1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「重要なのは技術力だけじゃない」プロジェクトマネージャー渡辺さんのインタビュー

FRONTEOに入社された経緯について教えて下さい。

入社したのは2019年の7月です。前職ではセキュリティベンチャー企業で取締役(研究開発担当)という立場で働き、パズルキャプチャーというBOTを防ぐサービスを取り扱っていました。さまざまなBOTが日本国外から来るのですが、そうしたBOTをブロックしようというサービスです。例えば、チケットの販売システムでは、すぐにチケットを取得しようとするBOTが出てきて、販売し始めてすぐに売り切れてしまうような事が起こります。そうしたBOTをどのように防ぐのかを考え、一部AI機能を実装して対策をしていました。そのうち、セキュリティよりもAIの方に少しずつ興味が移り、色んなAI企業を調べ始めました。その中でAIが裁判の証拠書類を見つけるUBIC(FRONTEOの前身)という会社のビジネスの着眼点に関心を持ち、入社面接を受けてみたいと思いました。実際に受けてみると、面接官の方から、ビジネスと技術をどう両立させていくかという点で、非常に鋭い質問がされた事が印象に残っています。AIビジネスを熟知している方がたくさんいらっしゃることに非常に興味を持ち、FRONTEOに入社したいと思いました。

UBICの時から受けてみたいと思っていたということは、かなり以前から興味があったんですか?

そうですね。裁判の証拠書類を見つけ出すAI技術を持っているという点の他に、海外ビジネスに進出していることに驚きました。中々、日本企業で、さらにはソフトウェアを開発している会社で、そのように海外進出している企業はそんなにたくさんありませんから。

現在の業務内容について教えて下さい。

2つあり、1つはAI BizDevOps Teamのマネージャーとしての役割。もう1つはプロジェクトの技術統括や、プロジェクトリーダーとして、システム開発やデータ解析などのプロジェクトをリードするといった役割を担っています。

具体的な案件を挙げると、KIBITの機能をAPIで提供するKIBIT-Connectによるシステムをお客様に提供しました。プロジェクトの概要は、稟議書のマッチングです。具体的には、お客さまではプロジェクトや案件をスタートさせる際、必ず稟議書を作成するのですが、過去に似た案件があれば、その時に作成した稟議書を参考にしたいという要望がありました。しかし、過去の案件が膨大なため、中々見つけたい稟議書に辿り着けないということでお困りになっていました。そこで提供できたのがKIBIT-Connectによる、過去の稟議書を効率的かつ効果的に探すことのできるシステムだったのですが、お客様に喜んでいただけた案件でした。

今後どのような業務に取り組んでいきたいですか

現在、音声データのモニタリングシステムに関わっています。これは営業スタッフと、お客さまの会話をモニターし、オーバーセールスなどコンプライアンス的に問題のあるやりとりがないかチェックするというシステムですが、このような技術への需要が最近高まっており引き合いが増えています。近年、このような音声データのモニタリングのように市場のニーズに応えるKIBITの活用というのを実現できているのですが、いかに、ニーズに対して効果的に製品を投入していくかという事に非常に興味があります。具体的には、システム自体を標準化したり、お客様の品質を高めるための施策を作ったり、そういった、効率的に色んな業種や企業の方に展開していくことに関わっていきたいと思っています。

AI BizDevOps Teamは少数精鋭という印象がありますが、どのような方が向いている、入社してほしいと思われますか

AI BizDeOps Teamでは、受託案件に関わることが多いです。その中で非常に重要だと思うのは、技術に長けているだけではなくて、お客様のニーズを捉えたり、ビジネス上のゴール設定を満たしたりすることです。ただ、それを実現するためには、物凄い技術力が必要な場合もあるので技術力もとても重要です。ただ、適しているエンジニアとしては、高い技術力も持ちながら、技術に拘りすぎず、ビジネスをいかに成功させるかを技術者として考えられる方。そのような柔軟性を持った思考のできる方に来ていただきたいなと思っています。

技術力というワードが出ましたが、具体的にどの分野の技術が必要になりますか

機械学習の知識が必要になります。KIBITを用いた案件解決が中心となりますが、場合によっては、お客様の課題に合わせて最適なアルゴリズムを選定する必要があります。その時に、どのようなアルゴリズムを適用すればいいかの知識がなければ、構築することが出来ません。機械学習の知識を存分に生かせる仕事だと思いますし、技術力に自信のある方は大歓迎です。機械学習で現実の問題を解決したい、そんな思いに溢れる方と一緒に仕事がしたいです。

株式会社FRONTEOでは一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング