1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

本社会議室「未来」の風景
本社の風景
■■□ TBMとは □■■ TBMは「LIMEX(ライメックス)」というプラスチックや紙の代替となる日本発の新素材を開発(日本、海外で特許を取得)・製造・販売しています。 累計100億円超の資金調達を国内外の事業会社から実施し、数少ない日本のユニコーン企業として、サステナビリティ(持続可能性)のビジネス領域で世界のトップ・プレイヤーになることを目指しています。 ■■□ TBM HP □■■  ●コーポレートサイト (http://tb-m.com/)  ●リクルートサイト   (https://tb-m.com/recruit/)  ●Times Bridge Media - 組織とカルチャーを伝えるメディア - (https://www.media.tb-m.com) ■■□ LIMEXとは □■■ 石灰石を主原料とするプラスチックや紙の代替素材「LIMEX」。 プラスチックや紙の代替製品を製造するための材料となり、原材料の調達から製造、廃棄という商品のライフサイクル全体を通して、天然資源およびエネルギーの使用を減少することを可能としています。また、コスト競争力が高いため、「エコロジーとエコノミーの両立」という新しい概念を創りだすことを目指しています。 LIMEX製品は、LIMEXBagなどプラスチック代替製品をメインに、大手企業や政府機関など5,200社以上の企業で採用されています。(羽田空港、ディズニーストアー、吉野家など) また、リサイクル可能なLIMEX素材を普及させるために、自治体や企業間でパートナーシップを組み、循環型モデルづくりを推進しています。 LIMEX事業以外にも、廃プラスチック問題を契機に、再生プラスチック市場が拡大する中、資源循環を促進するために、再生材料を50%以上含む素材「Circulex」を開発しています。 ■■□ 世界各地への本格展開 □■■ 国内外の既存設備を活用してファブレスでLIMEXの生産及びプラスチック代替製品の成形が可能であることから、海外生産も強化しており、地産地消型のサプライチェーンの構築に注力しています。 また、2017年、サウジアラビア政府、日揮とサウジアラビアでのLIMEXの製造活動に向けた基本合意を締結し、水資源が貴重な国であるモンゴル、急成長する中国・河南省でもLIMEXの工場建設に向けて準備を進めています。 ■■□ 最近のニュース □■■  ●「ネクストユニコーン TBM企業価値2位 ユニコーン企業へ」  (https://s.nikkei.com/2RFTi4A)  ●「“植物由来の糸で編んだ、 洗える抗菌マスク”Bio Faceを開発」 (https://tb-m.com/limex/products/bioface/)  ●「100%再生可能エネルギーの電力を LIMEX の生産拠点に導入」 (https://bit.ly/2ITC01L)  ●「再生材料を 50%以上含む資源循環を促進する 新素材「CirculeX」を発表」 (https://bit.ly/3kqjdco)  ●「Yuzi社、伊藤忠商事、XinJin社と、中国・河南省でのLIMEX事業に関する基本合意締結」  (http://bit.ly/36oYFJS)

なぜやるのか

地球の水・森林問題への貢献
石油資源枯渇への貢献
■■□ Times Bridge Management □■■ TBMとはTimes Bridge Managementの頭文字から成り立っています。 「進みたい未来へ、橋を架けよう。」をスローガンとし、 「過去を活かして未来を創る。100年後でも持続可能な循環型イノベーション。」をビジョンとして掲げています。 スローガンは、過去から引き継いだ価値観・仕組み・技術で進みたい未来を創り上げること、ビジョンは、イノベーションを通じて、100年後でも持続可能な循環型社会を創り上げることを意味しています。 ■■□ TBM's Value □■■ ◆自分ゴト化 会社のあらゆることを“自分ゴト化”できるか? ◆責任感 TBMでは全員レギュラー。諦めない“責任感”が必要だ。 ◆謙虚 素直に学び続け、“謙虚”な心を持ち、TBMファンを増やす。 ◆感謝 仕事相手、仲間に感情移入。常に”感謝”することで大きな感動が生まれる。 ◆挑戦 TBMは地球規模の壮大な”挑戦”をしている。1つひとつの行動が、今までにない挑戦だ。

どうやっているのか

TBM本社@銀座
国内第二プラント@宮城県多賀城(完成イメージ))
■■□ メンバー □■■ 大手メーカー、外銀、戦略コンサル、スタートアップ、商社など多様なバックグラウンドのメンバーが参画しています。 ▼Mckinsey/Accenture/PwC/三菱総研出身の経営企画本部 ▼UBS/伊藤忠/リクルート/博報堂/3M出身の営業本部 ▼3M/元東工大准教授/東レ/三井化学/AGC出身の開発生産本部 ▼電通/PwC/SONY出身のコーポレート・コミュニケーション本部 ▼弁護士/公認会計士資格保有メンバーが在籍する管理本部 ▼Accenture/三井物産出身の海外事業部 ■■□ 求める人物像 □■■ __MISSION / VISION / CREDO に共感する方 __「感謝」/「謙虚」/「自分ゴト化」/「挑戦 」/「責任感」の価値観を大切にする方 __100年後も続く事業、会社を自ら創りたい方 __日本で生まれた新技術を世界に広めたい方 __地球規模の挑戦を通じて大きな感動を得たい方 ユニコーン企業になったTBMは今後、単に素材の供給でなく、 ファブレスで既存の設備を活用してLIMEXを製造、プラスチック代替製品を成形できる利点を活かし、技術立国として世界に貢献してきた日本発の技術や、循環型の価値観や仕組みを、日本から世界へ輸出していきます。そして、ソーシャルイノベーターとして、サスナビリティ革命を実現することを目指しています。 エコロジーとエコノミーの共存を追求し、事業展開を進めると共に、 社会の一企業として、事業活動全体で環境課題や社会的課題への寄与に向け、高い目標を掲げ尽力をしていきます。