1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

酒と肴と熱と。“ 反逆をおこす哲学 ”をレポートしてみた!

個々人がもっている哲学や思想に、一種の芸術的な卓越性を見出し、ぶっちゃけながら討論していく、株式会社CRAZYが主催のトークイベント「哲学の反逆」。

「哲学」というワードが入っていると真面目なイベントだと勘違いされてしまうかもしれないのですが、実際は真逆の創造的なイベントです。わたしたちがこのイベント行うのは、偶然に発生した熱をもった「何か」を創造していくことを「楽しい」と感じるから。

そして、そこから始まる未来にワクワクするのがわたしたちなのです。


2016年9月からスタートし3回目を迎えた「哲学の反逆」。

ビール片手に柿ピーをむしゃむしゃ食べながら始まり、まるで居酒屋の一風景のような雰囲気。登壇者である経営者や政治家は、完全オフレコを約束してスキャンダル? ギリギリなプライベートな話を繰り広げます。これからも随時開催していくイベントではありますが、会の半分を下ネタが占めることもあり、いつまで続けられるかは定かではありません。


右から順に株式会社コルクの社長:佐渡島庸平さん、株式会社TABI LABOの社長:久志尚太郎さん(通称ビンさん)、政治活動家:青木大和さん、CRAZYの社長:森山和彦。

今回はそんな完全オフレコだったイベントの一部を、こっそりお伝えしたいと思います。

===================

「会場無視型」のイベントが存在した!

「最近ではインタラクティブなワークショップとか流行っていますよね。イベント提供者と参加者の垣根がないような。哲学の反逆はそうしたよくある会場参加型のイベントではありません。会場無視型のイベントです!」

CRAZYの社長である森山の威勢のいい言い切りから幕を開けた、哲学の反逆vol.3。会場無視型のイベントとは、登壇者が旧友と居酒屋で会って飲んでいるかのように内輪で盛り上がるので、会場は無視された状態で進んでいくという新しいカタチのイベント。新しすぎて、検索してもらっても定義とか出てこないので間違っても検索しないように。

机の上にはお酒とおつまみが当たり前のように準備されている。もともとこのシチュエーションは、反逆の芸術家と言われている岡本太郎と北大路魯山人の語っている風景をモチーフにして作られた。

参加者も、マイクを持って舞台に登壇?

何が面白いかというと、会場無視型ではあるのだけれど、参加者がマイクを持って話したり舞台に上がったりすることもあることだ。ほら、居酒屋で隣の席の人と仲良くなって乾杯するなんていうノリあるじゃないですか、まさしくあれです。

この日は、最前列に座っていた男性がマイクを片手に「聴衆に理解させようと話をしていませんか?4人だったらもっと尖った面白い話ができるんじゃないですか?」という発言をして舞台に乗り込み、会場は拍手喝采。舞台に上がった男性は乾杯の後、政治の話を一通りし、自分の席に戻ったのでした。

(本編・続きはこちら

(株)CRAZY では一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
今週のランキング