1
/
5

リモハラってなに?


こんにちは。株式会社テコテック 採用担当の多田です。

最近よく聞く「リモートハラスメント」ですが、先日テコテックでもリモハラ研修が実施されました。

今回はそのリモハラ研修で学んだ具体例をまとめてみました!

リモハラとはリモートワーク時に起きるハラスメントのことで、大きく「コミュニケーション」「プライバシー」に二分されるそうです。

■コミュニケーション

・やたらとWEB会議をやりたがる

・常に仕事をしているかを過剰にチェックされる

・プライベートに関する質問をされる

上司(管理職)側の悩みも・・・

・リモートの場合、距離感や指示を出すタイミングが難しい

・テキストは「会話」よりキツク伝わってしまう

・叱責・指示が社員の家族の目にさらされトラブルの事例も

~対応方法~

・干渉し過ぎずある程度裁量を持たせる

・プライベートな質問はしない

・テキストで伝える場合、会話以上に相手に与える印象を考える


■プライバシー

・背景(プライベート空間)について質問、コメントする

・「顔出し」を要求する

~対応方法~

・バーチャル背景を活用する

・カメラ機能オフを常態化する


【感想】

研修を受ける前は、「何でもかんでもハラスメントになって上司は大変だなぁ」と他人事に思っていましたが、私も「お部屋おしゃれですね」と言ったことがありました。。

褒めているつもり、コミュニケーションのつもりでも、確かに部屋をじろじろ見られるのは嫌ですよね。

「知らない」ことが原因で相手を嫌な気持ちにさせてしまうことがあるので、どんなハラスメントでもまずは理解することが大事なのだと実感しました。

今後もテコテックでは、コンプライアンス担当によるハラスメント研修を実施し、
フラットな人間関係や、ストレスフリーで働きやすい職場環境を築けるよう工夫してまいります。

株式会社テコテックでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング