1
/
5

【社員紹介】PMって大変? テコテックのPMとして働く魅力とは

こんにちは。株式会社テコテック 採用担当の多田です。

今回は社員紹介をさせていただきます!

2020年10月に中途で入社し、現在決済認証システム開発事業部のプロジェクトマネージャー(以下、PM)として活躍している岡田さんにお話を伺いました。

■プロフィール■

出身地:兵庫県

好きな食べ物:蕎麦

最近ハマっていること:読書、アニメ、筋トレ、麻雀

自分を表す#:#子育てエンジニア


多田:これまでのご経験を教えてください。

岡田:IT系の派遣会社に就職し、大手SIerに派遣され、ミドルウェアのサポートをする仕事をしていました。

その後、転職して開発に携わるようになり、客先常駐で色々な現場に行っていました。そのほとんどがゲーム開発会社で、アプリ側もサーバー側も両方担当していました。最初にがっつり関わったタイトルが、3DアクションRPGみたいなちょっと難しい案件で、すごく勉強になりましたね。

その次の会社では、ふるさと納税サイトの受託開発を行いました。

中途入社でいきなり大きい案件を任されて、10人くらいのメンバーがいるチームのリーダーとなり、お客さまとのコミュニケーションも中心となって行いました。

当社に入る前の最後の会社は、営業支援ソフトを販売しているパッケージ会社で、保守チームに配属されてリーダーを担当していました。


多田:テコテックに入るきっかけはなんですか?

岡田:前職では開発職として入社予定だったのですが、カスタマーサポートの経験もあったことから、保守チーム配属になってしまいました。

そこで頑張っていたのですが、やはり開発や顧客折衝もやっていきたいと思うようになり、転職活動を始めた時に、Greenでテコテックからスカウトが来たんです。

テコテックはブロックチェーンや決済認証システム、エンタメコンテンツなど幅広く事業展開しているところが良いなと思いました。

また、Green上でやり取りをしてくれた担当者の対応がとても良かったんです。 スカウトをくれた他社と比べてもダントツに対応が良く、「この人仕事できるな」と感じました。こういう人が人を集めているなら、きっと優秀な人が多いだろうと思いました。


多田:入社約半年で昇格されていますが、今はどういう業務をしているんですか?

岡田:旅行会社さま向けのサイト改修案件で、PMとして案件の全体を見ています。お客さまの要望を聞いて、ではこういうものを作りましょうという話をして、チームメンバー達をまとめてコントロールしていくっていう感じです。


多田:テコテックのPMとして働く魅力は何ですか?

岡田:個々人が一番やりやすい方法で進めることができる点ですかね。

型にはまっていないので、経験がある人は経験の通りにやってもいいし、自分で勉強して新しいことをやってもいいところが魅力だと思います。

これまでの会社はルールや決まりが多かったのですが、テコテックはある程度自由なのでストレスが少ないですね。

困ったときは部長やマネージャーの先輩達に相談できる環境です。Slackチャンネルで聞くとすぐに対応してくれるので助かっています。

また、テコテックは本質的な業務が多いのが良いです。これまでは社内用の細かい資料を作成するのに時間をとられることも多かったですが、今はそれに使っていた時間をお客さまと向き合う時間に使えています。


多田:PMの情報共有はどのようにしていますか?

岡田:PMの情報共有会を週に一度オンラインで行っています。部長とPM8名が参加して、各プロジェクトの状況を共有し、困っていることがあれば相談します。

それに加えて、毎回テーマを決めて議論しています。「こういうことがあったときにみんなどうしてる?」みたいな。


多田:例えばどんなテーマがあるんですか?

岡田:この間のテーマは「お客さまから新規案件や追加開発の依頼をもらったときに、第一声どうやって反応する?」というお題でした。

人によってまちまちで、「承知しました、検討します。」と答える人や、「いいですね、やりましょう!」って言う人とか、「いいですね。でも人員調整する必要があると思うので少し考えさせてください。」とか。

事業部の方針としては、「お客さまが考えてきてくれたことに対し、ネガティブな反応をするのはやめよう。前向きに返答し、どうやったら実現できるかを考えるべき」という結論に至りました。

こういう機会があるので、PM経験が浅い人でも問題ないと思います。うまくフォローする体制がしっかりしているので。

PMとしていろんな進め方やテクニックがあるので、それを共有する機会があることで私自身とても勉強になっています。



多田:やりがいがある反面、PMというポジションには大変なイメージを持つ人もいると思いますが、実際のところはいかがですか?

岡田:たしかに中間管理職的なストレスはかかりますよね。

これまでの会社でPMとしてストレスに感じていたところは、色んな人の間に入って伝言ゲームの係になるというところです。下から言われたり、上から言われたり、お客さまから言われたことを担当の人に同じように伝える。時には言葉を分かりやすく、この人にはこの言葉でって言い換えて伝えるみたいなのは結構ストレスでした。

今でも全くないわけではないんですけど、それはメンバーが、直接私が間に入らなくてもやってくれたりするので、かなり助かっていて感謝しています。

メンバーが直接お客さまとやりとりしてもいいし、メンバー同士で自発的にやりとりして解決していることもありますし、現場がすごく動ける人達なのでPM負担は軽い方だと思います。


多田:PMで楽しいことはありますか?

岡田:私はPMを楽しんでやっています。お客さまの要望にちょっとプラスアルファしてなにかを作ることができた時にやりがいを感じます。

あとはいろんな人と喋る機会が多いのが良いですね。エンジニアとして在宅勤務をしていると、朝会でしか喋らない日もあったりして、メンタル的にもよくないので。

そういう意味で言うとうちのチームメンバーは本当にすぐ通話をかけてきてくれます。すごく良いことだと思っています。


多田:遠慮しないで通話できるのはいい関係ですね!

岡田:たまにメンバーが相談したい内容を、長々頑張ってslackで打っていると、「○○さんが入力しています」って出てくるので、いいから通話かけてきなって言っています(笑)


多田:テコテックに入社して成長できたと思えることはありますか?

岡田:チームビルディング的なところですかね。入社当初は、メンバーみんなテコテックでのキャリアが長いのかと思っていましたが、意外と入社1~3年目くらいの社員が多いことが分かりました。こういう集まりでもちゃんとまとまりのあるチームになったので、その辺のスキルは磨けたと思います。


多田:岡田さんが所属している事業部ではどんなタイプの人が多い印象ですか?また、影響を受けている人はいますか?

岡田:自分から動ける人が多いイメージです。チームメンバーは受け身ではなく、こちらから細かく言わなくてもちゃんと動いてくれます。

影響を受けている人で言うと、マネージャーの方々には色々参考になるところが多く、吸収させてもらっています。

あとチーム内で言うと、D. H.さんですね。リーダーっぽい動きをすごくしてくれるんですよ。とにかく人を巻き込んで、自分だけじゃなく周りにも「こうやったらいいよ」みたいなアドバイスをすごいスピードでやってくれるんです。この人に任せれば大丈夫だっていう安定感があって助かっています。


多田:小さいお子さんがいらっしゃいますが、ワークライフバランスはどうですか?

岡田:非常にうまいことやれていると思います。

例えば、当たり前のことなんですが、フレックスがちゃんとフレックスになっているとか。

私は毎朝子供を保育園に送ってから仕事を始めるんですが、大体9時から始業して、子供が帰ってくる19時前くらいに終業しています。

今までの会社は、フレックスと言いながらも9時までに来ないと遅刻扱いみたいなことはありましたね。客先常駐の時はお客さまの時間に合わせないと遅刻でしたし。

今は融通が利いて非常に働きやすいです。

妻も働いているので、家事育児できる時間があるのはありがたいです。

有給休暇やリフレッシュ休暇も取得しやすいので、この間も休みを取りました。


多田:お子さんのイベントや風邪の時、休みやすい環境じゃないと困りますよね。

岡田:いえ、逆に自分のためだけに取りました(笑) 平日は仕事だし土日は家のことをやらなきゃいけないので、自分一人でなにかしようと思って休みを取りました。

朝一上野でコナンの映画を見て、知り合いがやっている行きつけのお蕎麦屋さんに行って、そのあともう一杯飲みに行って、一生懸命お金を使いました(笑)


多田:小さいお子さんがいらっしゃいますが、ワークライフバランスはどうですか?

岡田:非常にうまいことやれていると思います。

例えば、当たり前のことなんですが、フレックスがちゃんとフレックスになっているとか。

私は毎朝子供を保育園に送ってから仕事を始めるんですが、大体9時から始業して、子供が帰ってくる19時前くらいに終業しています。

今までの会社は、フレックスと言いながらも9時までに来ないと遅刻扱いみたいなことはありましたね。客先常駐の時はお客さまの時間に合わせないと遅刻でしたし。

今は融通が利いて非常に働きやすいです。

妻も働いているので、家事育児できる時間があるのはありがたいです。

有給休暇やリフレッシュ休暇も取得しやすいので、この間も休みを取りました。


多田:お子さんのイベントや風邪の時、休みやすい環境じゃないと困りますよね。

岡田:いえ、逆に自分のためだけに取りました(笑) 平日は仕事だし土日は家のことをやらなきゃいけないので、自分一人でなにかしようと思って休みを取りました。

朝一上野でコナンの映画を見て、知り合いがやっている行きつけのお蕎麦屋さんに行って、そのあともう一杯飲みに行って、一生懸命お金を使いました(笑)


多田:良いお休みですね! リモートワークの頻度はどれくらいですか?

岡田:出社は週1日です。部署の出社日を設けていて、木曜日は出社しています。なにかあれば週2日になるくらいですね。


多田:テコテックではリモートワークが今後も完全導入となりましたが、働き方のコツはありますか?

岡田:集中できるように整えるっていうのを頑張っています。色んな本を読んで、メンタリストDaiGoさんの集中力を高めるような本を読んだり(自分を操る超集中力)、生産性を高めるとか、メンタルをキープするとか、ためになりそうな本は結構読んで、良かったものはうちのチームメンバーにも共有しています。


多田:どんな人がテコテックに合うと思いますか?

岡田:自分から主体的に動ける人が多いので、そういう人が向いていると思います。

色んな人がいますが、気質が似ている人は多いですよね。技術好きだったり、成長意欲が高かったり。

今年の新卒の子達も、同期は性格の似ているメンバーが多いって言っていましたね。だから気が合うんですよーって言ってました(笑)

どんどん社員が増えていますが、これからも新しい仲間が増えてくれたら嬉しいです。

株式会社テコテックでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング