1
/
5

2021年買ってよかったソフト&ガジェットは?

こんにちは。sweeep広報です。気がついたらもうすぐ2021年は終わり…。年末お決まりのブログのテーマといえば「今年買ってよかったもの」。今回は、ソフト&ガジェット限定で、メンバーに聞いてみました!

買ってよかったソフトウェア

1. IntelliJ(開発ソフト)

「これで生産性がかなり上がる!」

という評価から買ってよかったソフトとしてエンジニアから推す声がありました。IntelliJ IDEAとはJavaなど数多くのプログラミング言語に対応した統合開発環境です。今や、JavaのIDEとしてはIntelliJが主流のよう。

2. Drafts(メモツール)

「声でメモをするというだけの超シンプルなメモツール。アイデアを思いついた時や、買い物メモをする時に超便利。このソフトをApple Watchに入れておけば、スマホを出さなくてもパっと声でメモができる。」

Voiceメモのシンプル版として知られているDrafts。Apple純正のボイスメモもありますが、こちらのほうがメモに特化しているようですね。

3. Notability(録音+ノートアプリ)

「録音した声とノートを同期して記録できる!最初使ったときは画期的すぎて感動した!」

Notabilityは、録音だけ、ノートやメモだけ、ではなく音声を書いたテキストとリンクさせて記録できることが最大の特徴。音声を再生すると、その時にどのテキストを書いていたのかをノート上に表示してくれるので後で見返すのにとても便利のようです。今の大学生はこれで講義のノートをとっているとか。

買ってよかったガジェット

ガジェット(ハードウェア)を挙げてもらうと、やはりズラズラーっとApple製品が並びました。今年はM1が搭載されたMacbook Proが発売され話題でしたね!

1. M1 Macbook Pro

「Apple製のCPUはさくさく動いていいです。3年前のMacbookはもうファンがうるさいし、遅くて。。ちなみにYさんが購入したM1 Macは自分の4倍スペックのものです(4倍仕事してもらおう)」

PCのスペックで仕事量が決まる?!というのは冗談ですが、PCが早いか遅いかで仕事の効率にも大きく影響するのは確かですね。昨年CPUがIntelから変わると発表され驚きでしたが、M1は本当に快適で納得!ちなみにApple派・Windows派は社内で半々ぐらいです。

2. iPad

「キーボードで打ち込むよりも、手書きで書くほうが情報の整理や構造の理解がしやすくなる気がする。アイデアを練るときは大抵手書きでiPad。買って正解だった。」

Appleの発表ではiPad miniが久しぶりに登場。Apple pencilがiPadにペタっとくっつきデザイン性もアップしたので、購入された方も多いのではないでしょうか。メンバーのNさんは、今回iPad ProとiPad mini両方購入してました。(すごい!) 手書きの楽しさと、大切さを改めて認識できる製品です。

3. AirTag

「小学生の娘のランドセルやカバンに付けています。 帰宅時や街中で迷子になった時など、iPhoneで子供の居場所が確認できて便利です。 携帯電話のように月額使用料が掛からないリーズナブルな点が一番気に入っています。」

鍵に付けたり、バッグに入れておくだけで、それらを「探す」アプリでいつでも探知できるAirTag。近くにあるiPhoneやiPadと裏で通信し、暗号化した上で自分の最新の場所データをAppleに残す仕組み。この仕組みからして、さすがApple!

4. Kindle PaperWhite

「以前のモデルより画面が少し大きくなり、レスポンス速度が少し速くなっただけですが、その違いが大きく、より快適に使用できるようになりました」

以前のモデルは多少使いにくさもありましたが、最新のKindleはかなり性能が進化したようです。画面は大きくなり、ライトの調整機能も豊富に。USB Type-Cも搭載されたのでモバイルバッテリーでの充電もできるよになりました。反応速度が以前の機種より20%アップし、ページめくりもかなり快適になったようです。(すごい良さそう。買い替えようかな…)

5. Anker Nano II 65W

「Apple純正のバッテリーは重たいので、持ち歩くのにはAnkerのバッテリーが便利。小さくて軽い!」

このバッテリーを推す声多数!弊社はフルリモートのため、コワーキングスペースで仕事するメンバーも多く、重いか否かは重要ポイントです。Ankerのバッテリーが性能として最も優れているようですね。

6. MOFT ノートパソコンスタンド

「折り畳み式パソコンスタンドは重たいものが多いけど、このMOFTはPCにペタっと貼っておくことができて軽くて良い。」

こちらも持ち歩きに便利なグッズ。PCの裏に貼っておくことができるので、あえてスタンドを別に持っていく必要もなし。同様にモバイルのスタンドもあり、そちらも軽くてかさばらず見た目もGOODでした。

まとめ

いかがでしたでしょうか。メンバーに聞いていると自分も全部欲しくなってしまいました。そうやって、気がつくと身の回りはAppleや関連製品ばかりになってしまう今日このごろです。2022年はどんなソフトがあり、どんなガジェットが発売されるのでしょう?イノベーションな製品に出会えるのが楽しみです!

sweeep株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
8 いいね!
8 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう