1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

Tokyo Artisan Intelligence (TAI) は、エッジAIを活用した開発サービスを強みとしています。 「エッジAI」 とは、ディープラーニングなどを用いた AI アルゴリズムを、クラウドではなく端末側 (=エッジ) で実行する技術を指します。 TAI のエッジ AI ソリューションでは、高度な 「ニューラルネットワーク圧縮技術」 と 「ハードウェア実装技術」により、高度なAIタスクをリアルタイム、かつ、低消費電力で実現しました。 TAI では、深層学習に必要な、学習データの収集・教師データの作成・モデルの構築と学習・FPGA への実装・カメラやバッテリーを含むシステム全体の構築までを、シームレスに対応することが可能です。 お客様のニーズに合わせた軽量かつコンパクトなエッジ AI ソリューションをご提案します。 開発実績 ・実績:水産業 / ステレオカメラ会社との連携による物体検出+距離計測システム開発 ・開発中:産業機械 / 畜産業 ・その他:医療 / 自動運転 / 危険予知システム ・アノテーション実績:物体検出 / セグメンテーション 【株式会社シンコムからの事業譲渡について】 Tokyo Artisan Intelligence 株式会社は、AI 事業の強化およびサービス拡充のため、株式会社シンコム (https://synkom.co.jp) より AI 事業の譲渡を受ける方向で協議を進めております。事業譲渡の正式な時期については、ホームページ上でご報告させて頂きます。

なぜやるのか

【Services】 TAI は、今までの ICT 技術では実現が困難であった高度なタスクを AI として実現し、様々なシーンに導入することで、少子高齢化社会における人手不足、技術継承、安心・安全などにおける課題を解消し、人々がより豊かな生活を送ることが出来るように支援します。 【Research】 機械学習、そのサブセットである深層学習など、AI には様々な方法があり、これらを簡便に使いこなす設計法はまだ確立していない状況です。 更に AI を効率よく動かすプラットフォームまで考慮するとその組み合わせは非常に多く、AI の実現を困難にしています。 TAI は AI 設計を容易にし、マルチプラットフォームにシームレス実現できる設計技術を創出し、世の中に広めていきます。 【Education】 AI 技術に関するコンピュテーション技術は広い分野の知識と実践力が求められており、ソフトウェア、ハードウェア、機械学習、はもちろんのこと、新しい技術革新を起こすイノベーション力が必要になってきています。 TAI は産学官民連携を通じ、特に博士課程人材の育成によるエキスパートを送り出すことで、新コンピュテーション技術創出とその社会実装への貢献を目指します。

どうやっているのか

TAIは東京工業大学発のベンチャー企業として、「研究」、「育成」、「開発」を3つの柱としてビジネスを進めています。 最先端の研究成果をいかにして社会に実装していくかが弊社の開発における目標であり、また、育成を通して社会に貢献できる研究者や開発者を送り出すことを目指しています。 開発環境としてはGoogle Cloud Platform(GCP)やGitHubなどを積極的に活用し、エンジニアのスキルを存分に発揮できる環境が整っています。チャットやオンライン会議などによる業務の効率化も積極的に行っています。 社員は年齢や国籍を問わず、自分のアイデアや強みを発揮して活躍しています。