1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【前編】30歳からの組織論〜「志を持つ強い組織」を成立させるロジックとは? 〜

弊社のトップが、あらゆる業界のトップを迎えて語り尽くすシリーズ企画「TOP LIVE」。第2回の登壇者は、認定NPO法人Teach For Japan 創設者である松田悠介氏です。

強い志を持ち、次から次へと挑戦することをやめない2人。どのような考えで動き、具体的な策を打っているのでしょうか。そこには生半可ではない覚悟と、トライアンドエラーによって築かれた独自の知見がありました。新しい時代を切り拓く未来の組織論、前編です。


イベント実施日2017年7月3日(月)

登壇者

松田悠介(Yusuke Matsuda)

認定NPO法人Teach For Japan 創設者 / 京都大学特任准教授

日本大学を卒業後、体育教師として中学校に勤務。体育を英語で教える Sports English のカリキュラムを立案。その後、千葉県市川市教育委員会 教育政策課分析官を経て、ハーバード教育大学院(教育リーダーシップ専攻)へ進学し、修士号を取得。卒業後、PwC Japan にて人材戦略に従事し、2010年7月に退職。Teach For Japan の創設者として現在に至る。日経ビジネス「今年の主役100人」(2014年)に選出。世界経済会議(ダボス会議) Global Shapers Community 選出。WaterDragon 財団 日本代表。経済産業省「キャリア教育の内容の充実と普及に関する調査委員会」委員。奈良県奈良市「奈良市総合計画審議会」委員、「奈良市教育振興戦略会議」委員。共愛学園前橋国際大学「グローバル人材育成推進事業」外部評価委員。京都大学特任准教。著書に「グーグル、ディズニーよりも働きたい「教室」(ダイヤモンド社)」


森山和彦(Kazuhiko Moriyama)

株式会社CRAZY 代表取締役社長

中央大学卒業後、人材教育コンサルティングのベンチャー企業に入社。経営コンサルタントとしてトップセールスを記録し、大手からベンチャーまで幅広い企業の経営コンサルタントとして活躍。6年半勤めたコンサルティング会社を退職後、1年間の起業準備期間(世界放浪時期間)を経て、2012年7月に株式会社CRAZYを創業。CRAZY WEDDINGという今までに無かったウェディングサービスを発表し急成長。経営の第一優先を健康とし、毎日3食手作りの自然食が出たり、全社員で世界一周旅行を行うなどユニークな経営をしている。創業5年で4事業を展開し、同社を社員74名にまで成長させている。


モデレーター

吉田勇佑(Yusuke Yoshida)

株式会社CRAZY HR Team Leader


自分の人生を生きようと模索する、すべての人に届けたい対談。ぜひご覧ください。

======================

異なるバックボーンの掛け合わせ。

株式会社とNPO法人のトップが語る2時間。

森山和彦(以下、森山):みなさん、こんばんは。僕はもともと人事系の会社にいて、ずっと前から人と組織に興味があります。心理学や脳科学、組織論などを海外コンベンションなどに参加しつつ、人材教育、人事のマネジメントを研究してきました。

例えば今日100人くらいの方がきてくださっていると思うのですが、この100人で何か大きな仕事をしようとなったときに、どんなチームを組むかでも違いが生まれるじゃないですか。また、率いる人でも変わる。人の組み合わせや、やり方次第で違いが生まれるんですよね。究極的に言えば同じ人間ひとつ取っても、戦争を起こせますし、平和活動もするんです。そういうダイナミックに変化する「人」っていうのが僕のテーマで、どうすれば人はもっと幸せになるかということに興味があります。

CRAZYを創業してちょうど5年目。これまでいろんな実験をし、失敗もしてきましたし、良かったこともたくさんあります。今日はそんな話ができたらなと思います。宜しくお願い致します。

松田悠介(以下、松田):こんばんは。Teach For Japanを立ち上げました松田と申します。私は元々は体育の先生をしておりまして2年間全力で子どもと向き合っていました。先生になったきっかけは、中学2年生の時にいじめられた経験です。勉強もスポーツもできなくて、柔道の技をかけられるなど精神だけでなく身体的にも辛い思いをしました。でもありがたいことに体育の松野先生という恩師が、私の半歩先を照らして常に伴走してくださり、信頼関係が芽生え、そのプロセスの中で自立していきました。

高校に入ってから、先生に「恩返しをしたい」とお礼を伝えにいったところ「俺に恩を返そうと思うな、同じ様な厳しい状況にいる子ども達に恩を送ってやれ」と。その頃から体育の先生を志す様になっていきました。体育の先生になってからは、学校現場で子ども達と向き合わない大人たちの存在に違和感を感じ、どうすれば子供たちの教育環境を改善していけるのかを必死で考えてきました。そしてTeach For Japanを立ち上げるに至っています。

この中で、子どもの貧困や格差が日本にあることを認識されている方はいますか? 半分くらいですかね。私がTeach For Japanを立ち上げた、7年前には誰もいなかったんです。ようやく認知されるようになりましたが、今6人に1人の子どもが貧困状態にいるんです。私が支援している福岡のとある地区では、2人に1人の子どもが生活保護を受けていて、学校も荒れていて先生は誰も教えたがらない。

Teach For Japanでは、そうした学校に素敵な想いを持った優秀な人材を2年間教育して派遣をしてきました。先生が変わると子どもたちは変わるので、これで日本の教育を変えていこうと。

10年間子どもと向き合ってきて気づいたことは、子どもが悪いことは何一つなく、我々大人側に課題があるということでした。「夢を語れ、自分らしく生きなさい、多様性を受けとめ合おう」そう言っている我々大人ができていないんです。そんな環境の中で子どもが育つわけないじゃないかと。大人が自分らしく生き生きと、志に向かって生きるような社会をつくらないと。

今はTeach For Japanを退職し、スタンフォードのビジネススクールに参画する予定です。その中で経営や人のエンパワーメントを学んでいきます。また、CRAZYの人と向き合いエンパワーメントして、自分らしく生きる社会を作っていることに非常に共感し、CRAZYの経営に関わることを選びました。ベースはスタンフォードで学び、実践する場としてCRAZYの組織づくりに携わっていきたいと思っています。

(本編・続きはこちら

(株)CRAZY では一緒に働く仲間を募集しています
8 いいね!
8 いいね!
今週のランキング