1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

#ワークライフバランスを感じる時~あるあるで見えるトライバルカルチャーvol.16~

こんにちは! 広報チーム新卒の幡谷です!
今週はHRチームの岩山さんに代わって、私が投稿を担当します~!

「Sympathy(シンパシ)」によってカンタンに見える化した、トライバルメディアハウスの「カルチャー」を発信する本企画!

第16弾は、#ワークライフバランスを感じる時です。

※Sympathyは、「会社あるある」で企業のカルチャーを可視化する、トライバル発のHR techです。

トライバルスタッフが「あるある!」と思わず同意したワークライフバランスを感じる時をピックアップしてご紹介します! 

①なんの気後れもなくフレックスが使える時!

トライバルではフレックスタイム制を導入しています。普段投稿してくださっている岩山さんも、お子さんがいてフレックス勤務をすることがあります。まだ新卒として入社して半年ほどですが、既にこの投稿には、あるあるとうなずいてしまいました。


②浮世離れ休暇を取得した人が元気に戻ってきたのを見た時

「浮世離れ休暇」は、勤続5年経過した社員が1ヵ月間の連続有給休暇を取得できる制度。浮世離れ休を取得したスタッフがリフレッシュして戻ってきた姿を見ると、新卒の私も頑張ろう! という気持ちになりますね!

トライバルの働き方や制度についてまとめたnoteがありますので、そちらもあわせてご覧ください!

トライバルのその他の「あるある」は下記からご覧いただけます!

次回以降も「トライバルあるある」でカルチャーをお伝えしていきますので、ご期待ください!

株式会社トライバルメディアハウスでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう