1
/
5

株式会社よむネコから株式会社Thirdverseに社名を変更しました。

こんにちは!Thirdverse採用担当です。

株式会社よむネコは、2020年6月13日付で株式会社よむネコから株式会社Thirdverseに社名変更したことをお知らせいたします。(当日に掲載した記事が削除されたため、再掲載いたしました)

新社名ロゴデザイン

社名の由来

Third place + Metaverse = Thirdverse

「サードプレイス」とは、アメリカの社会学者オルデンバーグ氏が提唱した、自宅(第1の場所)でもなく、職場や学校(第2の場所)でもない、自分の心が落ち着く「第3の居場所」という概念です。代表的な例としては、公園・カフェ・公共施設など、心落ち着く場所とは、個人によって様々なものがあります。しかし、そのほぼ全てが「現実世界」にあるものです。

近年、VR市場の拡大・技術発展により、バーチャル空間の中に自分の居場所を創り出すことが可能になりました。そして、株式会社よむネコは「最高に居心地がいいと感じられる空間の中で、複数ユーザーのインタラクション環境を作り出し、社会の発展に貢献すること」を会社のビジョンとしながらVRゲームの開発を続けてきました。

2019年にリリースしたVRマルチプレイ剣戟アクションゲーム『ソード・オブ・ガルガンチュア』においても、先日の大規模アップデートで「オンラインラウンジ」を追加し、バーチャル空間での居場所創造・コミュニケーションの促進を推進してきました。

そして今後、より強くバーチャル空間(Metaverse)における ”Third place” を創り続けていくという信念のもと、新たな社名を ”Thirdverse” としました。

株式会社Thirdverseは、VR時代における『新しい居場所』をバーチャル空間上に創造し続けます。

新体制について

写真左より、伴、國光、新

<新 清士コメント>
Thirdverse はよむネコの第二の創業です。よむネコ時代から目指しているVR世界で多くの人が、安心して楽しんでもらえる世界を作るという目標を、さらに加速するための会社名変更です。我々は、VRは誰もが普段に使うようになるものに、すぐに進化していくと考えています。そんな時代に、多くの方に当たり前に使っていただける未来世界を強力なメンバー達と創り出していきます。

<伴 哲コメント>
『バーチャル空間におけるサードプレイスの誕生』、これは近い未来に確実に起こります。この概念は、映画・アニメ・コミックなど、様々な表現物で語られてきましたが、いよいよ時代が追い付いてきました。VR市場の拡大・技術発展により実現可能な条件がそろってきました。あとは、誰が一番最初にそれを実現させるかの勝負です。我々は、Thirdverseへと社名を変え、新たな決意と新たな仲間たちとともに、新たなサードプレイスを創造します。

<國光 宏尚コメント>
「持って生まれた1つの外見と社会から求められる役割」に、縛られながら生きる人々が多い今の世の中。現実をすぐに変えることは難しくても、仮想空間上で自分好みの外見を持ち、思うままの性格で生きていくことができたら。そこはきっと「生きやすい世界」だと信じています。
昨今のコロナウイルスの影響もあり、人々の価値観・生き方は大きく変わりました。人と会う手段はリアルからバーチャルへ、「バーチャルファースト」の時代が来ます。そしてこの先、急激に伸びていくVR業界を牽引していくのがThirdverseだと思います。一緒に頑張ろう!

サードバース構想はこちら
https://note.com/hkunimitsu/n/n4cbdfa0f0bcf

株式会社Thirdverseでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう