1
/
5

Wantedlyは、290万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

常にマルチタスクだから、”変化を楽しむ”ことが大事。ベンチャー企業のバックオフィスで働くということ

こんにちは。

"toridori"のメンバーに会社や仕事について”色とりどり”に話してもらうインタビューをお届けします。

第10回は、バックオフィスを担当する管理部の杉本を取材しました!


ー今の業務は何ですか?

私は管理部のメンバーとして総務や経理、労務、情報システム、営業事務、庶務など主に会社の事務的なことを担当しています。具体的には請求書の作成や各種支払い関係、資料や契約書作成など細かい仕事が多いですね。分かりやすくまとめると、「社内のお金と人に関わるあらゆる仕事」をしています。

これまでのキャリアを教えてください!

もともと文章を書いたりモノを作ることが好きで、大学時代は新聞を作ったこともあります。大学卒業後は新卒で専門書を扱う出版社へ入り、総務部に配属されました。そこでは総務として社内報やインタビュー記事の作成の他、雑誌の編集から営業まで色々なことをやらせてもらえました。

出版社退職後は商業施設でコンシェルジュとして1年勤務し、それから個人向けのコンサル営業職として働き始めました。テレアポもしましたし、毎週のように出張へ行っていました。頑張りが評価され、入社3ヶ月でサブマネージャーを任せてもらえたのですが、当時はプレイヤーでいられることが楽しかったですね。

営業職になり2年が過ぎた頃、ルーティンワークに飽きてきたこともあり、転職を考え始めました。そんな時、コラボテクノロジー(現トリドリ)に誘われ、入社することにしました。

toridoriの事業も人も好き。

私がtoridoriに入ろうと思った理由は2つあります。

1つ目は『toridori ad』のような成果報酬型広告システムに魅力を感じたからです。

元々、前職でも成果型報酬広告に関わっていて興味があったので入社を決めました。入社後、サービスについて社長(弊社代表・中山)の話を聞く機会が何度もあって、その度に凄く共感したんですよね。まさに”言葉が胸に刺さった”という感じでした。インフルエンサーマーケティング自体にも関心があったので、2年前にローンチした『toridori marketing』『toridori base』も価値のある事業だと思っています。

2つ目は人です。toridoriのメンバーはみんな楽しそうに仕事をしている気がしたんですね。

あとはインフルエンサー出身の人や大手出身の人など、バックボーンは様々ですが、優秀なメンバーが多いのも魅力でした。

そして、みんな親切なんですよね。前職まではアナログな仕事が多かったため、入社当時パソコンをまともに触ったことがなかった私に、周りのメンバーが丁寧に教えてくれました。

楽しそうに働く、優秀で優しいメンバーたちに囲まれて仕事をできる会社はそうないと思ったんです。

会社の成長にダイレクトに関わることができる仕事

今の業務のやりがいは、管理部のメンバーとして、会社の成長に浅い所から深い所まで、ダイレクトに関わることが出来ることです。お金の面でいうと1円から、何十億円まで管理しています。

最近は沢山ある業務はパズルみたいだなと思います、一つ一つはこつこつとした作業ですが、全てがパチっとハマった瞬間大きな仕事を成し遂げている気持ちよさがある、みたいな。あとは、マニュアルがない業務も多いので、シミュレーションゲームみたいな面もありますね。

会社は設立して4年目ですが、人数も5倍近くになって、環境も業務も常に変化していく。そんな点が面白いと感じています。

ー今後の目標は?

toridoriはまだ若い会社なので、管理面が混沌としてしまっている部分があるのが事実です。だから、そういった管理面を整理してスッキリさせて、誰もがわかりやすいバックオフィス体制を作ることが今の目標です。積極的にシステムも有効活用しながら、費用面だけではなく時間的なコストも削減していきたいと思っています。

また、今年は管理部にも新メンバーも続々増えて、今後はチームとしての動き方も学んでいかなくてはいけないなと感じています。

管理部は、実は飽きっぽい人が向いている?!

トリドリは、”変化についていけること”が前提の人が活躍できる会社だと思います。会社は今、成長段階にあって、方向性、ルールも日々変わっていきます。そんな中で、会社のバリューである「ジブンを更新しよう。」が大事になってくる。変化に対して柔軟に対応していった方がどんどん吸収できるし、新しいことも分からないことも楽しめる人に是非来て欲しいですね。

管理部でいうと、良い意味で飽きっぽい人の方が向いている気がします。とにかく常にマルチタスクで業務の種類が多く、想像力が必要な場面もあるので、臨機応変に色々な仕事を楽しめる人が良いのかな。とにかく、何事もやってみないと分からないから、「まずは何でもやってみよう!」と思える人と一緒に働きたいです。

やる気や興味さえあれば、誰でも楽しく働ける

これまでの社員インタビューを見てもらうと分かるのですが、toridoriはとにかく色んなタイプのメンバーが集まっています。やる気や興味さえあれば、どんな方でも楽しく働ける会社だと思います。役員陣は面倒見が良いし、メンバー同士も同世代なので、プライベートでも仲が良いです。特にSNSマーケティング事業を行っているので、トレンドにキャッチーだし、感性が若いですね。でも仕事は仕事で活躍する。そんな、「実はバランスの取れた人たち」が多いです。

ーtoridoriという企業のどんな点が『色とりどり』だと思いますか?

人ってもともと個性を持っていますが、会社がそれを寛容に認めている場所というのはまだまだ少ないんじゃないかな。そんな中で、toridoriは懐が深い会社だなと思います。

所属して活動しているインフルエンサーも、そんなインフルエンサーをサポートする社内のメンバーも、多種多様。そんな人たちが集まって、楽しく働いている感じが”色とりどり”ですね。

私たちは「個の時代」の、担い手に。をミッションに掲げ、さらには社会を代表する存在へと進化することを目指しています。そんな私たちの展望やカルチャーに共感し、実現に向けて共に挑戦する仲間を募集しています。

社員一同、"toridori"なみなさんをお待ちしております!

株式会社トリドリでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう