合うとき、過去にWEBサービスやシステムを開発した経験が活きていると感じますね。

ー VAAKのCCOとして、今後どのように展開していきたいですか?

最近ではVAAKのサービスが世界各地のメディアで紹介されて、各国から問い合わせをいただいています。電話やテレビ会議で話す機会も度々なのですが、事の大小はあるにせよ、基本的に世界各国で抱える課題は共通しているように感じます。だから世界中でVAAKが活躍できる場面がある。ただしバックグラウンドは様々です。今後はそういった環境や状況の違いなどにも目を向け、世界中で広く信頼されるサービスへと成長させていきたいと思っています。

ー 渡辺さんありがとうございました!最後に一言どうぞ!

VAAKでは、今後3年間でVAAKEYE10万店舗、VAAKPAY5千店舗導入という大きな目標を掲げています。そんな急成長中のVAAKをさらに盛り上げていくBizDevメンバーを大募集中です!ぜひ一度お話しましょう!

株式会社VAAKでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
10155910 1375113519435857 646586602 n
10639359 683954828346428 7212444572896044842 n
Picture?1522982814
Anonymous
067a2800 6f27 46ce 8bd4 841f64fe730b?1539576871
8 いいね!
Anonymous
10155910 1375113519435857 646586602 n
10639359 683954828346428 7212444572896044842 n
Picture?1522982814
Anonymous
067a2800 6f27 46ce 8bd4 841f64fe730b?1539576871
8 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう

Page top icon