1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

本気で「人が喜ぶものづくり」をしたいから、僕はここで新卒エンジニアとして成長したい

「オフィスにDJブースがあって面白い会社だなと思って募集ページを見たら、『人の役に立つものづくりがしたい』というメッセージが書いてあって。ここなら自分が理想とする仕事ができると直感したんです」

タンバリンに対する最初の印象をそう振り返るのは、2021年4月入社予定の内定者平井健太郎です。今回は彼に入社の経緯やものづくりへの想いを聞きました。

目次

  1. プロフィール
  2. 本気でエンジニアを志そうと思った理由
  3. タンバリンが掲げる想いが、自分の理想とマッチしていた
  4. 初心を忘れず、人に喜んでもらえるものづくりがしたい

プロフィール

平井 健太郎 / Kentaro Hirai
株式会社タンバリン 内定者(2021年4月入社予定)
クラウドインテグレーション部配属予定

子どもの頃からものづくりが好きで、図工や技術の授業が好きだった。高校時代、エンジニアリングに興味を持ち、卒業後はHAL大阪に進学。Web開発を専攻し、チーム開発の楽しさと難しさを知ると共に、講師に言われた「エンジニアはコミュニケーションも重要」という言葉を実感。2年生ではサブリーダーも経験。
Wantedly


本気でエンジニアを志そうと思った理由

――平井さんはどのような経緯でエンジニアを志したのですか?

初めてプログラミングの存在を知ったのは小学生の頃でした。PCに詳しい友人が、自分で作ったサイトのURLをみんなに配っていて「こういうものを自分で作れるのか」と。

でもその時はさほど興味を持たなくて。僕は子どもの頃から図工や技術の授業が好きだったので、漠然と美大に行きたいと考えていました。

けれど中学生の頃からみんなが当たり前のようにSNSアカウントを持つようになり、それを見ていたら少しずつ意識が変わっていったんですよ。

これからの時代、Webの方が色々作れそうだなって。

高校の進路相談で、担任の先生にその考えを話したら「HALがあるよ」と。ほかの技術系専門学校も調べた上で、生徒数が多く設備も充実していることからHAL大阪に進学しました。

ただ僕はそれまでプログラミング未経験だったので、入学当初はなかなか大変でした。1年生のC言語の授業で「これやってください」と、いきなり課題を出された時はめちゃ焦りましたね(笑)。隣の席の子に教わってどうにか提出したのも思い出です。

最終的にエンジニアを将来の仕事にしたいと思ったのは、学校から指定された企業に20日間ほどインターンシップに行ったことがきっかけでした。

そこでは、電話対応のカスタマーサポートに対して、Web上で情報入力できるツールを作りました。

インターンシップ先の方から指示を受けながら一人で開発を進めたのですが、適宜「ここはこうした方がカスタマーサポートの人は使いやすいよ」などフィードバックをもらえるのが新鮮で。

学校の課題は「動くかどうか」がゴールだったので、それまで人に使ってもらうことを意識せずにものづくりをしていました。

ユーザーの使いやすさを本気で考えながら開発するのは初めてでしたし、何より完成したものを使ってもらえたことが本当に嬉しくて。

そこで、人に役立つものを作りたいと明確な目標ができたんです。これを仕事にしたいと強く思いました。


タンバリンが掲げる想いが、自分の理想とマッチしていた

――就職活動では、どのように企業を探していたのですか?

最初に決めていたのは勤務地だけ。昔から仲の良かった2人の友人が東京に引っ越していたので「自分も東京で就職しよう」と思っていました。

その後、学校に届く求人票を見ていたのですが、IT企業とひと言で言っても様々でなかなか絞れなくて。

悩んだ末、企業側からオファーが届くサービスに今まで作ったポートフォリオを登録しました。そこに届いた企業説明会の案内を見て「いいな」と思ったら参加する形で就活をスタートしたのが、2020年1月のことでした。

――どういう企業を「いいな」と思いましたか?

バックエンドとフロントエンドがはっきり分かれていない企業ですね。その方が様々な経験を積めると思ったので、シンプルに「エンジニア」を募集している企業を選んでいました。

けれど2月に入ると、新型ウイルス感染症流行の影響で就活関連のイベントが軒並み中止に。最終選考まで進んでいた企業の面接がキャンセルになったこともありました。

正直、途方に暮れたのですが、何とか模索しながらリモート面談や説明会に参加する中、Wantedly経由でオファーをくれたのがタンバリンでした。

――そこでタンバリンを知ったのですね。最初の印象はいかがでしたか?

「オフィスにDJブースがあって面白そうだな」って(笑)。そのあとWantedlyの募集ページを見たら「人の役に立つものづくりがしたい」と書いてあったので、自分の理想と合っていると思いました。

さっそくオンライン説明会に参加し、Wantedlynoteの記事を読んで企業理解を深めていったのですが、noteのフルリモートに関する記事を読んで一層惹かれました。

そこにはタンバリンが、全国的に緊急事態宣言が出されたことと関係なく、2020年夏に開催予定だった東京五輪の混雑を予想し、フルリモートで仕事ができるよう準備していたこと。そもそも毎週水曜日をリモートワークの日にしていたことなどが書かれていました。

働き方に対してすごく柔軟な会社なんだなと魅力を感じて。

エンジニアとしてもいろいろなことに挑戦できる環境があると思えましたし、何より内定者アルバイトができることが内定受諾の決め手となりました。

実際に働き始める前に職場を体験し、環境を知れるのはありがたいですからね。その後選考に進み、無事に内定をもらって受諾したのが7月の初め、8月からは内定者アルバイトとして働き始めました。

最近は卒業制作で忙しくてあまりシフトに入れなかったのですが、2021年2月からは再始動し社内ツール開発のチームに参加しています。


初心を忘れず、人に喜んでもらえるものづくりがしたい

――4月からは新社会人としてタンバリンで働き始めます。今後の展望を教えてください。

周りの人と比較して僕はまだまだ。エンジニアとしてだけでなく、社会人として報連相の習慣を身につけ言葉遣いを正すなど、人として大きく成長しないといけないなと思っています。

タンバリンは今、会社として成長している時期なので、僕も一緒に成長していけたら良いですね。

今は内定者アルバイトとしてプロジェクトで使う言語を学習したり、Salesforceの資格取得に向けて勉強している日々。

4月から社員として本格的に働き始めますが、エンジニアを本格的に目指そうと決心するきっかけになった「自分が作ったものを使ってもらえる喜び」はずっと忘れないようにしたいと思っています。

仕事としてものづくりをするなら、誰かに使ってもらわないと意味がありません。使ってもらい、喜んでもらえるものづくりができるよう、日々レベルアップしていきたいですね。


★タンバリンに少しでも興味をもってくださった方は、ぜフォローいただけると嬉しいです。

★現在募集中の職種は下記に掲載しています!ぜひ、お気軽にご応募ください。

株式会社タンバリンでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう