1
/
5

「何でも相談できる存在が支えになる」互いに学びを得る先輩・後輩の付き合い方とは

「先輩の伯さんは、実務以外での学びも共有できるかけがえのない存在」

そう語るのは、2021年4月に新卒入社したエンジニアの森一貴。入社以降、週2回のペースで1年先輩の伯健弘と1on1を実施しています。一方の伯も森との会話から得られる学びは多く、お互いに高め合える関係性を築けていると言います。

目次

  1. プロフィール
  2. 1on1がオン/オフを切り替える時間に
  3. 「負のスパイラル」を避ける心がけ
  4. 1on1は相手のための時間。話を聞く上で意識していること
  5. 自分がしてもらったことを後輩に繋げていく

プロフィール

伯 健弘 / Takehiro Haku(写真・右)
株式会社タンバリン
クラウドインテグレーション2部 開発チーム5
フロントエンドエンジニア
中学時代、ゲームプランナーを志したのを機にプログラミング言語に触れる。以降、C言語、JavaScript、HTML/CSSの基礎を学習し、専門学校に進学。ものづくりをしたい学生が集まる「ITCreate部」に入部し、ゲーム分野だけでなくIT(主にWeb)分野も本格的に学んだ。その後、IT業界を目指し、タンバリン大阪オフィスでの内定者アルバイトを経て、2020年4月に新卒入社。現在はフロントエンジニアとして活躍中。
Wantedly
森 一貴 / Kazuki Mori(写真・左)
株式会社タンバリン 
クラウドインテグレーション2部 開発チーム5
甲南大学知能情報学部でコンピューターサイエンスの基礎を学ぶ。3年生の時、独学でプログラミング学習を始め、他社インターンに参加したことをきっかけにエンジニアになろうと決心。「チームで働くこと」を大事にしている会社を探す中でタンバリンに出会う。21卒メンバーとして、日々新たな学びを得ながらプロジェクトに向き合っている。
Wantedly

1on1がオン/オフを切り替える時間に

ーーお二人はどのような関係性でしょうか?

森:今年の春、伯さんと同じ「クラウドインテグレーション2部 開発チーム5」に配属されました。まだ一緒のプロジェクトに入ったことはないのですが週2回、1on1をしてもらっています。

伯さんには、同じプロジェクトの先輩とは違った視点で、雑談ベースの相談もさせてもらっていて、それがすごく助けになっています。

現在のプロジェクトとは直接関係ないけれど、気になっている技術の相談をしたり、一緒に調べたりする時間が楽しいですね。

他にも社内書類の書き方や提出方法など、事務的なことも相談させてもらっています。伯さんは聞き上手で話しやすい雰囲気を持っている方なので、気軽に相談できるんです。

伯さんと1on1は僕にとって「リフレッシュの時間」にもなっています。

ーー伯さんにとって、森さんとの1on1はどのような時間ですか?

伯:私も森さんと話すことで、仕事のオン/オフを切り替えられています。エンジニアとして1日の大半は黙々とコードを書いている中で、特にリモートワークだと、なかなか切り替えがうまくいかないこともありました。

今は終業前の森さんとの1on1が、気持ちを切り替えるいいきっかけになっていますね(笑)。

また森さんから技術について相談をもらって、その回答を調べたり伝え方を考えるのが自分自身の勉強にもなっています。

▲1on1では業務以外の話題で盛り上がることも

「負のスパイラル」を避ける心がけ

ーー伯さんから見た森さんはどのような後輩でしょうか?

伯:とても落ち着いて「自ら学ぶ力」を持っている後輩だと思っています。リモートワークの中で、しっかり質問の仕方を考えて積極的に相談できる姿勢を持っているのはすごいことです。

正直、入社当初の私は「こんなこと聞いたら迷惑かもしれない」と疑問を抱え込み、なかなか周囲に相談できませんでしたからね。

ーー森さんは先輩に相談するのに抵抗を感じることはありますか?

森:もちろん先輩に相談して、相手の時間を奪ってしまうことに少し抵抗を感じることもあります。しかし、一番大切なのは期限内にタスクを終わらせること

自分で調べても分からないことを放置して、期限内にタスクが終わらないのは避けたいので、そこは遠慮せずに相談するようにしています。

不明点を放置すると、どんどんタスクが後ろ倒しになってしまう。そうすると、気持ちが焦ってコードも雑になるなど良いことがありません。

僕がミスしてしまうと、同じチームのメンバーにも迷惑をかけてしまいます。そういった「負のスパイラル」にはまらないよう早めに相談して解決することを心がけているんです。

ーー相談をする時に意識していることがあれば教えてください。

森:ZoomやDiscordなどで直接話して相談をするか、Slack上のテキストで相談するかの使い分けは意識しています。

テキストなら、質問された側の都合の良いタイミングで返信してもらえるので、基本的にはテキストベースにしています。

でも説明すべき状況が複雑で、テキストだけで相談するのは難しい場合もあります。そのような場合は、相手の都合のいいタイミングで時間をもらってオンラインで直接相談させてもらいます。

1on1は相手のための時間。話を聞く上で意識していること

ーー伯さんのどのようなところに「相談しやすさ」を感じるのでしょう?

森:歳が近いというのもあると思うのですが、一番は親身になって話を聞いてくれるところです。

いつも真剣に話を聞いてくれているのが伝わってくるので、つい相談したくなります。Slackでのコミュニケーションもスタンプや絵文字を使ってくれるのが嬉しいです。

▲Slackでは絵文字、スタンプも多用してフランクなコミュニケーションに

ーー伯さんがコミュニケーションで心がけていることはありますか?

伯:私自身、細かいことまで思い悩んでしまう性格なので、特にテキストベースでは受け手側の気持ちを意識しています。絵文字を使うのも、少しでも相手に柔らかく伝わってほしいからです。

自分がされて嫌な接し方はしないように気を付けています。学生時代にサークルの代表をしていたので、特に自分より下の世代への接し方は意識してきました。

ーー森さんとの1on1で特に意識していることがあれば教えてください。

伯:できるだけ私からは話し過ぎないようにしています。1on1は森さんのため時間。できるだけ森さんの話を聞きたいと思っています。私は本来おしゃべりなタチなので、意識して聞き役に徹するようにしているんです。

また、私の意見を言うことで、森さんが率直な意見が言えなくなるのを防ぐという目的もあります。

相談をされたら、森さん自身の考え方を活かしながら解決に導ける方法を第一に考えているんです。自分の意見を言う時にも、客観的な視点とともに伝えるようにしています。

自分がしてもらったことを後輩に繋げていく

ーー今後、お二人が挑戦していきたいことを教えてください。

伯:いつかは森さんと一緒に同じプロジェクトチームで働きたいですね。今後も森さんと技術的なディスカッションを続けていきたいと思っているので、私自身も日々勉強。技術力も磨いていかなければなりません。

森さんは興味の範囲が広いので、やりたいと思ったことはどんどん挑戦してほしい。私もそのためのサポートをしていきたいですね。

森:入社してから3ヶ月。伯さんとの1on1は一旦卒業になります。ですが、今後も定期的にコミュニケーションを取らせてもらって、気軽に相談できる関係性を続けていきたいです。

来年、後輩が入社してきた時には、伯さんが僕に向き合ってくれたように、真剣に話を聞きながら一緒に考えてあげられる接し方をしたいです。

株式会社タンバリンでは一緒に働く仲間を募集しています
10 いいね!
10 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう