1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

新卒ベンチャーからスタートアップへの転職、自分にとって勝てる環境だと思った理由。

はじめまして、服部広です。CLUEではオンラインマーケティングを中心に担当しています。

新卒で入社した会社から2年目で転職

大学を卒業後、医師専門の人材紹介会社でオンラインマーケティングを担当していました。自社のBtoBサービスのプロモーションに携わり、WEB広告運用、バナー制作、サイトの動線改善、SEOライティングなどを通じてお問い合わせの獲得増に努めていました。
担当サービスの担当が自分1人だったこともあり、新卒ながら幅広い業務に携わることができました。

会社から与えられた目標は達成していたものの、「本当にこれで満足してて良いのか?ハードルが低いだけではないか?」という不安もありました。当時、情報収集を目的として外部で開催されるイベントに参加していたのですが、優秀そうに見えるマーケターは、会社の全体像を見据えて話をしているように感じました。一方で僕は、1つの事業の、オンラインに限定されたマーケティング担当。

個別のスキルを磨くのも悪くはないと思いつつも、当時所属していた会社は分業制の壁が厚く他の部署や会社全体としてどう動いているかが見えづらく、理想とするキャリアからはズレているなと感じていました。ホワイトで一定の自由度もあり穏やかに働くには良い環境でしたが、もっと上の次元を目指すためには、全体最適化に挑戦できる環境で働く必要がある、そう思い転職を決意しました。

自分にとって一番勝ちやすい環境を考えた

転職活動は、Wantedlyなどを使い興味がある企業の話を片っ端から聞きに行きました。もともと色々な企業のビジネスモデルを調べるのが好きだったので業種にこだわらずにみていました。中でも面白かったのはIoTを駆使している山梨のぶどう農園です。実はドローンに興味を持ったのも、農業がきっかけでした。
ドローンベンチャーへの転職と聞くと、チャレンジングな印象を持たれがちですが、自分はそうは思っていません。むしろ、他のどの選択肢よりも"勝てる"と思い転職をしました。
理由の1つは「確実に成長する産業」であること、もう1つは「キャリアの希少性」です。

・確実に成長する産業
政府が発表している資料などを読み込んで検討しました。国策としてドローン市場が成長するのは明らかで、それに伴ってマーケターの需要も高まると考えました。
たとえドローン市場が意外と伸びなかったとしても、レガシー産業×ITサービスのマーケティングという軸ならつぶしが効く。考慮した結果、ドローン業界で働くリスクリターンを考えた時、リターンの方が大きいと感じました。

・キャリアの希少性
「人材紹介のマーケター」と「ドローンのマーケター」どっちが記憶に残るか、どっちに会いたいかと言われたら僕の価値観では絶対に後者です。
面白い肩書きはそれだけで話を聞きたいと思ってもらえます。マーケティングではサービスに興味を持ってもらうのは一苦労ですが、それを簡単にできてしまうのが面白い肩書きを持つことの強さだと思っています。

僕がこうした思考をする理由は、学生時代の成功体験にあると思っています。僕は高校大学と少林寺拳法をやっていました。都道府県では優勝、関東では2位、全国では6位になった経験があります。競技人口が少ないので、全国大会でもメジャースポーツの地区大会突破ぐらいの規模感なのですが、社会での評価のされ方では差が出にくいと感じています。

人口が少ない場所で戦えば、大きな勝負ができるチャンスが巡ってくるという実感はありました。より小さい規模、新しい産業で仕事の幅も広げざるを得ない環境で働くことは、僕自身のマーケティングスキルを上げることにも合致していました。
色々話しましたが、こういった経緯もあり、他のどの選択肢よりも"勝ちやすい"と感じたのがCLUEでした。

入社してみて意外だったこと

今は前職での経験を活かして、オンラインマーケティングを中心に担当しています。
マーケティングチームや外部の方々と協力しながら色々な施策を試しています。DL資料を作ったり、広告用のページを作ったり、ウェブセミナーを開催したり。

全体最適化が必要とされる環境は狙い通りでした。施策を真似できる競合他社がほぼいない中、セミナーやメルマガのコンテンツを考えるには顧客理解が必要不可欠ですし、会社を大きく成長させる過程で広告の費用対効果もしっかりと見ていく必要があります。

あと入社して意外だったのは、ドローン大好き!って社員は全体の2~3割ぐらいで、そこまで多くないことです(笑)。
もっとギークな感じだと思っていましたが、色々な趣味を持っている人がいます。自分は基本インドア派なのですが、冬は会社の人に誘われて初スノボを経験してきました。指導のおかげもあって、目標としていた連続ターンがなんとかできるぐらいには上達しました。


1人じゃないから、勝ち負けの土俵に立てる

1人担当だった時と比べて、視点も変わりました。

今まではマーケティング施策のアイディアに注目しがちでしたが、今は、施策を実行するまでのプロセスや計画の方が重要だと思っています。メンバー間の調整や細かい集計作業などの計画、社内で施策を通すための準備も自分はまだまだ不十分で、複数人でプロジェクトを進める方法を学んでいる状況です。

分業の壁が厚くなく、チームを越えて一緒に仕事ができることも心強いです。
顧客理解のためにカスタマージャーニーマップを作成しようと提案したことがあったのですが、そこに営業メンバーも参加してくれました。同じことを課題に思ってくれたことが純粋に嬉しく、視野を広げることができました。

たとえば、顧客についてはCS/CX担当が一番よく知っているし、お客様にどんな提案が刺さるかは営業担当が一番よく知っています。色々な人を巻き込むことができると一人では難しいことも実現できるし、「マーケティングの才能」みたいなものがない自分でも、勝ち負けの土俵に立てるチャンスがあると感じます。

CLUEに向いてると思う人

僕は「面白い」選択をする人に会いたいです。
ドローン業界、ベンチャー、レガシー業界向けのソフトウェア開発、そんなユニークなかけあわせのCLUEで働いている人は全員「面白い選択をした」人たちだと僕は思っています。
そして、わざわざこの記事を読むような人も、間違いなく面白い人だろうと想像しています。

実績や仕事のスキルも大切だと思うのですが、選択の結果がその人の魅力を作ると僕は思っています。そういった人間性で得られる信頼やよく言うカルチャーみたいなものは言語化が難しいです。けれど、結局は一番大切なんじゃないかと思います。

面白そうだなと思ったらCLUEの話を聞きに来てみてください!

株式会社CLUEでは一緒に働く仲間を募集しています
42 いいね!
42 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング