1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

平凡なサッカー少年が最高に楽しいエンジニア人生を20年間歩み続けている理由

経歴――「エンジニアって楽しい!」と思えるようになった理由

僕は1社目で素晴らしい師匠に出会い、そのおかげで最高のものづくりをする楽しさを知ることができ、20年間楽しいエンジニアライフを過ごせました(現在も)。今はその“最高のものづくりをする”ために必要な環境と仕組みを若い人たちに提供して“最高のものづくり”を楽しみながら市場価値の高い優秀なエンジニアになってもらいたいと思っています。

なぜそう考えるようになったか、経歴からお話しします。

僕は大学卒業後、1社目のソニーのシステム関連会社にはプログラミングを武器に生きていこうという想いとサッカー部があったからという理由で入社を決めました。そこで師匠となるエンジニアと出会い、エンジニアとしての基礎を叩き込まれました。師匠は非常に厳しく、入社1年目でVAIOの販売管理サブシステムを一人で開発しないといけない状況になり「自分でやるしかない」と腹をくくって開発。一年ほどして一人で開発ができるようになり、ほどなくして、全く見えなかった師匠の背中が見え始め、自社でスキルアップするよりも他社に行ったほうが早く師匠に追いつけるのではと思って転職を決めました。

2社目となるオージス総研では、優秀なエンジニアに囲まれながらシステム開発をしていましたが、SESビジネスだったためか、「こんなに優秀なエンジニアがいるのになぜいいシステムが作れないのか?」という疑問を持つようになり、「このままでは顧客に価値あるシステムを提供できないのでは?」と考えるようになり転職しました。

3社目のウルシステムズではエンジニアから技術コンサルタントへ転身します。顧客側にコンサルタントとして入ることで“顧客に価値あるシステム”を提供できると考えたからです。しかし、結局“ものづくり”をする側でなかったがために結果が得られませんでした。それとは別に、この会社でスーパープログラマと出会い、自分は技術でトップに上り詰めることは出来ないと悟りました。そこで、何でトップをとろうかと考えたところ「システム開発に必要なスキルを全て80点まで上げて、技術だけ100点とればよい」という、ゼネラリストになればトップをとれるという結論に至りました。

4社目のシンプレクスでは技術コンサルタントからエンジニアへ戻り、前職で「こうやればシステム開発は上手く行く」と考えていた開発方法論の実験を始めます。それが上手く行き始めたころ、とても大きいトラブルを起こしてしまいました。この時「すべては自分の責任」と腹をくくってすべてに対処できたことで、この後起こる全ての問題が「大したことではない」と思えるハガネのメンタルを獲得しました。その後システム開発を続けていく中で、プロジェクト単位に物事を考えていると育成が出来ず無駄も多いことに気づき、この問題を解決するにはシンプレクスでは難しいと感じたため、シンプレクスで率いていたチーム丸ごと移籍という形でウフルへ入社しました。



ウフルで実現したいこと――エンジニアが誇りをもって「ものづくり」できる組織をつくりたい

3社目でスーパープログラマと出会って自分はシステム開発のゼネラリストを極めようと考え始めた頃から、個人で行う小規模な仕事よりもチームで取り組む大規模開発のほうが難易度が高くて面白いと思うようになりました。僕は負けず嫌いで、やるからには圧倒的な勝利をおさめたいと考えるタイプなので、「(スーパープログラマがいれば勝てるのは当然として)どうすればスーパープログラマがいなくても大規模プロジェクトを成功させられるか」を考え、勝ちゲームをつくることに注力してきました。

同じような頃に自分の中で「良いシステム」の定義が「顧客の事業拡大/成功に貢献するもの」に変わり、そのためには下請け構造の中で開発をするのではなくエンドユーザーが顧客となるプライム案件(直請け)であること、コンサルや開発だけするのではなく保守・運用まで一気通貫で携われることが必要だと思いました。これが“人が育つために必要な環境”の一つだと考えています。

現在の日本ではゼネコン型の下請け構造で開発を行うことが主流で、プロジェクトごとに人が入れ替わり、エンドユーザーと直接会話することもままならないという状況です。これではエンジニアが育たず、顧客目線を持つことも叶わないため顧客の事業に貢献することもできない。僕はエンジニアが誇りをもって“ものづくり”ができる組織をつくり、彼らが成長できる環境を整えていくことで世の中の開発スタイルを変えたいと考えています。この組織と仕組みを僕は「ジャイロ型組織」と名付けています。


顧客のためのシステムを一からスクラッチ開発するということは靴職人がオーダーメイドでお客さんのために靴をつくるのと似ています。お客さんのために一から靴をつくり、お客さんが目の前でその靴を履いて喜んでくれる。スクラッチ開発の面白さはまさにそこにあります。しかも、通常職人さんは一人ひとりが職人となるよう教育されますが、当社では「チームで一人の職人」でありたいと考えています。SESのようにプロジェクトごとに社員が色んな会社に散り散りになるのではなく。一つのフロアに仲間がいて一緒に困難を乗り越えることができる。隣の同僚を助けることもできるし、助けてもらうこともできる。それはまるで学園祭の準備から本番当日にかけての雰囲気にも似ています。

顧客の要望を叶える、価値を生むエンジニア集団となり、顧客にとって唯一無二のシステムインテグレータとなりたい。チームをどんどん大きくしながらも今の高い利益率を維持し、ジャイロ型組織での成功事例を増やしていくことで世の中の開発スタイルを変えていきたい。前人未到の域にチームで挑戦し、そこで勝ち続けたいと思っています。

興味を持って頂けたらぜひ会社説明会へ遊びに来てください!

株式会社ウフルでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう