1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

“個人で稼げる”高度IT人材の育成。プログラミングスクール「ZeroPlus」に迫る!

2020年には36.9万人、2030年には78.9万人不足すると言われている、日本のIT人材。その問題は年々深刻化しており、IT人材の需要は急速に高まっています。

そんな激動の時代、弊社が運営しているプログラミングスクール「ZeroPlus」も、年々生徒さんの数は増加しています!

「ZeroPlusって、他のスクールとは何が違うの?」
「実際の授業内容、雰囲気は?」
「卒業された学生さんはどんな活動をしているの?」

今回はそんな方々のお悩みや疑問を解消すべく、

ZeroPlusの塾長である広瀬順也さんに、実際の授業の進め方や雰囲気、卒業実績など…徹底的にインタビューしました!

広瀬さんに関する記事はこちら→https://www.wantedly.com/companies/tomap/post_articles/252376


ー今スクールとか増えてると思うんですけど、プログラミングスクール「ZeroPlus」ってどんなところなんですか?

「6カ月間でフリーランスになる」ことを目的に掲げています。大学生でも社会人でも卒業した方はフリーランスとして活躍されている方がとても多いです。この辺は、卒業生のインタビューとか見ていただけたらと思います。


卒業生のインタビュー記事はこちら↓

・プログラミングを学んで大学生でも「個人で稼ぐ」という経験ができた!【卒業生インタビュー①】
https://www.wantedly.com/companies/tomap/post_articles/205508
・ZeroPlusのおかげでプログラミング学習も、大学も、最高の結果になりました!【卒業生インタビュー②】
https://www.wantedly.com/companies/tomap/post_articles/205505


ーみなさんフリーランス志望で来られるんですね。

いえ、必ずしもそうではありません!就職が目的という方も、もちろんいらっしゃいます。新卒や転職でもIT大手なんかに内定頂いた報告が上がってきてますね。みんながフリーランスを目指すというより、将来の選択肢を広げるという意味で「フリーランスレベルのスキル」をつけましょうというところを売りにしているスクールです。

スクールのホームページはこちら→https://zero-plus.io/


ーなるほど。ちなみに生徒さんから受けがいいのってどんなところですか?

生徒さんからは、「人同士の距離が近い」という意見は多く頂きます。特に講師との距離が非常に近いですね。交流会とかでも接点を設けているので技術的な質問だけでなくて、講師にキャリアの相談もできます。僕とか代表とかに対しても、フランクに経営起業相談とかもできますね。そういう面でプログラミング以外のところも総合的に学べたりするってところも特徴としてあります。

加えて、現在は卒業後もサポートを継続してます。だから卒業生の案件の相談とかだったり、卒業生同士でのチームや起業されてる方の質問とかにも対応してます。結構幅広くサポートしていますね。



ー幅広いサポートを実現している講師の方、とても気になりますね。

弊社で採用している講師は、フリーランスとしてバリバリ活躍されている方たちなのでスキル面はもちろんあります。でも、それ以上に「教える」ことに優れてます。もちろん会社としても講師に対する教育にはとても気を遣っていて、集団授業の中でも一人ひとりにあった教育をするように心がけています。その生徒さんの学習進捗や、理解度など、毎回授業後のアンケートなどを通して把握し、単純に生徒さんに対する話し方から変化をつけています。生徒のためを第一に思って動いてくれる講師しかいないですし、質のいい講師がそろっています。


6カ月でフリーランスレベルのスキル?!そのカリキュラムとは

ーカリキュラムの具体的な内容を教えてください!

最初の1カ月半では、HTML・CSS・レスポンシブといったところを学んでいきます。次にJavaScript とjQueryを学んで最後にWordPress、デザインですね。Webデザイナーとして弊社が必要と考える「すべて」を6カ月で学べます。


ーWeb言語がカリキュラムの中心なんですね。

そうですね。フロント言語は初心者にとって触りやすいし、理解もしやすいんですよね。

あとは需要が高かったり、目に見える部分なのでイメージがしやすいので、興味の入り口になりやすいなと思っています。また他のスクールさんとは違う点として、デザインもカリキュラムの中に入っています。

それにカリキュラム以外の技術でも、講師が専門としている分野なら、他の言語でも全然お答えしますよ。実際にZeroPlusの勉強方法をそのまま活かして、在校中に並行してPythonやRuby、PHP、React.jsなどを学んだ方もいらっしゃいます。その学生さんの卒業制作は非常に見応えのあるものになっていました!



ー学びたい方はどんどん進められると!

そうですね。教育プログラムで学ぶのは当然ですが、それ以上に卒業後に、自分自身でどんどん進んでいく力を養うことを非常に重要視してます。勉強したプロセスを、自分で積極的に応用できるようにという教え方をしてますね。

なので、質問を受けたときに解決までの導き方とか、導く考え方を重要視して教えてます。あくまで最終的な解決は生徒さん自身でやっていただいて、経験を糧にして他のスキルを学ぶときに活かしていただきたいなってのは弊社の考えとしてあります。




ー素敵な方針ですね。生徒さん1人ひとりと向き合うイメージがとても強いですが、授業形態はマンツーマンですか?

授業形態は、集団コースと個別コースが2つあります。

ただ集団コースはといっても人数は限定しており、それぞれのクラスは10~20人です。メイン講師が授業を進行しつつ、何人かのサブ講師が授業中に質問がある人に即座に回答していくという、ムラのない集団授業を行ってます。集団コースでは授業日時が固定なので、社会人の方など、時間固定が難しい方には、オンラインの個別コースで対応させていただいてます。


ーなるほど。では個別コースではスクールに通わなくてもいいということですか?

はい、どちらでも大丈夫です。講師と時間を合わせて、カフェでマンツーマンとかもありますし、オンラインで画面共有しながらレクチャーとかもしています。個別コースは生徒さんに合わせてかなり柔軟に対応します!

例えばカリキュラムが予定より早く進み回数が余った方には、応用としてカリキュラム外の現場で使うスキルを講師から学ぶことも可能です。


ーやはり自主学習の時間とかも必要ですよね?

そうですね。前提として、毎日最低1.5時間は自主学習をしてくださいというカリキュラムにはしています。ただ社会人の方の中には難しいって方もいらっしゃるので、毎週1回の授業でなく2週間に1回の授業とかにできます。ある程度ペース配分はカスタマイズできるようにはしており、2週間に1回だとコース全体が1年間になります。


ー結構時間かけて学ぶ必要があるようですが、どんな方が多いですか?

大学生が6割、社会人が4割くらいにはなります。ただそれぞれのバックグラウンドなどに関わらず共通して熱意がありますね。「知っておきたい」というレベルの人よりも、「何かを成し遂げたい!」といった想いをもった人が非常に多いので、コミュニティとしての熱量はすごく高いですね。



ー長い間熱量をもって学ばれた卒業生の実績を教えていただけますか?

数字にするとフリーランス希望の方だと在学中に案件を取れる方が70%いらっしゃいます。特にフリーランスを目指されている方には、案件の取り方とかかかなり手厚くサポートさせていただいてます。営業やビジネス文書など、プログラマーである前にビジネスマンとしての基礎スキルも教えています。実際に案件を進める上での技術的な部分だけでなく、ディレクションやサーバーアップなどの部分もアドバイスをさせていただいています。全体的に、かなり案件取得率は高いと思います。

就職の面でいうと、大手IT企業から内定もらったり、全然関係ない銀行に就職したりという方もいらっしゃいます。かなり幅広い就活ができてるんじゃないかなと思います。


ー実際ZeroPlusに興味ができた後はどうすれば連絡とれますか?

弊社のHPの方からLINE@、メールからお問い合わせが可能になってます。


お問い合わせはこちら→https://zero-plus.io/

そしてご連絡いただいた後、見学やご面談をさせていただいてます。そこでキャリアプランなどをお聞きした上で最適なアドバイスをさせていただきます。スクールの事に限らず、自己分析とかも手伝ったりしますのでお気軽にご連絡ください!


ー最後に、プログラミングを学ぶことに迷っている人にメッセージお願いします。

プログラミングスクールの数は年々増加しており、選択肢が多すぎて選びづらいし、ちょっと強引な勧誘をするスクールさんもあるとは思うんですよ。

その中でもプログラミングスクールを選び、通うにあたって大事なことは主に2つと思っています。

1つ目は、目的に対して遠回りしないこと。自分がやりたいと思ったことは、後悔する前に取り掛かるのが一番です。

2つ目はやっぱり学習環境です。めちゃくちゃいいカリキュラムがあっても、継続して学習できなければ意味がないです。なので少なくとも継続して学習できる環境は選んだ方がいいと思います。あくまで「スクールは補足手段」って考えてる方が一番結果を残してます。

なので、スクールを利用して何かを成し遂げようという考えさえあれば、僕はどこでもいいかなと考えています。

その中でもうちは向上心の塊みたいな人にはうってつけのスクールだと思います。

ー細かいところまでお答えいただき、ありがとうございました!ZeroPlusの魅力が詰まっていましたね!

こちらこそありがとうございました!


ZeroPlusの授業や雰囲気を知りたい方はこちらよりご連絡ください!

全員に目が行き届く様に、各授業に人数制限を設定しております。説明会や面談のご予約はお早目にお願い致します!

無料説明会・面談のご相談はこちら→https://zero-plus.io/

株式会社TOMAPでは一緒に働く仲間を募集しています
11 いいね!
11 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう