1
/
5

ITの技術・トレンドと共に自分も会社も成長していく。バックエンドエンジニアにインタビュー

こんにちは!採用広報の田中です♡ お待たせいたしましたお久しぶりの社員インタビュー♪
今回は今年4月入社の片岡さんを直撃!バックエンドエンジニアとして入社をしてくれた経緯から現在までをお話していただきました。

ーまずは、これまでどんなお仕事をしていたのか教えてください!

大学卒業後フリーターの期間もあったのですが、これからの将来ITの知識を身に付けておけば仕事に困ることはないかなあとなんとなく思ったのをキッカケにWebデザインだったりHTML、CSSプログラミングの勉強を始め、その知識を活かせればと知り合いの紹介で広告代理店に勤務したのが1番最初の職場です。

ーそこからエンジニアに転職しようと思ったキッカケは?

単純に、”もっとダイレクトに制作に携わりたい!” と思い本格的にエンジニアにジョブチェンジしたんです。前職は静岡でWebメディアや受託の開発を行っている会社に勤務しており、自分は受託開発のバックエンドエンジニアとして自治体のサイトや業務システムなどの開発を担当していました!新しい技術を試したり、自分が作ったものが動く形で確認できたりこの業種の面白さをすぐに実感することができましたよ。



ー会社を変えたいなと思うようになったのはなぜですか?

受託の開発をメインに仕事をする中で何プロジェクトも並行して動いたり3~4か月くらいのスパンでチームを創り上げるということも楽しかったのですが1つのものに“最初から関わってしっかりと育てていく”というような働き方がしたいと思い、自社サービスの会社に転職を考え始めました。

ーTAPPに入社しようと思った理由はなんですか?

業種にとらわれずに探していましたが ”エンジニアがたくさんいる会社” もしくは ”自分が成長していけそうな会社” を基準に考えていました。TAPPはまだエンジニアの数は少ないものの会社やマーケ部門の成長率やスピード感は著しいものを感じましたし、なにより自分が主体となって開発の仕組みを整備・構築していくことが自身の成長にも繋がると感じたんですよね。
数年後の上場までの成長過程に携わることができるのも魅力的でした!



ー現在、TAPPではどんな仕事をしていますか?

新しいLPのシステム構築をメイン業務として進めています。今までTAPPでは使ってこなかったような、CI・CDツールの導入やサーバレス Dockerコンテナでの運用などの新しい仕組みを導入しようと、四苦八苦しながら頑張っている真っ只中です(笑)まだTAPPのエンジニアが未確立な部門だからこそバックエンドエンジニア以外の業務も行ったりと今自分ができることはなんでもやっていて、そこに必要とされる楽しさも感じています。

ー最後に、今後どのように働いていきたいか教えてください!

IT業界での“主流”だけでなくこの先トレンドになりそうな構築や考え方を最先端で取り入れていきたいと考えています。サーバーの構築を自動化できるシステム作りなど、まだまだやりたいことはたくさん。
TAPPのスピード感を大事にできる技術を無限大に取り入れていきたいです!

いかがでしたか?TAPPでは更なる拡大のためエンジニア大募集しています!!ご興味もっていただけた方気軽に面談してみてください♪

株式会社TAPPでは一緒に働く仲間を募集しています
12 いいね!
12 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう