1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

Webミーティングはメリットばかりじゃない?クライアント対応から見えてきた企業間IT格差

2020年4月、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言発令に伴いユニークワンではテレワーク体制へ。
社内でのミーティングはすべてzoomなどのWeb会議システムを用い、対クライアントについても原則Webでの対応としていました。

5月に緊急事態宣言が解除された後はテレワークを一旦終了し、通常通りの勤務へ。

現在クライアント対応については、引き続きWebで対応させていただいているところや、直接訪問して対応させていただいているところなどさまざまです。

今回は普段フロント業務を担っているマーケティングプランナーのメンバーに協力してもらい、直近2週間(6月第1〜2週)のWebミーティングの割合について調査。
Webミーティングのデメリットや、地方企業が抱える問題も浮かび上がってきました。

直近2週間のWebミーティングの割合

ユニークワンには6名のマーケティングプランナーが所属しています。
この2週間で開催されたミーティング数は6名合計で118件。

そのうちWebミーティングは46件、約4割を占める結果になりました。

新型コロナの感染拡大に影響を受ける前、遠方のお客様以外はほぼ対面でのミーティングだったことを考えると、Webでの打ち合わせがかなり増えたと言えます。

その一方で、クライアントによっては
「5月はWebだったので、6月は対面でお願いしたい」という声も。

Webミーティングはメリットばかりではないのかもしれません。
そこで、マーケティングプランナーから、Webミーティングのメリット・デメリットについて意見をもらいました。

Webでミーティングをおこなうメリット・デメリット

Webミーティングのメリット

移動時間の短縮。
「今から話したい」という場面ですぐミーティングを開催できる。
画面上で提案資料を共有できるので、リアルタイムで資料内容を修正・更新できる。

メリットとしてほぼ全員が挙げていたのが「移動時間の短縮」でした。
特に新潟県は面積が広く、地域によっては往復2〜3時間かかることもあります。
拠点がある金沢と仙台についてもそれぞれのエリアで県外への移動が少なくありません。

移動のための時間を有効活用できることは最大のメリットと言えそうです。


Webミーティングのデメリット

相手側のITリテラシーによっては進行が難しい
新規の商談をWebで実施するのはやりづらい
顔を合わせないお互いの温度感や空気感がわかりにくい

デメリットで特に多かったのは「ITリテラシー」の問題。

クライアントの中には、zoomなどのWeb会議ツールを違和感なく活用している企業もあれば、自社でほとんど使ったことがないという企業までさまざまいらっしゃいます。

特に新潟県内の企業は、Webよりも対面を希望するクライアントが多い傾向にあるようです。

おわりに

ユニークワンのマーケティングプランナーのWebミーティング比率や、メンバーが感じているWebミーティングのメリット、デメリットを中心にお伝えしました。

緊急事態宣言解除後、社内でクライアントとWebミーティングをする社員を見かけることが多くなり、「Webミーティング:対面ミーティング」の比率は「3:1」くらいだと私(藤原)は個人的に予想していました。

しかし、実際は予想と正反対の結果に。
まだまだ対面ミーティングが中心だということに驚きました。
この結果の裏には「IT化やデジタル化の企業間格差」という問題があるように感じます。

ユニークワンのミッションは「地方のIT化をリード」することです。
そのためにはIT化やデジタル化にあまり縁のなかった企業にしっかりと寄り添ったサービスを提供し、こうした格差を埋めていく必要があります。

6月に始動した「DX推進センター」も、IT化、デジタル化をお手伝いするための新組織です。
私たちユニークワンは社員一丸となって、IT格差の是正に取り組んでいきます!

【あわせてお読みください】



(イラスト)Pch.vector - jp.freepik.com

株式会社ユニークワンでは一緒に働く仲間を募集しています
9 いいね!
9 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング