Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

失敗続出のフィリピン留学を成功させる8つの方法

はじめまして、代表をしている田中です。初めての投稿は今の主力事業であるフィリピン留学について投稿しようと思います。

フィリピン留学が大ブームの日本ですが、果たして本当に留学を通して英語力が伸びているのでしょうか?フィリピン留学の本質をお伝えします。

本気留学StudyInも2016年は700名を越える方がフィリピンへ飛び立ちしました。欧米を入れると1000名近くをサポートできるまでになっています。生徒さんたちが留学から帰ってきた後にインタビューをして様々なフィードバックや時にはご指摘を頂いています。

これまで2000名の海外留学をサポートし、様々な語学学校をご紹介してきた中で英語力が伸びている人が実践していた内容をまとめてみました。


事前勉強は必ず進めておく

スポーツにルールがあるように英語にもルールがあります。英語のルールは文法です。文法ができなければ英語はできないと思ってください。完璧にする必要はありません。中学で習った文法までで十分です。

留学前に文法の勉強を進めることができれば、留学先ではスピーキングを集中的に伸ばすことができます。留学先で文法や単語の勉強ばかりするのはもったいない。それは日本でもできるので、留学先では日本でできないスピーキングやリスニング、ライティングに集中しましょう。

お勧めの文法教材は一億人の英文法Grammar In Useです。


英語は感情を使って話すと伸びる

"英語は感情を使って話すと伸びる"と言われています。彼氏や彼女が外国人だと英語力が伸びると言われていますが、あれは英語に触れる機会が増えることも大きいですが、感情を込めて英語を話しているから伸びるのだと思います。

感情を使って話すことで、言葉ではなくビジュアルで記憶し脳にそのシーンが付着するのだと思います。ですので、留学中の休日も是非感情を使って外国人の友人とプライベートを満喫してみてください。

極端な例ですが、覚えられない単語があれば、その単語を書いた紙を丸めて近くにいる友人にぶつけてみてください。振り返った友人の顔が面白ければきっとその単語も友人の顔と一緒に覚えることができるはずです。


日本人の多い学校は英語力が伸びにくい

フィリピンには日本人の多い語学学校も多く、真剣に学びたい人もなぜかそちらの語学学校へ行き楽しかったけど英語は伸びなかったとなる失敗例が続出しています。

あの国会議員の小泉進次郎さん(アメリカの大学院卒)も講演で話しています。

「英語を話せるようになる唯一の方法は"英語を話さなければ生きられない環境に身を置くこと”です。留学をして英語力が伸びなかったということは、英語を話さなくても平気な環境に身を置いていたということです。」

その講演はこちら。9:20からご覧ください。

日本人比率40%以上の語学学校は、ダメ。ゼッタイ。*経験のための留学であれば問題ないと思います

フィリピン留学を失敗に終わらせない唯一の方法は、英語しか話すことができない語学学校(環境)を選ぶことです。


日本人が少ない学校でも英語が伸びないこともある

日本人比率は30%と少ないんだけど、残りの生徒はほぼ韓国人だったというケースは要注意です。フィリピンにはざっくりと大きく分けて、日本資本と韓国資本の学校で成り立っています。

そんな韓国資本の学校は日本人が少ないことで知られています。しかし、日本人以外はほぼ韓国人といった学校も多々あるのです。こういった環境だと、共通言語が英語ではなく韓国語になってしまうことがあります。


日本人が少なく、多様性のある語学学校で学ぶ

どこか一つの国から来た生徒が50%以上固まっている学校よりも、様々な国から一つの国籍比率が30%以下の生徒で集まっている語学学校で学んだ生徒さんは英語力が伸びています。

国籍比率がバランス良く多様化していることで、生徒同士の共通言語が英語になるからです。フィリピンは語学学校が200校もあるのに、実は多様性に富んだ学校は10校もないので学校選びが難しくなってきています。

これもフィリピン留学を失敗に終わらせる人が増えている一つの理由です。


休日の過ごし方で英語が伸びる

例えばあなたが4カ月間のフィリピン留学を経験したとします。フィリピンの語学学校は土日がお休みです。その土日と祝日だけでも、4カ月滞在すれば40回はある、つまり4カ月フィリピン留学をすると1カ月以上お休みということです。

その1カ月のお休みをどう過ごすのか。この過ごし方によって英語力の伸びが格段に変わってくるのです。外国人の親友と一緒にプライベートを満喫するのか、同じ国籍の友人と英語脳をOFFにして満喫するのかで英語力に差がでてきます。

休日も英語を使って遊べるよう、日本人の少ない環境選びは必須です。


コースの選び方が重要

どの学校にも一般英語コースと試験対策などのTOEICやIELTSコースがあります。講師の能力が圧倒的に高いコースはIELTSとTOEFLコースです。この試験は、海外の大学へ進学するときに留学生が大学へ提出するテストです。

TOEICよりも難易度は非常に高く、スピーキングとライティングテストも入ります。一般英語コースを受講した後はIELTSかTOEFLコースの受講をオススメします。理由は一般英語コースの講師よりも英語力が格段に高く、教え方も上手だからです。

試験対策のためではなく、英語の総合力を伸ばすためにIELTSかTOEFLコースの講師から学びましょう。


点数保証コースを持つ学校は講師の質が高い

数は少ないですが、TOEICやIELTSコースの点数保証コースを受講できる学校があります。2カ月や3カ月このコースを受講すれば○○○点保証しますというコースです。目標点数に達しない場合は、それ以降の授業料は無料です。*受講条件あり

保証コースを提供する学校はそれだけ講師のレベルに自信を持っているからできるのです。学校を選ぶ上で、講師のレベルが高い学校かどうかを判断する良い指針になります。

フィリピン留学を成功させるためのポイントを8つご紹介しました!留学したいなー、海外と携わりたいなーと考えているあなた、ブルードでは年に1回海外へ視察にいくことができます。

希望者には留学体験も提供しています。日本人を世界へ出したい、自分が世界へ出てみたいというあなたのご応募お待ちしてます。

株式会社ブルードでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Anonymous
1e60fe7b 2411 4719 9d35 4033e900b9c9?1566108682
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
24993dc4 a239 4c29 adef 6ecf9e868ed2?1501343273
5 いいね!
Anonymous
Anonymous
1e60fe7b 2411 4719 9d35 4033e900b9c9?1566108682
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
24993dc4 a239 4c29 adef 6ecf9e868ed2?1501343273
5 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon