1
/
5

データで見るシナジーマーケティング|どんな人が働いている? 働く環境は?

Photo by Firmbee.com on Unsplash

転職先を考えるとき、みなさんはどこに注目していますか? やりがいのある仕事、今より収入が増えるかどうか…どれも大事ですが、自分の能力を発揮しながら長く活躍するには、「どんな人が働いているのか?」「働きやすい環境なのか?」も大切なポイントです。

そこで今回は、シナジーマーケティングの社員にまつわるデータ&数字をご紹介いたします。

業界ではめずらしい!? 社員の約7割が大阪所属です

シナジーマーケティングは業界ではめずらしく、大阪が発祥の会社です。そのため、71%が大阪の所属となっています。

<所属のオフィス>

  • 大 阪:71.5%
  • 東 京:27.6%
  • その他: 0.9%(「その他」は九州や中国地方からのリモート勤務)

ただし、実際の業務では、東京と大阪それぞれに所属しているメンバーが同じチームになることもあるなど、所属に関係なく連携し仕事をしています。


次に、男女比についても見てみたいと思います。男性59.9%、女性40.1%と、女性が4割を超えています。ちなみに、2020年1月には開発部門のトップであるCTOに女性が就任しています。

開発部門の話が出たところで、職種ごとの割合についてもご紹介させてください。


自社でサービスを開発していることから企画や開発系で半分以上、アカウントセールスやコンサルタントなど営業系と、会社を支える事務・サポートがバランス良く配置されていることがわかります。


よく働き、よく休み、よく遊ぶ

続いて、働きやすさに関するデータを3つ、お見せしたいと思います。

まずは、平均残業時間です。厚生労働省の調査(令和元年)では月14.3時間、転職サイトdodaの調査では月20.6時間、口コミサイトOpenWorkの調査では月47時間となっています。

一方、シナジーマーケティングの残業時間は月10〜20時間。調査結果と比べてみても、残業時間が少ない範囲に収まっています。

では、お休みについてはどうでしょうか? 年間休日数は120日前後(年によって変動あり)で、有給休暇の取得率は78%。民間企業における有給休暇の平均取得率(厚生労働省 令和2年「就労条件総合調査」より)が56.3%なので、かなり高い割合です。

また、産育休の復帰率はなんと95%! これも全国平均の53.1%(国立社会保障・人口問題研究所「第15回出生動向基本調査(夫婦調査)(2015年)」を大きく上回っています。

これは、社員一人ひとりの生産性向上に向けた取り組みと会社のサポート、両方があってこそのこと。さらに、2021年1月からは在宅勤務を正式制度化するなど、働きやすさをアップデートし続けています。


いかがでしたでしょうか?

シナジーマーケティングで働く人や環境について、もっと詳しく知りたい方は、ぜひ、採用サイトをご覧ください!

▼採用サイト
http://synergist.jp/

▼「Data よくわかる社員データ」
*データは掲載時のものになるため、本記事とは異なっている可能性があります
http://synergist.jp/data/

(編集:経営推進部 ブランドマネジメントチーム)


テレワーク開始から1年。社員の意識や会社の制度はどう変わった?(在宅勤務に関するアンケート結果まとめ) | シナジーマーケティング株式会社
新型コロナウイルスの感染拡大防止対策の一環として、2020年から多くの企業が在宅勤務(テレワーク)を導入していますが、私たちシナジーマーケティングでも、感染拡大の兆しが見え始めた2020年3月から在宅勤務を行なっています。 今回は、開始時より1年にわたって実施している従業員へのアンケートから、シナジーマーケティングの在宅勤務のリアルな実情についてご紹介させていただきます。 ...
https://www.wantedly.com/companies/synergy-marketing/post_articles/326532


シナジーマーケティング株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう