1
/
5

【私がテイラーワークスにJoinした理由 渡辺編】自分の仕事で地元・地方を元気にしたい

***************
こんにちは!テイラーワークス採用担当です。
今日も、テイラーワークスのメンバー紹介をさせていただきます!
マーケティングチームでコンテンツマーケを担当し、活躍中の渡辺さん。
フルリモートワークの体制の中で、渡辺さんは地元・大分でワークされています。
テイラーワークスに入社した理由、地方への想い、入社後の仕事内容、これから実現したいことなど、情報盛りだくさんですので、ぜひご覧ください!
***************


皆さん、はじめまして!
マーケティングチーム所属の渡辺と申します。

2021年4月に入社し、主にコンテンツ制作の業務を担当しています。


2017年4月に新卒入社した前職では、バックオフィス向けの業務効率化ツールの営業やマーケティング業務を担当していました。

見込顧客向け・ユーザー向けにウェビナーを開催したり、導入事例の制作をおこなっていた経験を活かし、テイラーワークスでもコンテンツ制作全般に取り組んでいます。コミュニティ運営のプロにお話を聞くYouTube番組「Tailors」や、地方銀行や自治体といった地域を支えるリーダーの方々に取材をした導入事例など、今後も様々なコンテンツを掲出していきます。ぜひチェックいただけると嬉しいです!

ちなみに、私は地元の大分県からフルリモートで働いています!

↑別府の鉄輪地区に行くと、至るところから湯けむりが立ち上っています。写真だと分かりづらいかもしれませんが、実際はかなりの迫力です!ちなみに、私が持っているギターは地元のギタリストさんが制作されたものをお借りしました。

-----------------------------
なんのためにやるのか
-----------------------------

テイラーワークスに入社を決めた理由は2つあります。
1つ目は地方創生に興味があったこと、2つ目は地元から仕事をしたかったこと。この2つです。

1.地方創生や地域活性の分野に興味があった

大学進学を機に上京し、そのまま東京で就職しました。

前職では、企業のバックオフィス業務の効率化に貢献しながらも、違う分野の仕事に挑戦してみたいなぁとぼんやりと思っていました。

東京にいた頃は、数ヶ月に一度は帰省したり、頻繁に地方へ旅行したりしていました。地元で生活していた高校時代までは気づかなかったのですが、帰省の回数を重ねるうちに、地元の良さに気づくようになりました。

↑定期的に遊びに行く港です。ここで夜風に当たると心が休まるので、とてもお気に入りな場所です。


それからは、地方にも魅力的な場所がたくさんあるのに、東京一極集中になってしまうのはもったいないな…と感じるようになり、地方創生や地域活性の分野に興味を持ち始めました。

テイラーワークスは、「豊かで持続可能な地域経済をつくる」ことをミッションとしています。テイラーワークスの存在を知った時に、自分の仕事で地元が元気になるほど素敵な仕事はないと強く思いました!

東京のような大都市だけではなく情報が行き届きにくい地域にも、有益な情報が必要な人に届くことによって、住みやすく働きやすい地域が増えたら良いなと思っています。

地域の活性化に良い影響を与えられるように、Tailor Worksに関わってくださる皆さんと一緒に色んなことに取り組んでいきたいです。直近でいうと、別府の地域で面白い取り組みが生まれてきているので、地元の方々と何ができそうか考えることが楽しいです!

2.地元から仕事をしたかった

東京には、魅力的な企業も楽しめる場所もたくさんあるし、交通の便が良いから色んな場所へ旅行しやすいし、今でも東京は良い場所だと思っています。

しかし、コロナの感染拡大によって帰省ができなくなり、家族や地元の友人と会えなくなりました。一方、世の中では場所を問わない働き方が注目されるようになり、この辺りから「ずっと東京で生活し続ける意味って何だろう?」と思い始めました。当時は家族の近くで生活したい気持ちが強かったので、地元で働くことが前提でした。

今後のライフプランも考えると、場所は問わずどこからでも働ける環境が良いと思い、フルリモートで働ける仕事を探しました。フリーランスという選択肢もあったかもしれませんが、私の場合はフルリモートOKの企業で探していました。

実際に探してみると、

・在宅勤務、リモート相談可
・コロナの感染防止対策として、在宅勤務を推奨
・フルリモート可だが、社員のほとんどが関東圏メンバー

などなど、地方から接続して仕事をしている企業がなかなか見つからず…

そんな時に出会ったのが、テイラーワークスでした!

人事の方と初めて面談をした時に、「東京、静岡、京都、福岡…」と各メンバーがどこから接続しているのかを教えてもらうことができ、とても驚きました。これなら、私も大分から仕事ができそう!とイメージできました。

いくつか他の企業のお話も聞いたのですが、地方創生や地域活性に貢献できる、かつ、地方メンバーでも活躍できる企業はテイラーワークスしか見つかりませんでした。出会わせてくれたことに感謝しています!

-----------------------------
なぜそれ(目的)に取り組もうと考えているのか

-----------------------------

テイラーワークスに入社した目的は、地方全体を盛り上げるためです。

地元の大分もそうですが、地方にはもっともっと元気になってほしいです!

私自身、高校生の時には「地元の魅力は温泉しかない」と思っていました。しかし、その時はただ知らなかっただけで、日本夕陽百選に選ばれた「真玉海岸」や綺麗な紅葉が楽しめる「両子寺」、豊後高田市の「昭和の町」などなど、ここでは書ききれないくらい素敵なものに溢れています。

↑大分県北部にある真玉海岸。夕日のパワーをたくさんもらえるので、大分にお越しの際は是非!

実際に、真玉海岸とチームラボがコラボしたアートギャラリーも開設されていて、このように他の企業や団体が組み合わさることによって、その魅力が更に引き立つと思います。

地方には、知らないけれど実はすごく魅力的なものが、たくさん存在していると感じています。その魅力を眠らせずに活用することで、地方がどんどん活気づいていけば良いなと思っています。

-----------------------------
これからどういった事を実現しようとしているか
-----------------------------

私がテイラーワークスで挑戦したいことは、

ユーザーに「Tailor Worksをもっと使いたい!」と思ってもらえるために、コンテンツを制作・発信し続けることです。

ユーザーの方々が喜んで使ってくれることが、私の喜びに繋がるからです。


そのために、まずはユーザーの意見を聞く環境を整えることから始めたいと思います。ユーザーの方々に寄り添う気持ちを持って、ユーザーが話しやすい場所を用意し、いつでも状況把握できる状態にしようと考えています。

その後は、ユーザーに聞いた内容をどのようなコンテンツとして発信していくのがベストなのかを決めていきます。コンテンツと一言で言っても、イベントやセミナー、ホワイトペーパー、コラムなどたくさんあるので、どのようなアプローチが良いのか試していきたいと思います。

この流れを繰り返しながら、ユーザーの方々に「テイラーワークスからの情報発信が楽しみだ、もっと使いたい!」と思ってもらえるために、コンテンツを発信し続けたいと思います!

株式会社テイラーワークスでは一緒に働く仲間を募集しています
13 いいね!
13 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう