1
/
5

色々なバックグラウンドを持っている方々が活躍できる環境を。TMJの取締役・子会社の代表取締役・中国やフィリピンの支社役員を兼務する土屋さんにお話を伺いました!

皆さん、はじめまして!TMJ採用広報です。

第1回目のインタビューでは、当社で取締役 執行役員として活躍している土屋さんにお越しいただき、組織の体制や今後のビジョンについてお話をお伺いしました。

是非とも最後まで読んでいただけると嬉しいです!

<Profile>

土屋 美奈 Mina Tsuchiya
株式会社TMJ 取締役 執行役員
株式会社バイオス 代表取締役社長 ※株式会社TMJ子会社

土屋さんの今の役割について教えていただけますでしょうか。

土屋

私はTMJの取締役 執行役員をやっている傍ら、子会社の株式会社バイオスの代表取締役も兼任でやっています。
バイオスの会社情報 - Wantedly

TMJではグローバル事業において中国やフィリピンにも支社があるのですが、こちらの支社役員も兼務でやらせていただいております。

3つの事業役員を両立できている要因とは。

土屋

それぞれの会社、支社に事業推進メンバーがいるので、基本的に任せられるものは任せています。メリハリや優先順位をつけながら、自らが関与できるものは関与しているような状態ですね。

しかしながら、任せたものが全く見えなくなってしまうと怖いですので、月1回程度の1on1を通してコミュニケーションはしっかり担当役員の方たちととるようにはしています。

土屋さんの仕事に対する思いや理念があれば教えてください。

土屋

自分は25歳でこの業界に入っているのですが、まず前提としてTMJの仕事内容が大好きなんです。
最初は私自身も現場からスタートしていて、コールセンターや顧客設定、バックオフィス関連をやってきたのですが、電話のオペレーションだけでなくカスタマーサービス領域における全般の業務を幅広くやらせていただきました。

これって、全てお客様の接点における重要なポジションになってるんです。

クラウドからも信頼関係がないとお仕事を任せてもらえないですので、企業の顔として自分たちがサービスを提供していますし、昨今だとコロナの情勢もあってより私たちの業界の重要度は高まっています。

現場の連携を図って様々な企業の支えになっている実感もありますし、今や社会インフラの一部にもなっている。社会貢献度の高い仕事でもありますので、私はやりがいを感じながら仕事に向き合ってくることができてきました。

今の自分があるのも、TMJのおかげだと思っています。



ご自身が現場からスタートしているからこその想いについて。

土屋

原点としては中途入社の際にコールセンターのSV(スーパーバイザー)から入っており、結果が出てからマネジメントを任せてもらっていた背景にはなりますので、自分の中では現場の経験があるのはやはり大きいですよね。

今でも、自らの経験を活かした上で現場のメンバーとの接点も持っていますし、だからこそ彼らの意見を尊重しながら反映することができているんです。

TMJのいいところはどんなところでしょう?

土屋

CI(Corporate Identity)の浸透に対して、物凄く真剣に取り組んでいます。

――――――――――

└Creating Client Value
私たちの成果は、クライアントの価値として社会に還元されます。多彩な強みを持った人財が、たゆまぬ対話を重ね、切り出されたプロセスだけでなく、事業を理解したアプローチで創意と改善を続ける。TMJは、卓越した専門性でクライアントの価値を高め続けます。

with your style
普段の生活も仕事も、暮らしと密接につながっている。だから、共に働く仲間と暮らしやすい社会を目指します。私たちは誰もがいきいきと働けるように、多様なスタイルを尊重し、育み続けます。

――――――――――

ここが我々の根幹になっているところでもありますし、その上で大切にしているのが定期的な1on1の面談。役員の方で一貫となってメンターやコーチングをやっていて、コミュニケーションのスタイルとして会社全体で定着しています。

日々、現場で気づいていたことや困っているところなどを持ち寄り、“改善”に向けて現場の管理者やオペレーターが一緒になって思案してくれている。

Corporate Identityを意識した上での“改善”が、自分たちの代名詞にもなっていますね。

大規模な企業でもスピード感を持って成長できている要因。

土屋

トップダウンとボトムアップのバランスが良いところですかね。会社としても、社員のいい行動はピックアップするようにしていますし、全力で頑張っている人をサポートをするのがTMJの魅力。

現場の方でも、いいと思ったものをしっかり裾野を広げて活性させてくれています。総じて現場の力が強いですし、全メンバーがクライアントの事業を支えるために今よりも良くしていきたいという気持ちが心の底からあるんです。

マネージャー陣も働いてくれている従業員に対してしっかり還元していきたいというマインドベースがありますし、会社の風土として一つひとつのことに一致団結して誠実に取り組んでいこうという習慣がしっかり根付いているんです。

TMJとしての今後の展望について。

土屋

大切なものがバラバラにならずに、経営理念を核としながら良質なサービスを真摯に追及し続けていくことが重要です。世の中がこういう状況ですので、現状維持ではなく、我々としても常に新しいことに挑戦していかないといけない段階。

3年後、5年後と先を見据えて事業を拡大していこうというフェーズのクライアントを、しっかり根幹から支えるためには私たちも並走して成長していかないといけないんです。

各業界で、第一線で動いているクライアントとお付き合いしていく中で様々な学びもありますので、吸収できるものは吸収しつつ、業界としてもレベルアップに繋がるような事業展開をしていきたいですね。

今後、どういった方と一緒に働いていきたいと思われますか?

土屋

前述の通り、Corporate Identityにwith your styleというものを掲げています。

多様性あふれる人がどんどん活躍できる会社だと思っていますので、色々なバックグラウンドを持っている方々に来ていただきたいなと思っています。

今のBPOやSVの事業だけでなく、グローバル事業においても拡張していくフェーズではあるので、外国籍の方や語学を使いたいという人も歓迎しています。是非とも積極的にジョインしてください。女性のための福利厚生も揃えているので、そこは安心して飛び込んできていただきたいですね。

最後、求職者の方にメッセージをお願いします。

土屋

顧客設定の仕事は、クライアントの成長を自分の目で見て感じられますし、誇りを持って従事することができる仕事だと思っていますので、志高く挑戦していただきたいなと感じています。

まだまだ業界として伸ばしていきたいところでもあるので、全くの未経験でも構いません。OJTとして、しっかり研修制度を整えた上で教育にも力を入れていく予定ですのでご安心ください。

私自身も現場からスタートしていますし、マネージャーとしてキャリアアップを目指したい方も歓迎です。何かしらの目標を叶えたいという意欲的な方であればすごくやりがいを感じながら働いていただけることは間違いないかと思います。

皆さまのご応募を、心よりお待ちしております。


(株)TMJでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう