Wantedlyは、240万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

会社を陰で支えるお母さん的総務『アットホーム感がすごい』【ロックスタ社員インタビュー#7】

こんにちは!ロックスタ株式会社で長期インターンをしている渡邊航良です。

「事業拡大に向け採用強化中のロックスタメンバーを丸裸にしていこう!」という企画第7弾として、通販事業部の伊藤美佳さんにインタビューしていきます。

とてもアットホームな社風

渡邊:よろしくお願い致します。早速自己紹介をよろしくお願い致します。

伊藤:伊藤美佳です。総務部を担当させて頂いてます。

渡邊:美佳さんの入社経緯や入社を決めた理由を教えてください!

伊藤:私は保険の営業をずっとやっていたのですが、この職業は10年後になくなる職業と言われているし、WEB業界にはずっと興味がありました。

入社の決め手は常務の紹介と、一度オフィスへ訪れた時に社長がすごく感じのいい方で、その日に「よければウチで」という話をしてくださったのが決め手ですね(笑)

もともと常務とは高校の同級生で仲が良かったので、良いタイミングで誘ってくれたと思います。

渡邊:その日ってすごいですね(笑)スピード感!実際に入社してどうでしたか?

伊藤:いいなって思うのは、前の会社に比べてアットホーム感がすごい!あと年齢が近いので相談とかもしやすいですし、頭が硬くて困るということもありませんでした。

渡邊:ほんと若いですよね!(大学生の私は最年少。笑)若くて自由な印象を受けます。

伊藤:自由でいうとフレックスタイム!フレックスタイムが導入されて、1番助かったのは私だと思う(笑)

総務部は日によって忙しさが全然違います。月末などは特に忙しいのでそこで時間をズラして働けるのは本当に有難いなって思います。役所などは時間が決まってるので。



渡邊:なるほど。社外と関係がある分、時間の使い方が他の社員と違いますもんね。

伊藤:そう。だから自由に休憩や出社ができるのが、ほんとに有難いです。

渡邊:そんな美佳さんからみてうちの会社に向いてるなって人はどんな人ですか?

伊藤:優先順位をつけて動ける人かな。特に総務部の業務は、入り込んでくる仕事をいかにうまく捌けるかが重要になってくるので、効率よく動ける人がいいかなって思います。

どの順番でやればいいのかってのを、常に考えれる人が向いているはずです。

逆にいうとそれができない人は大変な思いをするかもしれません。

あとは自分で試して学ぶ人かな。会社に入ってもちろん基礎的な部分は教えてもらえるけど、一番大きいのは自分で考えた施策を打ってその結果を実際に肌で感じることができる事。

これを理解して取り組んでいる人は伸びるスピードが違いますね。まとめると「主体性がある人」かな。

そういう人達と働きたいです。

渡邊:ほんとこれにつきますね。大切ですよね。美佳さんありがとうございました!

ロックスタ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう