1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

総会員数220万人以上のスマホアプリ「Powl(ポール)」
本社オフィスは東京の日本橋兜町。
◯心地よいモバイル体験を届ける 2015/7にリリースしたアンケートメディアアプリ「Powl(ポール)」を軸に、アプリ会員に対して広告やマーケティングリサーチなどのマーケティング領域の事業を行っております。 モバイル体験の向上×マーケティングの領域で、スマートフォンで答えにくいアンケート画面や縦に長くて読みづらいランディングページを、いかにチャットを用いてモバイル最適化をするかということに挑戦しています。 ■事業紹介 -モバイルに特化したアンケートアプリ「Powl」 https://static.powl.jp/lp/ Powl(ポール)はスマホモニター100%のモバイル型アンケートアプリ。 チャットのインターフェースで簡単に回答でき、10代・20代を中心に幅広い年代の方にご活用いただいております。 アンケート調査を行う事でユーザーのリアルな声をプロモーションやマーケティングに反映することが出来ます。 -チャット型広告メニュー「WeeQuiz」 https://weequiz.testee.co/ WeeQuiz(ウィークイズ)はチャット形式の広告メニューです。チャットUIによってインタラクティブな訴求が実現し、獲得だけでなくサービス理解や定着まで促すことが可能となった新しい広告です。 -若年層リサーチ https://www.testee.co/research/ ネットリサーチ業界のスマホ移行の遅れによりリーチできなかった若年層へのリサーチを実現。 多くの若年層ユーザーがモバイルでアクティブにアンケートに回答してくれているため、 基本的な属性であれば数時間以内のアンケート回収が可能です。 -アプリリサーチ https://www.testee.co/app-research/ 従来の解析ツールによる定量的なアプリのログデータにアンケートなどの調査データを加えることによって、休眠理由の分析や広告態度変容の数値化が可能です。 ◯急成長により「0→1」と「1→10」が両立! 安易な資金調達と採用に頼らず20名弱で着々と事業に向き合った結果、売上は倍々で増えて事業基盤が固まり、通期黒字が達成されました。更なる成長を目指して、組織づくりと新規事業の立ち上げのために遂に採用を解禁しました。 しっかりと売上・利益を生み出す既存事業・組織の強化と既存アセットを生かした新規事業の立ち上げといった「0→1」と「1→10」の両方を、20名弱のそこまで大きくない組織にてスピード感を持って自由度高く取り込めます。

なぜやるのか

◯人の時間価値を高める 企業に属して働くだけの時代ではなく諸々のインフラ、サービスによって個人で仕事ができる時代になりました。 「従業員」の定義は変わり、働く人がフルタイムかパートタイムかといった区分けは意味を成さなくなりつつあります。 その中で、本来は価値化されていない遊休時間や遊休資産を、提供するサービスによってどれだけ価値を最大化できるかというのが我々のミッションです。 現在ではオンラインで完結するマーケティング関連のお仕事が多いですが、ゆくゆくはオフライン領域も含めて、個で働くことの楽しさに気づくきっかけとなるようなサービスに育てていきたいと考えています。

どうやっているのか

全社員での定例会(通称:締め会)
フリースペースを利用したランチコミュニケーション
◯「何をするか」より「誰と働くか」 テスティーは働く上での優先順位を「人」>「金」>「事業内容」と定めています。 経営資源として「ヒト・モノ・カネ」の3つがある中で、 「ヒト=誰と働くか」「モノ=事業内容」「カネ=収益性」だと考えています。 人(誰と働くか)、事業内容(何をしているか)、金(収益性)の3つについて、 「会社において、事業は変わっても人は変わらない」という考えから、「何をするかより誰と働くか」を重視しています。 またメンバーに対しては、自分の人生をよくするために会社を使ってほしい、会社の歯車になるのではなく会社を人生の歯車として使ってほしいという想いから、対社外同様に「人の時間価値を高める」をミッションとして掲げています。 自己実現の場として、会社を“活用”していただきたく、社内勉強会などを積極的に開くなど、キャリア支援に力を入れています。 色々な社内制度も人、コミュニケーション、情報の透明性をテーマとして、「人の問題のほとんどはコミュニケーション不足で生まれる」という考えからコミュニケーションを重視し、隔週での1on1や毎月の締め会などが制度としてはございます。 ◯目指す組織体制 「何をするかより誰と働くか」を掲げ、働く上での優先順位を「人」>「金」>「事業内容」と定めているテスティーでは 組織として事業内容/役職/仕事内容に関わらず何をしても、どんなポジションでも勝てるチーム体制を目指しています。 ◯テスティーのバリュー テスティーの企業バリューは以下の3つとしており、 ともに働く仲間として互いに学びの場となるよう働き方も、個人に合わせて柔軟に対応しています。 ■人に与える人になる 「社会を良くする前に、まずは自分の人生を幸せにしよう」という、利己から生まれる利他の精神を表しています。 自分から家族・友人・会社のメンバー、さらにステークホルダー、社会というように、自分から同心円状に周囲を幸せにしていく人を目指します。 ■死ぬこと以外かすり傷 「仕事でどれだけ失敗しても、究極死ぬわけではない」という、 常にポジティブかつチャレンジするという価値観を大切にしています。 ■0勝0敗より0勝2敗 スポーツと違い、仕事は何も行動しないよりスピード感をもって失敗する方が評価されるので、とにかく早く行動する、早く失敗と分かることは成功だという価値観です。