1
/
5

ユーザーの声で生まれ変わる!自社プロダクト「SmartVisca」リニューアル開発の裏側に迫りました。

こんにちは、サンブリッジ採用広報担当です。
サンブリッジでは仕事のあり方を変え、無駄な仕事を世の中からなくすため、2つの事業を展開しています。

 1.世界トップのCRMサービスであるSalesforceのコンサルティング/導入支援
 2.Salesforeの活用を広げる自社プロダクトの提供

そのうちの1つ、自社プロダクトの主軸であるSalesforce一体型名刺管理ソリューション「Smart Visca」。2020年6月には「名刺デジタル化」のインターネット調査において1位を獲得(※1)したSmartViscaは、今年度中にバージョンアップを予定しています。今回はその裏側に迫るべく、サンブリッジのアーキテクト澤野弘幸さんにインタビューを行いました。
  ※1.日本マーケティングリサーチ機構企画「2020年6月期_ブランドのイメージ調査」参照


プロダクト本部 アーキテクト
澤野 弘幸 (Hiroyuki Sawano)

2012年6月にサンブリッジに入社。Salesforce一体型名刺管理ソリューション「SmartVisca」の Salesforce AppExchange への公開に尽力する。以降、自社プロダクト事業の開発にあたり、新規プロダクトのリリース、バージョンアップに務める。


ーーまずは澤野さんの現在の業務内容を教えてください。

サンブリッジのプロダクト本部に所属し、主力の自社プロダクトである「SmartVisca」の開発を担っており、アーキテクト/プログラマーを主な業務としています。

ーー澤野さんはプロダクト本部の中でも特に社歴の長いメンバーだと聞いています。ぜひサンブリッジに入社するまでの経緯を教えてください。

前職でエンジニアとしてSalesforceに関連する仕事をしていたため、サンブリッジのことは知っていました。セールスフォース・ドットコムの展示会に参加した際、出店していたサンブリッジ社員がお揃いのTシャツを着ていたことから、自由で楽しそうな会社だと感じ、興味を持ちました。その後、サンブリッジに業務委託として関わり始め、正社員として2012年に入社しました。
入社前のイメージ通り、良い意味で仕事とプライベートの垣根なく、メンバーの裁量に任せられていることも多いため、働きやすさを感じています。

ーー10年弱、SmartViscaを見続けてきた澤野さんから、改めて「SmartVisca」の説明をお願いします。

SmartViscaは、名刺をスキャナーやスマートフォンで読み取るだけで、高速かつ正確にデジタル化するSalesforce一体型名刺管理ソリューションです。

2018年には、最も売れたAppExchangeアプリのランキングで中小企業部門と大企業部門でそれぞれ第2位と第1位を獲得しました。他名刺管理ツールと異なる点は、Salesforce Platform上で構築されていることです。Salesforceを活用する上で、不可欠な顧客データベースを整備するための機能が全て備わっています。そのため、外出先や在宅勤務でも手軽に正確な顧客データを用いて、営業やマーケティングをはじめあらゆる企業活動に活用できます。個人的に、昔からネットワーク上で情報を収集検索できるサービスに関心があったので、ネットワークで人の情報が集積される面白さをSmartViscaに見出しています。

▼SmartVisca詳細はこちらから


ーー2021年冬のタイミングで、SmartViscaをバージョンアップするに至った理由を教えてください。

コロナ禍前には新しいプロダクトの開発を検討しており、既存のSmartViscaのバージョンアップの予定はありませんでした。しかし、コロナ禍で対面での名刺交換をする機会が減ったことから、それに代わるような、オンライン上で名刺交換が完了できるツールの開発を検討し始めました。そこで、既存製品のSmartViscaにその機能を持たせることに決めたのです。私含めチームメンバーはSmartViscaそのものに愛着があるので、嬉しい意思決定でした。

ーー今回のバージョンアップで、これまでのSmartViscaと何が変わるのでしょうか?

単なる名刺情報を管理するツールから、より詳細なプロフィール情報を管理できるツールに変わります。例えば、対面の打ち合わせ時に渡していた名刺上の情報や、アイスブレイクで使われていたような自己紹介の内容等を「プロフィール情報」としてオンライン上で相手に提示することが可能になります。
また、社外の人だけでなく、自分自身や社内の人のプロフィールも登録可能にすることで、人と人との繋がりがビジネスシーンで活用されることを目指しています。例えば、取引先との(オンライン上の)コミュニケーション履歴を残していくことで、コンタクトをとりたい人がいた場合、その人とすでに面識がある人が社内にいるのか、それが誰なのか、を調べることもできます。
このように、より詳細な情報を活用できるツールを目指し、今までは「名刺」と読んでいたものを「プロフィール」と呼び名を変えて、開発を進めています。



ーー開発を進める上で、困難なことを教えてください。

最初のリリースから10年ほど経過して相当の数のお客様にインストールされて使われています。製品仕様にもその時々の要件があって取り入れています。そういった仕様の経緯を新しく参加されたメンバーにも漏れなく継承していくことには腐心しています。幸い、Github、JIRA、CircleCIなど、継続的な開発を支援するツールが利用できるようになって、それらのことも自動化されて容易になってきています。

ーー開発を進める上で、大切にしていることがあれば教えてください。

顧客視点に立った開発を大切にしています。プロダクト本部の統括である矢野は特に顧客意識が強く、ユーザーヒアリングの結果をもとにSmartViscaのあり方について、フロントメンバーだけでなく開発メンバーも含め議論する機会が多くあります。
私はサンブリッジに入社するまでパッケージ開発の経験がほとんどで、エンドユーザーの声を直接聞く機会があまりありませんでした。だからこそ、ユーザーの声が聞ける今、お客様の要望をどのようにプロダクトにフィードバックしていくかを、一層大切にしながら開発を進めています。
今回のバージョンアップの内容も、SmartViscaのユーザーヒアリングをした結果、要件として項目に上がってきたものをベースにしています。
例えば、名刺を取り込んだ後すぐにデジタル化して欲しいという要望がユーザーからありました。これまでは名刺をOCR(※2)で取り込んだ後、役職や部署名に誤りがないか、人が目視で確認してからデジタル化する必要があり、長い時には約1日かかっていました。今回のバージョンアップで精度が高いOCRを入れたことで、人の目視確認が不要となり、OCRにかけた直後にデジタル化することが可能になりました。また、OCRだけの納品をオプションとしたこともユーザーの声がきっかけです。
一方でお客様の要望を言葉通りに受け取ったり、拡大解釈したりしないように気をつけています。「お客様は何を本当に求めているのか、それは何故なのか。」言葉を咀嚼し、その裏にある「なぜ」を考えることで、顧客の本質的な課題解決を目指しています。
  
※2.Optical Character Recognition 
    活字、手書きテキストの画像を文字コードの列に変換するソフトウェアのこと

ーー最後にバージョンアップしたSmartViscaリリースに向けての意気込みをお願いします!

「名刺管理」ではなく「プロフィール管理」ツールとして活用いただくために、SFA(Sales Force Automation)との連携を強化しています。この機能は多くのお客様に利用いただけると考えられるので、既存のお客様だけでなく、ターゲットユーザーを広げていきたいと思っています。新しい類似製品を提供するベンダーも台頭してきている中で、今回のバージョンアップによってニューノーマル時代に適応したプロダクトとして新規・既存のユーザ様にも共感・評価いただけるものと確信しています。

▼プロダクト本部統括リーダー矢野の記事はこちらから

企業価値をあげるプロダクトを目指して、とことん情熱を注ぐ。〜サンブリッジの根幹を担うプロダクト本部の責任者へ新卒社員がインタビューしました〜 | 株式会社サンブリッジ
こんにちは!この春にサンブリッジに新卒入社した長谷川大輔です! サンブリッジは、「テクノロジーで仕事のあり方を変える」をミッションにシステム開発とプロダクト開発/販売を行っています。今回は、そんなサンブリッジのプロダクト本部の開発統括責任者である矢野賢太郎さんへのインタビューを通して、プロダクト事業の魅力を存分に知っていただけたらと考えております! ▶︎サンブリッジのプロダクト概要はこちらから
https://www.wantedly.com/companies/sunbridge/post_articles/330223

▼実際にSmartViscaを使用したら、名刺の取り込みに何時間かかるのか?!
検証した記事はこちらからご覧ください。

株式会社サンブリッジでは一緒に働く仲間を募集しています
10 いいね!
10 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング