1
/
5

【Wantedly限定】限定コンテンツを通したクリエイターとファンのコミュニケーションの場「FOLLOW ME」|FORO株式会社

2021年6月1日にUUUM株式会社の100%子会社として設立されたFORO株式会社。
前回は、FORO株式会社設立の目的や、新規事業であるNFTマーケットプレイス「HABET(ハビット)」の紹介を行いましたが、今回はクリエイターとファンを繋ぐ会員型SNS「FOLLOW ME(フォローミー)」を中心にインタビューを行いました。前回のインタビューも含めて、是非ご覧ください!


インタビュー:レネ パウレズィヒ FORO株式会社 取締役

スクウェア・エニックス、任天堂でゲームの翻訳やローカライズをはじめ海外のマーケケティングに
関わる。2012年に来日し、ベンチャーのゲームパブリッシャーでゲーム開発を経験する中でUUUMと出会い、その成長性と可能性に感銘を受けて、2014年にUUUM株式会社へ入社。
以降、新規事業やアライアンス関連を中心に幅広いサービス・事業の立ち上げに関わり、
2021年6月100%子会社のFORO株式会社の設立により、FORO株式会社 取締役に就任。

▼前回のインタビューはこちら

会員型SNSという新しいスタイルのプラットフォーム

「FOLLOW ME」は、どのようなサービスですか?

「FOLLOW ME」は、会員制という特徴があるSNSサービスです。「FOLLOW ME」で発信されるものは登録いただいた会員しか見えないという仕組みになっているため、登録するだけで様々な方の投稿が見える一般的なSNSとは異なります。正直、最初にこのサービスを知った時は疑問に思いました。「FOLLOW ME」の投稿者は、これといって特別な投稿をしているわけでもないんです。だから、一体誰がお金を払ってこのサービスを利用してくれるんだろうって(笑)

でも、実際の投稿者と話してみると、逆にオープンなSNSだからこそ言えないことや言いたくないことがあるということが分かったんです。ネガティブな意味では全くなく、例えばたくさんのフォロワーを持ってる人がオープンな環境下で「めちゃくちゃ疲れた」とSNSで発信すると、とても心配されてしまったり、ニュース記事として取り上げられてしまったりなど、望んでない広まり方や捉えられ方をしてしまうことがあるんです。

この「めちゃくちゃ疲れた」という呟きを、何百万人に発信したいかというとそうではないと思いますし、こういった気持ちの部分や、自身のブランディングとは異なるプライベートな側面を曝け出しやすいサービスとなっています。

月額のハードルをあえて設けたことで、お金を払ってまで応援したいと思ってくれている熱心なファンに登録いただいているため、投稿者にとっての魅力となっています。自分のことを応援してくれる方々ばかりの空間なので、精神的に安定した状態で投稿が出来ますし、会員になってくれるファンが増えることで収益源にもなります。ファンの目線からすると、ここでしか見られない投稿者の一面を見ることができる、コミュニケーションが取れるというちょっとした優越感を味わうことができるので、双方がハッピーになれるサービスだと感じています。

▼「FOLLOW ME」サービスはこちら

▼「FOLLOW ME」の会員ページイメージ

ー他のサービスとの、差別化のポイントはどこでしょうか?

限定コンテンツを扱ったサービスは海外、国内含めてここ数年でかなり増えてきています。世の中の状況を見ると、限定コンテンツになっていくと決まった路線に行ってしまう傾向があると感じています。そういった分野(アダルトコンテンツなど)のサービスとは一線を画したいですね。

お金を払って見れる、ダウンロードできるだけのサービスはなく、先程お伝えしたような投稿者とファンとのエンゲージメントを高められる、コミュニケーションが成り立つような場所にしたいと考えています。そのため、「FOLLOW ME」では最初からアダルトコンテンツを禁止にしています。そのような路線で行けば事業としては儲かるかもしれないですが、そういうことはしたくありません。健全な形を保っているという意味でも、精神的な部分に寄り添った形態という意味でも差別化できているサービスだと考えます。

その他にも、あえてSNSという使いやすいUIにしている部分も特徴かなと思います。気軽に利用できるよう、投稿者やファンにも配慮したサービスになるよう心掛けています。

目まぐるしい変化の中で成長できる環境

ー仕事のやりがいをお聞かせください。

日々向き合っている人たちのバリエーションが多岐に渡ることがやりがいかもしれません。弊社所属のクリエイターのみならず、プロサッカー選手のマネジメント事務所やモデル事務所にアプローチをしたり等、全く違う業界の方々とコミュニケーションを取る機会があります。つまりは、日々違うチャレンジをしなくてはいけないということになりますので、その分、幅広い世界が見えることが面白いのではないかと感じます。

もう一つは、仕事内容に多様性があることです。まだまだFORO株式会社自体がスタートアップでもあるので、「自分がこの担当です!」というメインの領域があったとしても、それ以外の業務を担わなくてはならない状況です。例えば「営業」というメイン業務があったとしたときに、営業としてクライアントの交渉やハンドリングをする一方、サービスの機能や企画を検討するなど...。小さなチームだからこそ全員で協力してサービスを向上させていくので、様々な領域の業務について短い期間で成長ができるところが、とても目まぐるしい環境ですが、良く言えば魅力的じゃないかなと(笑)ですので、主体性を持って取り組んでいただける方がこのチームに向いていると思います。

ー現在のチーム体制を教えてください。

現状メンバーは2名です。この2名がCS対応、投稿者のサポートや発掘など、営業も含めて行っているような状況です。このメンバーとは別に開発メンバーが3名おります。UUUMのシステムユニットに「FOLLOW ME」に特化したチームがあるため、コミュニケーションを取りながら日々作業をしています。

▼「FOLLOW ME」開発現場にフォーカスした記事はこちら

新しいサービスだからこそ、体験してほしい

ー前回のインタビュー含め、ここまで読んでいただいた皆さんへのメッセージをお願いします!

「FOLLOW ME」や「HABET」というサービスは、作っている私たちだけではなく、コンテンツを提供してくれる方々の強い想いで出来ています。新しいサービスにコンテンツを提供してくれる方々って、すごいチャレンジャーだと思うんです。自分たちのファンに対して、それぞれのサービス内容を説明して共感を得られなければ成り立たないですし、なぜNFTを出すのか?なぜ限定のコンテンツを出すのか?等々、きちんと理解した上で、「新しいことに挑戦してみたい!」と、サービスを利用してくれているんです。だからこそ、関わる全員が強い想いを持っている「FOLLOW ME」や「HABET」を、皆さまを含め多くの方々に楽しんでいただけるサービスにしていきたいと考えています。

社員として会社や事業に興味を持ってジョインしてみたい、働いてみたい、という気持ちのあるなしに関わらず、とにかく一度サービスに触っていただきたいです。「FOLLOW ME」はその性質上、投稿者のファンでないと興味が持てないと思うので(笑)、ぜひ「HABET」を利用してみてください。恐らく記事を読んでいただいた方の中にも、どんなサービスなのかイメージが湧かなかった方がいるんじゃないでしょうか。日本の中でも新しいサービスですし、他で体験することのできないコンテンツになっていますので、ぜひ一度自分で触ってみてほしいです!

UUUM株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング