Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

<<もう、この会社に戻るつもりはなかった>> たった一人で海外の経営者を任された男の物語#6 -前編

「海外でビジネスがしたい」とテラグループへ転職された南米支社長の鈴木。過去にベトナム支社長として目覚ましい活躍をし、一度巣立ちましたが2年後に再びTerraの一員として戻ってた経歴をお持ちです。なぜ、テラグループに戻ってきたのか、彼の考えを聞いていきます!


鈴木さんは一度テラグループを退社され、再度入社されたと聞きました。まず初めに最初にテラグループへ入社されるまでのキャリアについてのお話を聞かせてください!

大学卒業後、大手外資製薬会社のMRとして、病院に医薬情報提供をしておりました。当時は、結果をきっちり評価してくれる会社を選んでいました。入社して2年目には、高い営業成績を残し、それなりに満足できる生活を送ることができていました。一方で、「仕事は40年以上続き、自分の人生の多くを捧げるもの、自分のやりたいこととはなんだろうか。」と真剣に考え、貧困解決を企業から、特に経営者の立場として取り組みたいと思うようになりました。経営者としての能力を上げたいと考え、ビジネス英語、MBA取得、フランス留学を経て、赤道ギニアで日本製品を取り扱う企業に就職し、販売代理店責任者として仕事をしました。そして、より規模の大きい、ダイナミックな仕事をしたいと考え、テラへ転職しました。


テラモーターズではどういった経験をされたのでしょうか?

電動バイクの製造販売拠点であるベトナム支社長として、経営に携わっておりました。

赴任時、ベトナムの販売拡大に苦戦しており、立て直しの一手として電動二輪バイクのJV(ジョイントベンチャー:複数企業が共同で出資をして事業を行うこと)先を探しました。ベトナム内のほぼすべての電動バイク製造販売企業と会いました。その中でTerraグループの事業方針にマッチしそうなローカル企業を探し出し、綿密な協議・交渉を経てJV契約を締結しました。

しかし実際に協業をしてみると、売上が未達続きになることが次第にわかってきました。様々な経緯がありましたが、最終的にJV契約締結破棄の判断を提案し、最後は社長に信じていただき、単独でゼロから再度やることになりました。

当時、製品開発段階ということもあり、顧客に提示する商品が手元にない中での営業が中心で、代理店契約など非常に苦労したのを覚えています。地元の代理店の心に響く提案に苦心しながらベトナム全土のバイク代理店を駆けずり回りました。


そうだったのですね!まさにベンチャーらしいですね

そうですね、当時は必死でした。結果、3か月後には1億円に迫る売上が立っていくのを見て、自分の中で安堵感がありました。また、当時日本人1名の正社員とインターン3名がいましたが、正直厳しい仕事ばかりでした。それでも様々な苦難を乗り越えて、売上目標の達成を共に分かち合うことができたメンバーには感謝しかありません。

今も、困難の時期を共に過ごした大事な仲間だと改めて感じています。今はテラマフィア(世の中を変える志の元、テラグループを卒業したメンバー)として別企業のスタートアップで取締役をしたり、起業をしたりして、羽ばたいているのが大変うれしく思います。


その中で、一番強く感じたことはありますか?

海外に飛び込んだ直後は貧困解決を人生の目的として、今までキャリアプランを描いていましたが、次第に世界で名を馳せる日本企業を創りたいという、目的へ大きく変更しました。

貧困解決は、当時、自分がなんとか生きる目的を見つけようとして、絞り出した目的でした。しかし、テラグループとして海外で働く中、日本企業が最近だめだとか、スピードが遅いとか言われていたことや、市場を中国企業がほぼ独占していることを実感しました。もう一度日本企業は良いね、最高だね、と言われるように、日本人としてできることをしたいと強く思うようになりました。



そうだったのですね。その後、どういった経緯でテラグループを一度離れたのでしょうか。

発端は、当時私の彼女から結婚するために帰国してほしい、と言われたことがきっかけでした。

今まで自分のことしか考えていない人生でしたので、一度は他人のことを一番に考えたいと思い、大きな決断をしました。

加えて、テラグループのような事業環境が刻一刻と変化するベンチャー企業は、体系だったノウハウを吸収するのは難しいとも当時は思っていました。(今は、違う考えですが..)

なので他の大手企業へ転職し、事業戦略立案など学ぶつもりでした。その時再び、テラグループに戻ってくることなど、思いもよりませんでした。(後半へ続く...)


ーーーー

実際にテラドローンは設立2年目で海外に10支社をもつなど、他では類を見ない成長を遂げています。テラドローンは、1年前に想像もしえなかったことが、次々起こる会社です。

そんなテラドローンで一緒に働いてみたい方、興味を持った方、ぜひ気軽にご連絡ください。社員、インターン一同お待ちしています。

現在組織拡大に伴い、国内営業統括、支社長ポジションを募集しています。

https://www.wantedly.com/projects/269678

テラドローン株式会社では一緒に働く仲間を募集しています

テラドローン株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
18 いいね!
18 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる