1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

業界未経験・求人なしでも入社した背景には、貢献意欲とビジョンへの「体験を通じた」共感がある〜CS、オペレーション担当・古山拓のTRUSTDOCK転職インタビュー(前編)〜

TRUSTDOCKにCS(カスタマーサクセス)担当の古山拓がジョインしました。古山は化粧品通販会社や、チャットボットのスタートアップで五人目の社員としてCS業務に従事していた人物です。

実は、古山がTRUSTDOCKを知ったときには、CSの募集は出していませんでした。しかも、本人にもフィンテックやレグテックの業界経験はありません。それでもいま、TRUSTDOCKのメンバーである理由はどこにあるのでしょうか。

スタートアップ企業のメンバーに求められる「成長意欲」と「行動力」が浮かび上がる話になりました。

2015年に化粧品通販会社に入社し、約2年間CSと電話対応やメール対応など行う。業務効率化できないかと調べていたところ、チャットボットの存在を知って興味を持ちIT業界・スタートアップ未経験ながらも5番目の社員としてhachidoriへjoin。IS・CS・バックオフィスの一次対応・CSの立ち上げなど幅広い業務を経験。スタートアップのスピード感がとても面白く、スタートアップに興味を持つ。自社でTRUSTDOCKを使用していたことを知り、調べていたところTRUSTDOCKのミッションに共感し2020年4月に入社。業務はCS・オペレーション周りを担当。


CS担当としての成長を、メンバーやプロダクトの成長につなげたい

――古山さんは入社して2ヶ月が経ちました。いまはどういったお仕事をされていますか?

古山:TRUSTDOCKのCS(カスタマーサクセス)担当として、運用設計書の作成や更新、オペレーターから上がってきた保留案件の対応を行なっています。

――関わるひとが多そうですね。

古山:そうですね。社内でいうとCOOの菊池やセールスマネージャーの高橋、社外だとパートナー企業の方やクライアント企業の方と接しています。今の目標だと、菊池が持っている仕事を早く引き継いで、COOとしての仕事に専念できる環境をつくりたいですね。

――「自分の能力を伸ばす」だけでなく、「メンバーの能力を引き出すこと」を考えているんですね。

古山:その二つはつながっていますからね。自分が成長することでメンバーが自分のすべき仕事に集中できて、その先にプロダクトや会社の成長がある。そんなことを考えています。

――セールスの高橋と近い考えですね。

古山:あ、そうなんですね!インタビューで読んだことあるかも。

――これですね。『「一人のセールス」を超えて「No.2」としてTRUSTDOCKの経営を支えたい』と話しています。


古山:高橋とは入社前から思い出があるんですよ。最終面接の時間の少し前にオフィスに着いて待っていると、帰宅する高橋と会いました。とても緊張していると正直に話したら「大丈夫、自信を持って」と励ましてくれました。

――背中を押してくれたんですね。

古山:そうなんです。今まで転職を2回して、その過程ではスタートアップから大企業までたくさんの会社の面接をしてきましたが、初めての経験でした。自然と「誰かに貢献する姿勢を持ったひとが集める会社なのかもしれない」と思いました。私も早く貢献する立場に成長したいですね。


募集はなかったけど、入社した。ビジョンと自分の体験がリンクしたので、気がついたら動いていた

――最終面接前に高橋の声かけで社風を感じたりしたようですが、TRUSTDOCKを最初に知ったきっかけは何だったのでしょうか?

古山:前職の会社でTRUSTDOCKを使っていたので、「どんな会社なのかな」と調べたことがきっかけです。知ってから実際にTRUSTDOCKを体験してみました。いまもTRUSTDOCKのクライアントである競輪くじやオートレース車券の購入サイトの「チャリロト」に登録しました。

――前職のときから既に知っていたんですね。高橋と近いケースです。

古山:よく登場しますね(笑)。

――ご縁があったということですね(笑)。TRUSTDOCKを使用してみていかがでしたか?

古山:最初のTRUSTDOCKの使用経験は、期限が切れたパスポートをアップロードしたことでした。そしたらすぐに否認理由が記載されたメール届いたんです。「本人確認作業をこんなに早くできるなんて!」と驚きましたね。

――取引先だけでなく、ユーザーとしてもTRUSTDOCKを知ってからは、すぐに「面接に行こう」と思えたのでしょうか?

古山:「面白いプロダクトだな」、「詳しく聞いてみたい」と思い、すぐにwantedlyで探しました。でも募集要綱を確認したところ、自分の経験では応募が出来ないものばかりでした。CS求人がなかったんですよ。

――求人がないのに、なぜ入社できたのでしょうか?

古山:ダメもとで「話を聞きたい」を押しました。Wantedlyの機能に救われて、いまここにいます(笑)。

――自分に合う募集がなくても行動するほど、TRUSTDOCKに興味を持てたんですね。

古山:ビジョンの「財布から身分証をなくす」が、自分の体験とリンクしたからだと思います。私は運転免許証を持っていないので、身分証提出の際はパスポートを提出していました。だから「旅行しないのにパスポートを持ち歩いているのはなぜだろう」、「万が一パスポートを無くしたときに、身分を証明できるものが無くなってしまう」という疑問や不安を抱えていたんです。

――財布から身分証がなくなれば、その疑問や不安は解消されますね。

古山:まさにそうなんです。CEOの千葉のストーリーを読んでいたときに、「自分の長年の疑問や不安を解消してくれるプロダクトがあるなんて思わなかった。一緒に広めたい」と強く思いました。

――きっとこのページですね。

古山:どんどん見つけてきますね(笑)。

本人確認はあらゆる業界のサービスで必要となるものですし、CSはビジョンを直接肌で感じられるポジションです。TRUSTDOCKは、そんな業界横断の本人確認市場を牽引する存在でい続けたいですね。

編集後記

業界未経験で飛び込んだ古山は、自分の成長がメンバーやプロダクトの成長に貢献できると考えていることがわかりました。また、「募集がないけど行動した」理由には、体験を通じたビジョンへの共感があったようです。

貢献意欲とビジョンへの共感は、お客様と直接向き合うことの多いCS担当として、最適な資質かもしれませんね。

次回は古山の目から見たTRUSTDOCKの選考をお伝えします。スタートアップ企業の選考を知る材料にしていただければと思います。

【CEO千葉のインタビューはこちら】


【TRUSTDOCKのメンバーインタビューはこちら】





TRUSTDOCKはプロダクトファーストな考えが根付く少数精鋭チーム~女性エンジニアから見た社内は「プロダクトの成長」に時間を割いていた~ | 株式会社TRUSTDOCK
日本で唯一の本人確認やKYCの専業会社である弊社TRUSTDOCK(トラストドック)は、プロダクトの品質が要です。法律や金融だけでなく、セキュリティの面も考慮したプロダクト開発が必須です。この技術力を担っているのがエンジニアチームになります。今回はエンジニアの中でも入社3年目の女性エンジニア坪井有花の話をお届けします。内容は入社の経緯やTRUSTDOCKの開発環境や働き方、共に働きたい人物像...
https://www.wantedly.com/companies/trustdock/post_articles/171710


株式会社TRUSTDOCKでは一緒に働く仲間を募集しています
8 いいね!
8 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう