1
/
5

【私がテイラーワークスにJoinした理由 矢部編】ユーザーや地域の見えない課題を拾い上げ、解決する

***************
こんにちは!テイラーワークス採用担当です。
今日も、テイラーワークスのメンバー紹介をさせていただきます!
8月に入社しわずか2ヶ月半ですが、コミュニティユーザー様へのカスタマーサクセスとして早速活躍中の矢部さん。
フルリモートワークの体制の中で、矢部さんは地元大阪でワークされています。
これまでのキャリア、地域課題への想い、テイラーワークスに入社した理由、これから実現したいことなど、情報盛りだくさんですので、ぜひご覧ください!
***************


はじめまして!
テイラーワークスでCS(カスタマーサクセス)を担当している矢部です。

出身は大阪府、東京で2年働いた後、福島県へ移住し、最近Uターンで大阪へ帰ってきました。

以前までいた福島県は2011年の東日本大震災以降、放射能の影響もあり人口減少、風評被害を受けるなど様々な課題に直面してきました。

福島県で働いていた前職では、地方創生の会社に所属していました。
復興に向けて「移住・定住者促進」「空き家問題解決」など、地域課題解決、コンテンツ作りから発信まで様々な業務に携わっていました。

▲福島県田村市の片曽根山。この近くに住んでいました。


▲農業体験もしました!

----------------------------
なんのためにやるのか
----------------------------

テイラーワークスにjoinした理由ですが、まず移住した福島県にてご縁があり、結婚を機に地元の大阪へ帰省することになったところがきっかけです。

福島県を離れ転職をすることを決めた際、次にどういったプロジェクトに携わりたいか考えたときに、引き続き「地方創生」や「コミュニティ」という文脈に関わりたい思いました。

しかし大阪へ帰省することが先に決まってしまっていたので、場所にとらわれずにできる条件は何かと考えたときに「フルリモート」が一つの手段でした。

フルリモート×地方創生の条件(探しましたが他は見つかりませんでした・・・)で探していたときに見つけたのがテイラーワークスです。
また福島県にいた際、副業(フルリモート)でCS業務をしており、テイラーワークスでもCSのポストを募集していたので「もうここしかない!」と思いjoinを決意しました。

-----------------------------
なぜそれに取り組もうと考えているのか
----------------------------

出身が大阪市内の都会で育ったということもあり、学生時代から「田舎暮らし」にとてもあこがれがありました。

実際に学生時代、インターンとして1ヶ月程、奄美大島に行き、島おこしを行いました。

そこでの経験(主に都会と地方のギャップ)がまさに僕の人生を変え、社会人になっても地方創生に取り組もうと決意しました。

▲いつ見ても海が綺麗です!!

前職で福島県へ移住し業務に従事する中で、地域課題の根深さには改めて気づかされました。

また多くの地域で課題や悩みを持っているにも関わらず、解決の糸口が見えていない、誰に(どこに)頼ればいいのか分からない現状があることにも気づき、少しでも多くの地域で何か役に立つことをしたい、という思いでいっぱいでした。

-----------------------------
これからどういった事を実現しようとしているか
-----------------------------

「ユーザー(や地域)の見えない課題を拾い上げ⇒解決する」

という形で地域の活性化に貢献したいと考えています。

多くの地域で「色々と不便を感じてきているけど何をしたらいいのかわからない」「自分(会社)だけではどうしようもできない」といった声を聞きます。
そういった全国あちこちの地域課題と向き合い、潜在的に抱えている課題をテクノロジーの力と共に掘り起こし、解決へ導きたいと思っています。

テイラーワークスがもつプラットフォームを駆使して、多くのユーザーに「こんなにも便利なものがあるんだ」「困った時はテイラーワークスに頼ればいいんだ」と思ってほしいです。

これまでは目の前の地域課題と正面から向かい合ってきましたが、これからは大阪から、様々な地域と向き合い、泥臭く取り組み、頑張りたいと思います。

株式会社テイラーワークスでは一緒に働く仲間を募集しています
8 いいね!
8 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう