1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「旅してるのに出勤扱い」新たな働き方ワーケーションってなに?

JALが取り入れたことで、社会的にも話題になっている"ワーケーション"。

ワーケーションとは、帰省先や旅行地などの場所の特定をなくし、どこでも仕事ができる仕組みのこと。仕事終わりにリフレッシュすることができたり、旅行先で家族との時間を作ることができます。

CRAZYも、理想を実現していく組織として、働き方の多様性を求めワーケーションの導入に踏み切ります。距離ができたとしても、組織の在り方やチームワークを続けられるのか、弊社としても大きなチャレンジとなります。

そんな注目の革新的な働き方"ワーケーション"、具体的にはどんな取り組みなのでしょうか。

JALとUberを事例にご紹介いたします。

========================================

ワーケーションという言葉をご存知だろうか? ワーケーションとは2000年代に米国で生まれた、「ワーク」と「バケーション」を組み合わせた造語である。おおむね、リゾートなどの環境のよい場所で、休暇を兼ねてリモートワークを行う労働形態を指すことが多い。つまり、「旅をしているのに出勤扱い」ということだ。

この制度が生まれた背景には、アメリカでも日本と同様に有給休暇取得率が低く、休暇を取っても休暇中にオフィスに連絡を入れる人が多いということがある。この夏にJALがワーケーションを導入すると発表して少し認知が広がった感があるが、すでにアメリカではICT関連業界などを中心に広がっているそうだ。

ワーケーションってどんな感じ?

一口に「ワーケーション」と言っても、その導入方法には企業ごとに違いがある。たとえば前述のJALの場合は、社員が休暇に最大5日のワーケーション日程を追加することで行われる。個々の社員は休暇先にいながら勤務時間内はインターネットを活用して定例会議に参加したり、メールを送りあったり、自分の業務をこなしたりして働く。

このワーケーションによって、今まで会議等がある関係でちょっと長めの家族旅行ができなかった社員が、旅行をできるようにするということがメリットとして挙げられているそうだ。

一方、カーシェアリングのサービスを行うUberのワーケーションの取り組みは、課題解決型プロジェクトをプロジェクトメンバーが旅先で行うというものだ。

通常は一緒に働くことのない社員で少人数のチームを作ってどこか旅に出かけ、課題に対してUberのビジネスに実際にインパクトを与えるようなクリエイティブな答えを探すことに積極的に取り組ませる。

以前に行われたワーケーションでの課題は、ドライバー体験をより良いものにするための作戦を考えるというものだった。これは2017年のUberに事業において優先事項になっているもので、ワーケーションの成果が翌年の事業に反映されるということに社員は意欲を感じたに違いない。

このワーケーションは公募制で行われ、記録的な数の参加希望者が集まった。実際に事業に反映されるもの、今後サービスを研ぎ澄ましていくことになったもの等、多数の改善提案がなされたそうだ。

ワーケーションとリモートワークの違い

JALの例にしても、Uberの例にしても、共通しているのは「旅先で行う」ということだ。インターネット環境を利用して仕事をする点でリモートワークと似ているが、一般的にリモートワークは事前申請した場所でのみ行うため、勤務地の考え方が異なる。

リモートワークというとIBMやYahooが禁止したというニュースが記憶に新しい。その理由は社内でのコミュニケーションが次第に取りにくくなったことやコスト削減にはならなかったことが原因だと言われている。ワーケーションはリモートワークに似た部分もあるが、その期間は休暇中だけであり、そもそもコスト削減を求めて行なっているわけではないため、リモートワークのデメリットがそのままワーケーションのデメリットになるわけではないだろう。

政府がインターネット環境等を利用して在宅や遠隔地で仕事を行うテレワークを推進していることを考えると、今後このワーケーションは増えていくかもしれない。

(本編・続きはこちら

(株)CRAZY では一緒に働く仲間を募集しています
18 いいね!
18 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング