1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

チーム開発を軸に就活していた僕が、エンジニアとしての第一歩をここに決めた3つの理由

「実は就職活動を始めた時、特にやりたいことがなかったんです」と話す、2021年4月入社予定の内定者・森一貴。そんな彼は実際に手を動かす中で「エンジニアになる」という想いを固めていったそうです。

そんな森がファーストキャリアにタンバリンを選んだ理由を聞きました。

目次

  1. プロフィール
  2. エンジニアになろうと決心した高校~大学までの経験
  3. タンバリンに決めた3つの理由
  4. 内定者アルバイト仲間と社内ツール開発中
  5. まずは技術を極め、得意領域を作りたい

プロフィール

森 一貴 / Kazuki Mori
株式会社タンバリン 内定者(2021年4月入社予定)
クラウドインテグレーション部配属予定

甲南大学知能情報学部でコンピューターサイエンスの基礎を学ぶ。3年生の時、独学でプログラミングの学習を始めたこと、他社インターンに参加したことをきっかけにエンジニアになろうと決心。「チームで働くこと」を大事にしている会社を探す中でタンバリンに出会う。現在は内定者アルバイトとして社内ツールの開発に取り組んでいる。
Wantedly


エンジニアになろうと決心した高校~大学までの経験

――森さんは大学でどのようなことを学んでいたのでしょうか?

OSがどういうものなのか、データベースとは何なのかなど、コンピューターサイエンスの基礎的な部分を学んでいました。基本情報技術者試験などに出題されそうなことをひと通り学習するイメージですね。

年次が上がるにつれ、講義もより深掘りする内容になります。プログラミングにも軽く触れましたが、技術というより考え方や構造に重きが置かれていました。

――エンジニアになろうと決めたのはなぜですか?

振り返ると、高校時代に情報の授業でプログラミングに触れたことがきっかけだったように思います。HTMLを使って自校のWebサイトをみんなでワイワイ作ったのが楽しくて。

情報関連の知識を全般的に学びたいと思い進学先を決めました。ただその時点ではエンジニアになろうと思っていたわけではありません。

就活を本格的に意識し始めた大学3年生の秋頃、自分はどんな会社に行きたいのかを考えた時、特にやりたいことが思い当たらなかったんですね。周りの同級生に聞いてみたら「IT系に行く」「SEになる」という人が多かったので、自分もそっちなのかなーと思った程度。

とはいえ実際に選考を受ける前に、まずは自分の手を動かして向いているかを確認したいな、と。そこでオンラインプログラミング学習サービス「progate」を使って、学習を始めたんです。

実際にやってみると自分で作ったものが動くのがとても面白くて! ある程度カリキュラムを終えてからは、書籍やインターネットを参考に知識を深めていきました。

また3年生の後期からは、Androidアプリを開発する研究室に所属し、実際に開発も経験。

その後、ある会社のインターンに参加しチーム開発でチャットアプリを作るのも楽しかったので、エンジニアになろうと決心しました。


タンバリンに決めた3つの理由

――就職活動の際、どのような会社でエンジニアとして働きたいと考えていましたか?

「チームで働く」ことを大事にしている会社がいいなと思っていました。

自分がどういうエンジニアになりたいのか、どんな働き方が向いているのかを自己分析していた時、思い出に残っているのは「チームで一丸となって取り組んだこと」だと気付いたんですね。

部活動やゼミでの活動など、チームで何かを成し遂げることに喜び、モチベーションを高められるタイプなんだな、と思い至りました。

――どのようなきっかけでタンバリンを知ったのですか?

就職活動をしながら勉強会にも少しずつ参加していて、その中のひとつが大阪オフィスで開催されていたMeetUpでした。

参加して最初に感じたのは、すごく優しい人が多いということ。当時は勉強会に行き始めたばかりで、現役のエンジニアさんと話す機会がほとんどなくてめちゃくちゃ緊張していました。

自分から話しに行くこともできなかったのですが、社員さんは「どんなことを勉強しているんですか」などフランクに話しかけてくれたので、とても嬉しかったですね。

直感的に「この雰囲気、すごく好きだな」と思いました。

また社員同士が話している様子がフラットなのも好印象でした。

他社ではマネージャークラスと話す時に気を遣っている様子をよく見かけたけれど、そういうのが全く見受けられない。この会社は自分の立場に関係なく意見を言えるんだなと軽い衝撃を受けました。

――そうだったのですね。その後、タンバリンの選考を受けようと思った理由を教えてください。

理由は3つあります。

ひとつはnoteWantedlyの記事を読んでいく中で、チームで働くことをすごく大事にしていると分かったからです。掲げているビジョン「Let’s PARTY!最高のチームになろう」の意味もよく理解できました。

2つ目はものづくりに対するスタンス。お客さんに言われたとおりに作るのではなく、お客さんと一緒のチームになって良いものを作ろうという姿勢にとても惹かれました。

そして3つ目は代表の中尾さんある記事で「メンバーが新しい技術やシステムを取り入れたいと希望した時、極力叶えてあげられる組織でありたい」と語っていたこと。

ここならどんどん挑戦できる環境があると思えたことが決め手になりました。


内定者アルバイト仲間と社内ツール開発中

――現在は内定者アルバイトとして働いていますね。どのようなことに取り組んでいますか?

2020年8月上旬に内定受諾し、9月半ばから内定者アルバイトをスタートしました。めちゃめちゃ楽しいので学校がない日は全部シフトを入れた結果、だいたい週3日8時間ずつ働いています。

業務時間中は、業務で使用する言語やSalesforceの資格取得に向けた勉強もしますが、最近のメインは社内ツール開発です。

具体的には、Salck上で社内部活動を申請するためのシステムを開発しています。最初は千原さんと2人で始めたのですが、小澤さんや原山さんも「自分もやりたい」と仲間入りしてくれて。最近はアルバイトの平井さんも参加してくれています。

また名護さんには、初期から先輩エンジニアとして随時フォローしてもらっています。

使用する技術で担当分けして開発を進めているのですが、同期とああだこうだ言いながらものづくりするのは楽しいですね。知らなかったことを学べる面白さもあります。

2021年2月中にα版が出せるよう進めています!

▲Slackで随時コミュニケーションをとりながら鋭意開発中!


まずは技術を極め、得意領域を作りたい

――森さんは4月から正社員として働き始めます。今後の展望を教えてください。

まずは入社までにSalesforceの資格を最低ひとつ取得したいです。1月は卒論があってほとんど勉強できなかったので、ここから追い上げていこうと思っています。

また内定者アルバイトをする中で、周りに比べて知識や技術力が弱いことを痛感しています。なので自分の強みとなる技術領域を獲得するため、時間を惜しまず勉強していきたいですね。

例えばフロントエンド関連の技術が好きなので、JavaScriptなどを極めていき、1年以内に「森くんなら頼める」と仕事を任せてもらえるようになりたいと思っています。

ただその先となると、ずっとスペシャリストとしてやっていきたいのかは正直まだ分かりません。経験を重ねていくうちに、マネジメントの方に興味を持つようになるかもしれないですし。

今は手を動かすのが好きなので、技術をどんどん極めていきたいです。任せられた仕事は「僕のやりたい技術じゃないから」などと断らずに、何でもチャレンジしていきたいと思っています。

その中で本当に極めたいことを見付けたいですね。


★タンバリンに少しでも興味をもってくださった方は、ぜフォローいただけると嬉しいです。

★現在募集中の職種は下記に掲載しています!ぜひ、お気軽にご応募ください。

株式会社タンバリンでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう