1
/
5

看護師からカスタマーサクセスへ転職したら、“本当の私”が見えてきた【UZUZ社員紹介vol.08】

UZUZの個性豊かなメンバーを紹介するこのコーナー!

今回は、UZUZのカスタマーサクセスとして大活躍中の「不破(通称:ふわちゃん)」をピックアップ!

実は元看護師であるふわちゃん。第二新卒として今までと全く違う“人材紹介業界”に飛び込んだんです。そんなふわちゃんの「職歴ストーリー」と「UZUZを選んだ理由」に迫ります!


▼不破 花奈実(カスタマーサクセス)
1996生まれ。岐阜生まれ、岐阜育ち。岐阜大学の看護師学科を卒業し、幼い頃からの看護師になるという夢を叶える。新卒ではとある京都の病院の脳神経外科で勤務する。日々激務の中、真摯に患者さんと向き合えていないことに違和感を覚える。迷っている人の意思決定に関わる、伴走したいのであれば看護師でなくてもよいと思い他業種へ転職を検討し始める。YouTubeでUZUZを知り、直感が働き即応募。めでたく2019年4月に入社。ブラックな環境で働いていた為働きやすい環境を作りたいという気持ちは人一倍強い。現在はCSとして奮闘中。

看護師に挑戦してわかった、自分が“本当に”やりたいこと

ー“看護師”を目指した理由について教えてください!

病弱な身内がいたこと、そして母が看護師だったこともあり、私にとって“病院”は小さい頃から身近な存在だったんです。その影響からか「自分の手で大切な人を守りたい」という気持ちも人一倍強く、中学で“看護師”になることを決意しました。

高校・大学は“看護師”を基準に順調に進路を決めたんですが、肝心の“就職先選び”にすごく迷ってしまって……。なぜなら、大学院に進み海外で“健康教育”について学びたいと思っていたから。

大学在学中に「ネパールの健康増進プロジェクト」に参加したり、「国際会議」に出席した経験があり、発展途上国の医療問題にすごく興味があったんです。でも、看護師は大学病院などのいわゆる“大きい病院”に3年勤めて、はじめて一人前と認められるもので……。

看護師として一人前を目指すか、大学院で勉強を続けるか……。散々悩んだ末に選んだのは「看護師」でした。実は現場を経験しておくと、大学院にも入りやすくなるという話も聞きまして(笑)。

そうして意気揚々と飛び込んだ看護師の世界は、想像上に過酷なものでした。

ーどのような環境だったんですか?

私が勤めていた脳神経外科では、残業や早出勤は当たり前。8時勤務開始の日は、遅くとも6時45分には出勤していましたし、退勤が0時を過ぎる日も多かったです。

何よりも辛かったのは、看護師同士の人間関係……。

質問したらため息をつかれる、無視されるなんてことは日常茶飯事でした。あの頃は、毎日浴びるようにお酒を飲んでいましたね。完全にストレスです(笑)。

ある時、悪性の脳腫瘍のある患者様のお薬を調合することになりました。こういったお薬は一人では扱えません。先輩とペアを組んで作るんですが、手が空いているのにも関わらず、誰も対応してくれなくって……。

ついに心に限界がきて、その場で吐いてしまいました。

ーか、過酷すぎる……!

「この病院で働き続けたら本気で体調を崩してしまう」と思い、転職を決意。改めてどんな働き方をしたいのか考えました。

たどり着いた答えは、「もっと“心”に寄り添うサポートをしたい」ということ。でもそれなら“看護師”という仕事に固執せずともいいのではないか……。キャリアについて悩んでいた時、YoutubeでUZUZの存在を知りました。

UZUZの仕事は、就職して新たな人生を歩みたい人をサポートするもの。「私のやりたかったことだ!」とピンときました。そうしてUZUZに応募、晴れて入社することとなりました。

求職者の間口を広げ、その人の“良さ”を伸ばせるサポートを

ー担当している業務について教えてください!

カスタマーサクセスとして、ご登録くださった求職者の方にお電話でヒアリングを行なっています。

「週4日しか働きたくない」「就職する踏ん切りがついていない」など、毎日色々な方のお悩みをお伺いします。私のヒアリングが求職者の方の間口を広げることにもつながるので、責任重大な業務です。

あと私、一緒に働くカスタマーサクセスチームのメンバーが大好きなんですよ!

社員・アルバイト関係なく、チーム全員で毎週ミーティングを行い「疑問点解決」や「課題に対する施策」を考え業務改善を行なっています。雇用形態や社歴に関係なく意見を出し合える毎日は、楽しさとやりがいがたっぷりです!

私は頑固なので、やらないうちに諦めるということができない性格で。無理だとしても、まずは挑戦してみたいタイプなんです! だからこそ、どんどん新しい施策にチャレンジするこのチームが合っているのかもしれません(笑)。

ー業務をするうえで、気をつけていることはなんですか?

業務では、とにかくコミュニケーションに手を抜かないよう気をつけています。前職は人間性を否定されることが当たり前の世界だったので、その反動もありますね。同期のなかには、毎日先輩から“劣等生だ”と言われ続けている方もいたので……。

とはいえ“手を抜かない”の塩梅が難しく、苦戦する毎日です(笑)。

乱暴なコミュニケーションでは、人は成長できません。カスタマーサクセスチームは、アルバイトの方も多くいる部署なので「相談しづらい環境」にならないよう気を配っていきたいと考えています。

UZUZに入社してから、“ものの捉え方は人それぞれ異なること”に改めて気づかされました。自分では思いつかない考え方や知らない世界を見れる毎日は、とっても楽しいです!

また密に関わる立場にいるからこそ、求職者の方が“その人の良さ”を活かせる企業に内定をもらった際は、本当に嬉しいですね。

良い子の殻を破り、“自分の弱さ”と向き合えるように

ー仕事を通じて記憶に残っている印象的なことを教えてください!

UZUZで働き出してから、自分の弱さと向き合えるようになりました。

仕事上、求職者の方一人ひとりの“人生”や“弱さ”を毎日たくさん聞きます。それゆえ「自分はどうだろうか?」と考えるようになったんです。

私は昔から、とにかく良い子でいようとするタイプで。

看護師の頃は「看護師=優しい」のイメージを壊さないように働いていました。そのため、“仕事は感情を抑え込むもの”だと思っていて……。嫌だと思ったことも伝えられなくて、フラストレーションが溜まりアルコールに逃げてしまったり……(笑)。

“嫌なことは嫌と伝える”、当たり前に感じることかもしれませんが、前職ではできなかったことなんです。

そんな私が自分の弱さと向き合い上手に感情を表現できるようになったのは、一緒に働くメンバーとUZUZのおかげです。

目指すは、“起爆剤”のような最強のナンバー2

ー働く上での意気込みを教えてください!

正直いって私は「このスキルを何が何でも身につけたい」という希望がありません。

それよりも「人ができない部分を補える存在」になりたいです。かゆいところに手が届くような人……でしょうか。

そもそも、全員があらゆる出来事を完璧にこなす必要はないと思っています。“できない部分”は“できる人”が補えばいいんです。

だから私は、“最強のサポート役”を目指していきます!「不破と一緒に働きたい」そう思ってもらえる存在になれたら幸せです。

サポート役と聞くと“縁の下の力持ち”や“支える役”というイメージが出てくるんですが、私の目指している姿とはちょっと違っていて(笑)。誰かの背中を後押しできて、その人のパワーを2倍3倍にもする“起爆剤”のような人……そんな人になりたいです!

最後に、UZUZに応募しようか検討している方へのメッセージをお願いします。

私は、1年間勤めた前職を“転職先が決まる前”に辞めました。退職する際、看護師長に「どこにいったって通用しないからね」と言われ、かなり気落ちしたこともあります。

そう、UZUZに入社するまでは、就職先も決まっていない「人生崖っぷち」状態だったんです(笑)。

そんな“崖っぷち”だった私も、今は楽しく働けています。人生、意外となんとかなるものです!

私の場合、“楽しく働ける場所”がたまたまUZUZでした。だからもし「私もUZUZが合うのかもしれない」と少しでも思った方は、まずは気軽に応募してみてほしいです。まじな話、入社するかしないかは面談してから決めればいいんですから(笑)。

ーふわちゃん、ありがとうございました!

せっかく働くなら、やはり楽しく過ごしたいですよね。それには「職場環境」はかなり重要です。

手前味噌ですが、UZUZは「職場環境」がかなり良好!カスタマーサクセスチームも、いつも和気あいあいと仕事に取り組まれています。

少しでもUZUZに興味が湧いた方は、ぜひお気軽にご応募を。カジュアル面談を通して、UZUZのことをもっと詳しく知ってもらえたら嬉しいです^^

株式会社UZUZでは一緒に働く仲間を募集しています
17 いいね!
17 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング