1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

就活キーワードは、成長できる環境と温かい社風。尊敬できる人に囲まれ“すごいエンジニア”になりたい

「エンジニアとして成長するために、まず人間として成長したいです。誰にでも臆せず話しかけて吸収し人を巻き込めるようになると、エンジニアとしての力もついてくるのではないかと思っています」

そう話すのは、2021年4月入社予定の内定者・原山隆玖。小さい頃からものづくりが好きで、中学生の頃にはエンジニアになることを心に決めていました。

そんな原山がなぜタンバリンへ入社を決めたのか、今後の展望と合わせて聞きました。

目次

  1. プロフィール
  2. ゲームからWebに興味の方向が変わった理由
  3. 社内で受託開発ができることと温かい社風に魅かれ入社を決意
  4. “すごいエンジニア”になりたいから、まずは人間として成長したい

プロフィール

原山 隆玖 / Ryuku Harayama
株式会社タンバリン 内定者(2021年4月入社予定)
クラウドインテグレーション部配属予定

小学生の時にゲームを通してプログラミングに興味を持ち、中学生でエンジニアを志す。以降、工業高校、大原簿記情報ビジネス医療専門学校経理本科二年生学科システム開発コースで専門領域を学んできた。バックエンドが専門だったが、最近はフロントエンドにも興味が芽生えている。趣味はバイクと釣り。現在は長野県在住。入社後は東京に転居予定。
Wantedly

ゲームからWebに興味の方向が変わった理由

――原山さんは早い段階からプログラミングに興味を持っていたそうですね。

初めて興味を持ったのは小学生の頃で、ゲームを作りたいと思っていました。自分でも作ってみんなで遊べたらいいな、と。そして中学生でエンジニアになろうと決め、工業高校へ進学しました。

ただ工業高校に進学すると将来の選択肢が限られるような気がして、結構悩みましたね。それまでプログラミングの経験はなく、自分に向いているという確信もありませんでしたし。

実際、一旦は普通科の受験票を出したんです。けれど担任の先生がわざわざ家に来て「本当に普通科でいいの?本気でやりたいと思っているなら工業高校に行きなよ」と背中を押してくれたことで踏ん切りがついて、エンジニアを目指す気持ちがより強くなりました。

――進学後、興味がゲームからWebやアプリに移った経緯を教えてください。

1年生の時はまだゲームを作りたいと考えていたのですが、プログラミングに触れることで段々と、いろいろなものを作りたい気持ちが湧いてきたんです。

WebサイトやPCのアプリケーションなどを見ているうちに「自分で作れたらすごく嬉しいだろうな、しかも仕事にできたら楽しいだろうな」とも思うようになりました。

そこから徐々に、人の役に立つものを作りたいと考えるようになり、2年生の時にはWeb系のエンジニアになろうと決めたんです。

そしてより幅広い分野を学ぶため専門学校へ進学。1年生の時にまず半年かけて基本情報技術者の資格を取得し、その後プログラミングの勉強をしました。データベースやUMLについても座学で学習しましたね。

2年生ではWebサイトやアプリケーションを作るためのフレームワークを用いた学習に入り、10月からはチーム開発で卒業制作に取り組んでいました。

ちょうどその頃、内定をもらったタンバリンでアルバイトを開始。オンラインで同期との開発プロジェクトに参加できました。

開発自体は終盤でしたが、チーム開発のスムーズな進行方法などを学べたので、その経験を卒業制作に活かせたのはラッキーでしたね。


社内で受託開発ができることと温かい社風に魅かれ入社を決意

――就職活動では、どのように企業探しをしていましたか?

まず多くの人が触れるものを作りたいという想いから、IT業界に決めていました。会社選びの基準は、社内で受託開発ができること。

受託開発なら様々な開発に携わり、新しい技術や知識をどんどん吸収できると感じたのと、自社内で落ち着いて仕事に取り組みたいと思ったんです。

タンバリンは両方のキーワードがマッチしている会社。Wantedlyで見付けて、2020年7月にオンライン説明会に参加しました。

僕は長野在住なので、オンラインで参加できて助かりました。画面越しでも温かい社風が伝わってきたことを今でも覚えています。他社の会社説明会は緊張するだけだったのに、タンバリンは説明会だけでなく選考を通じてずっと会社の空気感が伝わってきました。

採用・広報チームの越山さんを始め、先輩エンジニアの皆さんも話しやすかったですね。おかげで選考中は、緊張しているけれどずっとポカポカした気分でした。話を聞いてくれている感じがあったので安心して取り組めたのも大きいと思います。

求めている仕事環境があることと、接する人たちを通して知った会社の雰囲気が入社の決め手になりました。

――二次選考では課題制作をしたんですよね。何を作ったのですか?

僕のは、Laravelを使用したTODOリスト制作でした。それまでLaravelに触ったことがなかったので、最初に課題を聞いた時はすごく焦りましたね。同時に、他の人に見てもらうことを意識して作るのは初めてだったのでワクワクもしました。

TODOリストを作る上で決めたテーマは「ただのリストではなく、達成できるリストにする」こと。難易度や重要度、目標期限を設定できるようにしたんです。


▲選考課題で制作した作品。達成するために、いくつかの項目を細かく設定できる

自分の「作りたい」を具現化していくのは大変でしたが、うまくいった時は本当に楽しかったですね。また提出したものに対して、CTOの狩野さんからレビューをもらえたのが本当に嬉しくて。

自分で気付けないところを指摘してもらえたんです。例えば今回「人に見てもらう」ことが前提だったので、分かりやすさを意識したつもりだったのですがまだまだ足りていなくて。

Fat Controllerになってしまっていた部分に対して「ここは分割した方がいい」と具体的にアドバイスをもらえたので、今はより気を付けるようになりました。

何より、選考ではありますがここまで丁寧に教えてもらえたことに感動して、提出後ももらったレビューを参考にしばらく修正し続けていました。

“すごいエンジニア”になりたいから、まずは人間として成長したい

――現在、内定者アルバイトとして取り組んでいることを教えてください。

少し前まで学校の授業や卒業制作があったこともあり、週4日3時間ずつのシフトでしたが、あとは卒業式だけになったので最近は週3日8時間ずつ働いています。

勤務時間が増えた今は、同期と一緒に社内ツールの開発をしていますね。まだ参加したばかりで分からないことだらけですが「ついていかなきゃ」と刺激をもらえる良い環境です。

――最後に、今後の目標を教えてください。

エンジニアとして成長するために、まず人間として成長したいです。具体的には2つ身に付けたい力があります。

ひとつはうまく話せる力。自分から聞いたり話しかけたり、提案したりできるようになりたいです。

もうひとつはいろいろな人を巻き込む力。ひとりで勉強するのは効率が良くないと分かっているものの、「恥ずかしい」などの感情が邪魔をして、なかなか声をかけられません。

他の人みたいに臆せず話しかけて吸収し、人を巻き込めるようになるとエンジニアとしての力もついてくるのではないかと思っています。

またこれまで僕は、フロントエンドのことを全然知りませんでした。けれど同期と一緒に過ごすことで知る機会が増えて「こっちも面白そうだな」と思えたんです。

今後は自分で知識の幅を制限せず、何でも吸収していきたいですね。

そしていつかは、“すごいエンジニア”になって教える側も務めたい。目標はエンジニアの守屋さんです。技術に対して熱い想いを持っているけれど、優しくて落ち着いているし教えるのが本当に上手いんです。

こうやって、タンバリンで出会った人たちが良い影響を与えてくれたからこそ、今僕は前向きに未来を思い描けているのだろうなとも思います。

株式会社タンバリンでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング