This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

キャラも個性もなかった女性が、テテマーチでは”暴れ馬車馬”と呼ばれている件について

こんにちは!インターン生として活動している西本です。

今回は2018年2月からテテマーチにジョインした有賀さんに取材しました!

なんでも兄の真似

ーー学生時代のエピソードを聞かせてください。

ありさん:

高校選びも部活選びも、何の意志もなく兄の真似をしていました。大学受験も浪人するほどの熱意はなく、流れに身を任せていました。

ーーそのような環境から転機となったきっかけはありますか?

ありさん:

就職してからも自分が何に興味があるのかわからないまま3年が経っていて、「仕事忙しいけど楽しいと言っている人たちがうらやましい!」と思うようになりました。「頑張ってもなかなか超えられないような高い壁に毎日ぶち当たるような日々」へのあこがれがおさえられなくなった結果、「未経験でも新しいことにチャレンジできるチャンスがあって、忙しいけど、働く人達がみんな楽しそうにしている」という軸で転職先を探し、2社目に転職しました。

2社目では仕事をする上で大事なマインドが体に染み付き、甘えた根性をイチから叩き直してもらいました。仕事に本気で向き合うことの楽しさも知ることができ、初めて自分で「後悔したくないから飛び込んでみよう」と踏み出した一歩が身になった貴重な2年間でした。

テテマーチのゴールがガラ空き?!

ーー2社目を経て、3社目のテテマーチにジョインしたきっかけを教えてください。

ありさん:

2017年の秋「まだ整備されきっていないスタートアップにジョインし、整備大臣を担いたい」と思うようになり、最初に話を聞きに行ったのがテテマーチでした。テテマーチが最初だったのは、役員の大泉くんとフットサル仲間だったためです(笑)

役員の松重さんから「今テテマーチにはフォワードしかいなくて、ゴールがガラ空きなんだ、助けてくれ!」と守備担当を熱望してもらい、「私がゴールを守りまくって、他の社員が全力で攻めに徹することができる環境を作れたら」と思いました。また、話を聞いていると非常に整え甲斐のある環境であることがわかったので(笑)それ以降も何社か話をしましたが、テテマーチに戻ってきました。ゴールを守りに(笑)

やりがいしかない!テテマーチの暴れ馬車馬

ーー普段の仕事でやりがいを感じる時はどんな時ですか?

ありさん:

他の人がやっていないスキマ業務を見つけ出して実行し、周りの役に立てた瞬間です。

また、「一緒に働いている周りの人たちの役に立てたと感じる瞬間」もやりがいを感じます。最近では、営業チームが目標を追いやすいように仕組みを整えているのがとても楽しいです。

一緒に働く人たちに、自分が価値提供をする→それにより、一緒に働く人たちがバリューを最大限に発揮することができる→結果的に顧客にサービス価値を最大限に提供できている状態

というのが理想です。

「ありがとう」「助かった」という言葉をニンジンに、馬車馬のように働いています!!

自分らしさをさらけ出せる居心地の良さ

ーー最後に、テテマーチの魅力を教えてください。

ありさん:

魅力は3つあって、1つ目は「手をあげればなんでも挑戦させてもらえること

入社してまだ月日が経っていない私でも「こんなこと任せてもらえるんだ!こんな議論に参加できるんだ!」という気持ちが日々あります。プレッシャーもありますが、その分自分のインプットも加速するし、成長速度も上がっているのを感じます。

2つ目は「個性の強いメンバー×少数精鋭

まだ社員が10人程度の組織ですが、よくこんなにエッジの効いたメンバーが集まったなと毎日思っています。テテマーチで個性豊かなメンバーが個人の名前を轟かせている様子を見て、私も初めて「自分の名を売りたい」という気持ちが生まれました。

3つ目は「自分をさらけ出せる環境

1社目と2社目で自分らしさを出し切るタイミングを逃し、「おとなしい普通の人」みたいなイメージを払拭できなかったのを後悔していました。そのため、テテマーチでは同じ後悔をしないように入社した瞬間からエンジン全開で行こうと決意していました(笑)結果、入社してすぐに「有賀らしさ」のようなものを周りの社員全員が理解してくれていたなと思うし、毎日居心地よく過ごさせてもらっています!


▼今回インタビューした社員、ありさんの記事も是非ご覧ください!!


▼ベンチャーで新しいことにチャレンジしたい方大募集です!

オープンポジション
インスタグラム好き注目!新しいことに一緒にチャレンジしませんか?
ここ数年で、日本でも爆発的にユーザーを広げたInstagram(インスタグラム)。 一方で、多くの企業がまだInstagramをうまくビジネスに活用できていない状況もあります。 テテマーチは、クライアントの課題に応じてSNSを活用した納得のいく解決策を提案、実行し、それぞれの企業が抱えている課題を最適な手法で解決できるよう、複数のメディアやサービスを運営しています。 facebookを当たり前のように企業が活用しているように、Instagramの活用を、世の中のスタンダードにしていきたいと思っています。
テテマーチ株式会社
テテマーチ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
15 いいね!
15 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる