1
/
5

Wantedlyは、290万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

異業種スタートアップへの初めての転職。2児の父として、営業・新規事業立ち上げのプロとして採用面談で確かめたこととは?〜セールスマネージャー・上井伸介のTRUSTDOCK転職インタビュー(前編)〜

TRUSTDOCKに2人目のセールスとして上井伸介が入社しました。

上井は大手総合人材企業で営業、事業開発、企画と幅広い業務の経験があります。一方でTRUSTDOCKへの転職が初めての転職かつ、異業種への転職となります。7月に第二子が産まれたばかりということもあり、ご家族の理解も得る必要があったはずです。

初めてかつ異業種への転職、プライベートで大きな出来事がある中でのスタートアップへの転職をどのように考え、決断したのでしょうか。

上井の転職インタビューを通じて、スタートアップ転職・面接の空気をお伝えします。


            株式会社TRUSTDOCK セールスマネージャー 上井 伸介

株式会社インテリジェンス(現パーソルキャリア株式会社)に新卒入社。人材派遣の営業職として、中小〜大手クライアント向け提案営業、官公庁営業に従事し、新規開拓・既存顧客への実績を拡大する。その後、新サービス立ち上げの経験を活かして、営業企画職になる。全営業が使用する営業資料の作成・提案支援・法人向けメルマガ・業務効率化・社内行事事務局・ 新表彰制度を導入した。

事業統合に伴いテンプスタッフ株式会社(現パーソルテンプスタ ッフ株式会社)に転籍し、副業系新規事業の立ち上げ・新規事業創出支援プログラム運営に携わる。営業、企画、新規事業の立ち上げの経験を全社に還元すべく、業務改革推進部門に異動。営業の生産性向上・オペレーション業務構築の企画職を経験。

2020年5月にTRUSTDOCKに転職し、現在はセールス担当としてクライアントへの提案営業、営業戦略の策定、営業組織の仕組みづくりに従事している。


初めての転職。子どもも産まれる。でも、「前職の経験が活かせる」し「やってみる」スタンスが決断させてくれた

――上井さんは初めての転職ですよね。どういった点を重視しましたか?異業種かつ子どもがまさに産まれるというタイミングであり、いろいろ考えることが多かったのではと思います。

上井:まさに色々と悩みました。「アーリーステージのスタートアップ企業であること」、「革新的なサービスを展開していること」、「社会課題に挑戦していること」、「家庭との両立ができること」を考えていました。

――たくさんありますね(笑)。

上井:数えると分かりますね(笑)。こう考えると迷いも生じるのですが、私は「やらないで後悔するならやろう。やってから後悔した方が心残りはない」というスタンスが一貫しているので、転職を決断できました。

――「転職しても結果を出せる」、「家庭と両立できる」と考えられたのでしょうか?

上井:そうですね。「転職しても結果を出せる」点だと、前職の経験が活かせると思ったんです。私は人材派遣の営業としてキャリアをスタートさせました。この営業で大切な点は「顧客と長い時間を掛けて信頼関係を構築すること」や、「より顧客を深堀りして潜在的なニーズを顕在化させること」です。これはTRUSTDOCKのセールスが大切にしている点と一致するんです。

――出身業界とTRUSTDOCKの業界が違っても、共通する点があったのですね。

上井:そうです。お客様にいかに寄り添い、ただの下請けベンダーではなくお客様と一緒に並走できる存在になることは、きっとどの業界でも大切なことなんじゃないでしょうか。

――TRUSTDOCKが展開している本人確認市場では、たくさんの法規制が存在しますよね。そういった法律知識への不安はありましたか?

上井:犯罪収益移転防止法や携帯電話不正利用防止法、古物営業法などお客様の業界の数だけ法規制がありますよね。こういった法律へのキャッチアップも活かせる点だと考えています。私は労働者派遣法の中でビジネスを展開していて、改正法案を勉強したり派遣元責任者講習を受けたりしていました。常に最新の法律情報をインプットしビジネスに落とし込んでいく。これはTRUSTDOCKでも活かせる経験です。

――上井さんは前職の経験の中で、TRUSTDOCKに活かせる経験があることを分かっていたんですね。

上井:人材派遣業界でも本人確認は行うので、重要性と工数負担が高いことは理解をしていましたしね。TRUSTDOCKのプロダクトが社会から求められていることや、世の中に広まるイメージはすぐに持てました。


第一印象で「どっしりと芯があり骨太なプロダクトの会社」とそれを「支えるひと」を感じられた

――「TRUSTDOCKの重要性、広まるイメージがすぐに持てた」とのことですが、TRUSTDOCKを最初に知ったのは何がきっかけでしょうか?

上井:出資いただいてるCoral Capitalが2020年2月に開催したキャリアイベントの『Startup Aquarium』でTRUSTDOCKを知りました。そのイベントでCOOの菊池が面談のお声がけをしてくれたことがきっかけです。

――第一印象はいかがでしたか?

上井:「どっしりと芯があり骨太なプロダクトの会社」ですね。ビジョンにも惹かれました。『お財布に身分証が入らない、デジタルアイデンティティの世界』という構想にも夢がありますよね。これだけ●●Payが流行って現金をお財布で持つ必要もなくなっているので、身分証もお財布からなくなるのも自然な流れであるはずです。

――イベントでTRUSTDOCKを知ってから、すぐに「面接に行こう」と決めたのでしょうか?

上井:その場で「面接に行って、この会社のCEOと話したい」と思いましたね。これにはセールスマネージャーの高橋と会話できたことも大きいです。営業の具体的な進め方や今後どうしていきたいか、会社の環境はどうかなどをフランクに話してくれたんです。

――高橋さんも育休を取ったりと、上井さんと境遇が近いかもしれませんね。

上井:面接前には育休記事も読みましたよ。育休を自分と自分の家族のためでなく、スタートアップの成長にもつなげている点が印象的でした。

――上井さんは「仕事と家庭の両立」も、転職するか否かの大事な基準ですしね。

上井:そうなんです。メンバーと話すことでソフト面が充実していることも、リモートワークもフレックス勤務も可能な働き方があることでハード面が整っていることもわかりました。家族にも安心して転職することを伝えられる材料になりましたね。


上井:自分から「面接に行きたい」と思ったのですが、カジュアル面談がいきなり代表の千葉が出てきたんです。これには驚きました(笑)。

――緊張しますね(笑)。

上井:緊張するかなと思ったのですが、アイスブレイクでとても親近感が湧くものだったんです。一言目に「私には二人の子どもがいます」でしたから(笑)。

面接ではTRUSTDOCKのサービス・事業内容の説明が多く、HPを読むだけでは理解できない部分まで理解することができました。他社面接と異なり、サービス・事業紹介にかなりの時間を割いてくれましたね。

――一見すると複雑なサービスにも見える部分がありますよね。

上井:逆に「なぜTRUSTDOCKを志望したのですか?」というように質問されることが少なかったので、「自分からアピールしないとまずいのでは」と焦っていたくらいです。それくらい「見られている」というよりも、「お互いが相性を確かめている」印象を持ちました。

――質問は少ないとのことですが、印象に残っているやり取りはありますか?

上井:COOの菊池から「上井さんならどういう手法でこのサービスを売りますか?営業の仕組みをどうつくっていきますか?」といった当事者意識を評価してくれる質問が印象に残っています。私自身、ひとりのセールスとしてだけでなく、企画職の経験を活かして営業の戦略策定や仕組みづくりにも携わりたいと思っていたので、「求められていることとしたいことが一致している」と思えました。

――前職の経験が存分に活かせそうですね。

上井:今までの営業経験を活かしながら、これからのTRUSTDOCKの形を試行錯誤してつくっていけると思うと嬉しいですね。
とんとん拍子に見える面接ですが、実はエピソードがありまして・・・実は面接が終わって次の日に合否の連絡が来たときに「今日の夜空いていますか?最終面接をしましょう」と連絡があったんです。「これがスタートアップのスピード感なのか」と驚きました。

――「試されているのでは?」と思いませんでしたか?

上井:少し思いました(笑)。でも、「これで行かないで後悔するよりは行こう」と決心し、心の準備ができないまま最終面接に臨みました。結果としては試しているわけではなく、TRUSTDOCKも早く私にジョインしてもらいたかったようです。その気持ちに応えられて安心しました。

キャリアだけでなく、ライフも充実させる。音楽活動はやめられない

――ここまで上井さんの転職の話をお伺いしてきました。ちょっと小耳に挟んだのですが、上井さんは何やら「ミュージシャンである」そうですね。

上井:その話、しちゃっていいんですね(笑)。実はハードコアというアンダーグラウンドなジャンルのバンドを組んでいます。私の担当はボーカリストですよ。

――お写真などあるのでしょうか?

上井:出していいのかな(笑)。はい、どうぞ。これはライブハウスのワンシーンですね。コロナよりずっと前の写真です。懐かしいですね。


――躍動感がすごい・・・!プロフィール写真の白シャツからは想像できないですね(笑)。

上井:子どもが産まれるまでは毎週のようにライブに遊びに行ったり、ライブをしたりしていましたしね(笑)。最近はあまり活動できていないんですよね。

――TRUSTDOCKのメンバーもライブに招待したいですね

上井:音楽性が一致するかなぁ(笑)。でも、マイペースに活動していきたいですね。ハードコアという音楽が大好き(自称マニア)なんです。今でもCDを漁ってバンドTシャツを買って、部屋が狭くなる一方ですね。これは子どもが産まれても変わりません。TRUSTDOCKはキャリアプランだけでなくライフプランも大切にする会社なので、私も音楽活動でライフも充実させます!

アライアンス担当も募集しています!

パートナーアライアンス担当募集
提携を通じパートナー企業を巻き込み、事業を加速させるアライアンス担当募集
TRUSTDOCK(トラストドック)は、KYC・本人確認の専業会社として、本人確認専用のAPI群や身分証アプリ等、本人確認に関連する様々なソリューションを提供しています。KYCとは「Know Your Customer(顧客確認)」の略で、マネーロンダリングなどを防止するために、銀行や証券、送金など、様々な口座開設時に顧客確認する業務全般を指します。 法律に準拠しつつ、現在の環境要件で一番エレガントなソリューションを提供することを信条とし、犯罪収益移転防止法をはじめ、割賦販売法、古物営業法、携帯電話不正防止利用法、出会系サイト規制法など、様々な法律に対応できるKYCの社会インフラを構築しています。 顧客企業は、TRUSTDOCKのプロダクトと連携することで、24時間365日、KYC・本人確認に関連する業務をアウトソーシングすることが可能です。 TRUSTDOCKは、デジタル化していく社会において、あらゆる取引時のKYCを担保するデジタルアイデンティティのインフラ基盤を構築しています。自社や顧客企業のみの便益を超えて、社会全体をデジタル化するという視点で、真摯にものづくりを行っています。 ■あらゆる業種業態で求められるKYC業務を順次API化 KYC業務は身分証での本人確認以外にも、様々な確認業務を行っています。私達は、それらの業務プロセスをクラウドサービス化したAPIやアプリを開発し続けています。 ■スタートアップから大企業まで、様々な業種業態で利用されるプロダクト 私達は、新進気鋭のスタートアップから、大企業や上場企業の新規事業まで、国内外を問わず、エンジニアに選ばれるAPIやプロダクトを開発することを信条にしています。 ■社会が認める事業性と社会貢献性 FinTechやInsurtechはもちろん、CtoCのシェアリングエコノミー等、幅広い業界で利用されているサービスです。デジタルアイデンティティの社会インフラ構築を目指す専業会社として、様々なイベントでその事業性を評価して頂き、各種アワードを受賞しています。 ▼金融イノベーションビジネスカンファレンス「FIBC 2019」ダブル受賞 ・オーディエンス賞 受賞 ・QUICK賞 受賞 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000028.000033766.html ▼日経&金融庁主催「FIN/SUM x REG/SUM 2018」ダブル受賞 ・NTTデータ賞 受賞 ・野村ホールディングス賞 受賞 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000033766.html ▼富士通アクセラレータプログラム第6期ピッチコンテスト ・優秀賞 受賞 https://eiicon.net/articles/530
株式会社TRUSTDOCK


編集後記

最後にはライブ写真が飛び出しましたが・・・!2人目のセールスの上井の転職インタビューをお届けしました。

初めての転職、子どもが産まれる節目にある中でTRUSTDOCKを選んだ上井。思い切った決断をした背景には、一貫した「後悔は絶対にしないスタンス」やこれまでの経験への自信、TRUSTDOCKの事業とひとへの共感があったようです。

後編インタビューでは「TRUSTDOCKでつくりたい営業チームの文化」やこれからチャレンジしていきたいことなどを聴きます。ひとりのセールスとしてだけでなく、経営や事業運営のキャリアプランを描いている上井の考えをさらに深掘りします。

【セールスメンバーインタビューはこちら】


◆「マーケット自体をつくりだす」存在をスタートアップと呼ぶ。セールス人材が転職前に知るべき2つの視点〜TRUSTDOCK セールスマネージャー・高橋 幸司の転職ケース〜
https://www.wantedly.com/companies/trustdock/post_articles/206772

◆「とりあえず会いましょう」営業は通用しない。顧客は「プロとしての意見」を求めている
https://www.wantedly.com/companies/trustdock/post_articles/209924

◆スタートアップで男性社員が育休したらどうなる?育休体験をレポートします〜転職して8ヶ月目で育休を取得。セールスマネージャー・高橋幸司の育休インタビュー〜
https://www.wantedly.com/companies/trustdock/post_articles/230048


◆男性社員の育休は、スタートアップが持続的に成長するきっかけだ〜転職して8ヶ月目で育休を取得。セールスマネージャー・高橋幸司の育休インタビュー〜
https://www.wantedly.com/companies/trustdock/post_articles/230052


【CEO千葉のインタビューはこちら】


◆「おサイフに身分証がいらない、デジタルアイデンティティの世界」をテクノロジーの力で実現する~株式会社TRUSTDOCK・CEO千葉が描く未来~(前編/事業領域編)
https://www.wantedly.com/companies/trustdock/post_articles/169473?source=related_posts

◆「おサイフに身分証がいらない、デジタルアイデンティティの世界」をテクノロジーの力で実現する~株式会社TRUSTDOCK・CEO千葉が描く未来~(後編/人・組織・採用編)
https://www.wantedly.com/companies/trustdock/post_articles/171404

◆画面の前のひとは本人なのか?〜オンライン取引・手続き、リモートワークの増加によって 「本人性の担保」はどの企業にとっても解決するべき課題になった〜 TRUSTDOCK CEO千葉孝浩ショートインタビュー
https://www.wantedly.com/companies/trustdock/post_articles/224936

◆「ピッチは優勝しなくても価値がある」。TRUSTDOCKのCEO千葉が語る「サービス成長にその場で繋げる」ピッチ戦略とは
https://www.wantedly.com/companies/trustdock/post_articles/182346


【ボードメンバーインタビューはこちら】


◆プロダクトマネージャーの最大の役割は「何をつくるか」〜プロダクトオーナー 、事業責任者へとキャリアップしていく経験、環境とは何か〜
https://www.wantedly.com/companies/trustdock/post_articles/206829

◆法律・政策のプロと「デジタル前提社会」をつくりたい〜TRUSTDOCKのCEO千葉と取締役・肥後が考えるGR(Goverment Relations)の役割とは〜
https://www.wantedly.com/companies/trustdock/post_articles/266465

◆チームで決めて、納得感のあるプロダクトを作る~TRUSTDOCKのチーム文化~

https://www.wantedly.com/companies/trustdock/post_articles/175303?source=related_posts

株式会社TRUSTDOCKでは一緒に働く仲間を募集しています
11 いいね!
11 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう