1
/
5

【インターン×採用インタビュー】採用・広報が語る、タビアンの魅力とは?

学生エンジニアインターンの吉谷です。

今回は、エンジニアインターンがインタビューしてみた!第2弾として、

弊社のバックオフィスを担当されている金子さんにインタビューを行いました。

タビアンを知っていただく機会として、ぜひ本記事をご覧いただければと思います。

エンジニアからバックオフィスへのキャリアチェンジ

(吉谷)金子さんはタビアンにジョインするまでどのような仕事をしていましたか?

(金子)新卒で独立系のITコンサルに就職して、2年ぐらいシステムの要件定義から開発まで行ってました。

大学院進学を目指して会社を辞めてふらふらしていたのですが、ちょうどその頃代表の難波さん(過去の難波さんのインタビューはこちらhttps://www.wantedly.com/companies/tabian/post_articles/195395)に「バイトしない?」と誘われて。難波さんは前職で同じプロジェクトにいて、よく絡んでくれてたんです。

当初は、私と難波さんとデザイナー・副業エンジニアがそれぞれ1名のみ。まずは採用の初歩から難波さんと勉強するところからはじめました。

(吉谷)タビアンではどのような仕事を担当していますか?

(金子)現在は、人事・広報・総務などのバックオフィスを担当してます。

大学院では心理学を専攻していて、その経験が今の仕事に少し生かされていると思います。

人事の中でも労務系は、メンバーのモチベーションや組織との関わり方、心身の健康などをケアする立場でもあります。

キャリア形成、悩みをに対してどのように対処するかなど、一緒に考える機会があるので、大学院の学びと徐々に繋げていけるといいなあと。

(吉谷)ご自身の経験が思わぬ形で仕事に繋がったんですね。素敵です!!

採用・広報担当からみたタビアンの「魅力」

(吉谷)採用・広報の目線からみたタビアンの魅力は何ですか?

(金子)一番はその人がやりたいことをいろいろチャレンジされてくれることだと思っていて。

(吉谷)ほほう。その心は!?

(金子)私の場合、初めはメンバーが私以外に2人しかいなかったので、会社のバックオフィスに関わることは何でもやらせてもらえました。

そのときは採用について何も知らない状態でしたが、いろいろ調べつつWantedlyの方や経営陣とやりとりして採用の仕組みを構築していきました。

その後は社内の採用立ち上げの経験から、他社さんの採用の支援も行なうまでになったんです。

タビアンって自分がどういうふうになりたいかを経営陣がヒアリングして、それに合わせたポジションでチャレンジさせてくれるんです。

エンジニアさんに関しては、自社開発のPOSHAだけではなく、受託開発案件が複数走っていることが大きなメリットになると思います。、長年のシステム開発経験のある経営陣が直接取ってきた案件しかないので、色々と融通が利く面があるんです。例えば、興味のあるプロダクト、極めたい技術、バックエンドがいいとかインフラにもちょっと挑戦したいとか、自分の希望と案件状況さえマッチすれば挑戦できる環境があります。

また、今はフリーランスで働くエンジニアさんも増えてきていますが、タビアンを見ていると、会社で働くメリットも色々あると思います。もちろんどちらもプラス面・マイナス面ありますが、多様な案件を役員が取って来てくれること、煩雑な手続き事務作業を担ってくれることはエンジニアにとって魅力ではないでしょうか。

(吉谷)開発に集中できるという会社の利点を残しつつ、伸ばしたい技術でキャリア形成していける、いいとこ取りな働き方が可能なんですね!


Wantedly社での登壇イベントの様子(2020年1月)

タビアンに馴染む人とは?

(吉谷)今までの採用の経験から、タビアンにはこんな人が合いそうだなというポイントはありますか?

(金子)物事にコツコツと取り組む人が多い印象があります。

タビアンの役員は自分の技術を身につけてコツコツと泥臭くやってきた人たちなので、

「一発当てて、がっつり稼いでやろう!」とか、「誰もが知ってる有名なプロダクトを作りたい!」ていう人とは色は違うかなと。

いい意味で変わり者の人が馴染んでいるなと思っています。

(吉谷)変わり者(笑)経営陣もさまざまなシステム開発に携わった経験があるからこそ、着実な経営で着実な開発を行うことが特徴なんですね。

タビアンで働く「やりがい」とは

(吉谷)タビアンで働く上で、どんなことがやりがいだと感じますか?

(金子)特に力を入れている採用領域でいえば、自分の仕事が経営と直結している感覚があることですね。

私の場合、採用イコール経営戦略だと思っていて、採用は人がいないと売上が立てられないし、開発のクオリティーにも関わる重要な役割です。採用で人が取れた時は、開発の体制に直結するので、自分の動きと会社の動きがつながっているという実感がありますね。

(吉谷)エンジニアの人も結果が見えやすいという部分はあると思います。経営者との距離が近いので会社の状況もすぐに分かる環境にある、というか、隣でコード書いているので(笑)

(金子)お客さんとの状況も経営陣と一緒に開発をしているので、すぐ分かる環境がありますね。

最後に

(吉谷)最後にタビアンに興味を持っていただいている方に一言お願いします!

(金子)タビアンでは会社の動きだけでなく、開発するプロダクトの方向性も彼らと決めていくことになるので、経営陣との相性に尽きると思っています。

面白い人たちですが、合うかどうかは話してみないとわからないと思います。採用目的でなくとも、キャリアのことでも何でもいいので、一度話してもらえると嬉しいです!

タビアン株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
転職意欲がなくてもOK
この話題について、
話しませんか?
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
タビアン株式会社からお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?