1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「ワクワクしながら仕事がしたい」- BrSEからデザイナーへ、未経験の分野で挑戦を続ける彼女が語るSun*の魅力

ベトナム国家大学ハノイ校の外国語大学日本語学科卒業後、ベトナムの大手IT開発企業でコミュニケーターからキャリアをスタートし、約4年間、主に翻訳通訳の業務を担当。BrSEへチャレンジするためSun*に入社後、ベトナム拠点と日本本社にて多種多様なのプロジェクトを経験する中でデザインに出逢い、現在スタートアップや新規事業立ち上げを支援するLean Startup Unitでデザイン未経験ながらデザインディレクターとして活躍する。

未経験からBrSEへーSun*で踏み出した一歩

--Sun*でBrSEからキャリアをスタートされていますが、BrSEは未経験だったんですよね。どういう経緯で入社されたのでしょうか?

元々ベトナムの大手開発会社で資料の翻訳などを担当するコミュニケーターとして働いていたのですが、翻訳を通じて開発のプロセスを把握するにつれて、自分も開発そのものに携わってみたい、日本のクライアントと直接やりとりをしたいという気持ちが出てきました。ちょうどそのタイミングで友人からSun*を紹介してもらいました。短期間で1500人規模にまで急成長している会社でしたし、BrSEという、コミュニケーターの経験を生かしながら開発にも携われる職種に挑戦できる点に惹かれて応募しました。社内で勉強会やイベントが活発なところも魅力的でしたね。

--コミュニケーターからBrSEに転身して、大変ではなかったですか?

コミュニケーターとBrSEの大きな違いは専門知識を必要とするかどうかです。それを身につけるのは結構大変でしたが、自学に加えて社内の勉強会を自分で企画したり、上司や同僚が優しくサポートしてくれたので助かりました。BrSEとして初めて携わったプロジェクトはすごく印象に残っています。最初はコミュニケーターとしてBrSEのサポートがメインの役割で、たくさん指摘をもらって(笑)大変でしたが、自分が開発に携われているというのがうれしかったです。プロジェクトが進行するにつれてBrSEをまかせてもらう事もでき、無事にプロジェクトを完了させることができました。

ただの橋渡しではないーPMとしてのスキルも得られるSun*のBrSE

--複数のプロジェクトを同時にって大変ではないですか?

プロジェクトのフェーズによって注力しなければならないタイミングは変わるので、そこはバランスを見ながらハンドリングしています。それも含めて柔軟に対応する必要があるので大変ではありますが、必ずタスクごとに優先順位をつけて臨機応変にできるよう備えています。

--どれくらいの規模のプロジェクトが多いですか?

プロジェクトによって様々ですね。ミニマムは5名程度ですが、私が携わったプロジェクトで一番大きいのは50人規模でした。それほど大きいプロジェクトの場合は、全体を統括するBrSEの下でさらにチームが細分化されて、それぞれのチームにBrSEがアサインされます。

--BrSEはプロジェクトのどのタイミングで参画するのでしょうか?

ほとんどの場合プロジェクトの初期段階から入ります。見積もりの作成、スケジュール、進捗管理、トラブル対応まで、プロジェクトに関するあらゆることをまとめるのがBrSEのミッションなので、PMに近い動きをするプロジェクトが多いです。


BrSEからデザイナーへー新しい領域へ飛び込める環境

--BrSEから今度はデザイナーへジョブチェンジされていますが、きっかけはなんだったんでしょうか?

Sun*のベトナムオフィスで1年半ほどBrSEを経験した後、日本オフィスへ異動してBrSEとしてデザインディレクターのアシスタントをしたのがきっかけです。デザインディレクターというポジション自体は知っていたのですが、絵を描くのが得意な人だと思っていたので視野に入っていませんでした。しかし実際デザインディレクターの仕事を目の当たりにしたことで、自分がやりたいことはこれだと感じました。

--BrSEからデザイナーへと大きなジョブチェンジだと思うのですが、迷いはなかったですか?

すごく悩みました(笑)BrSEになるときにも必死で勉強しましたが、デザイナーになるためにはまたデザインについて一から勉強しなければならない。でも、ワクワクしながら仕事をするのって本当に素敵なことだと思っていますし、上司に相談した時にも「本当にやりたいならやってみな」と言ってもらえたことが後押しになりました。新しいことへ挑戦するときに応援してくれるSun*だからこそ、それぞれにふさわしいポジションを用意してもらえますし、私のようなちょっと特殊なキャリアパスを描けるのだと思います。そういう上司や周りの人に相談しやすい、温かい雰囲気があるのはベトナムオフィスも日本オフィスも同じで、そこはSun*の大きな魅力だと感じています。

それに、新しいことを学ぶのが元来好きなので、育休を取得中の今もオンラインコースを受講したり、ツールを使って練習したりするのがむしろストレス解消になっています(笑)

--新しいことへの挑戦を歓迎する雰囲気のあるSun*だからこそ、やりたいことにまっすぐ突き進める人にとっては良い環境があるのですね。

はい。やりたいことを上司に共有していける人であれば、速いスピードで成長していける環境だと思います。

他にもSun*でいいなと思う点があって、去年の3月8日(国際女性デー)に、突然自宅に綺麗な花束が送られてきたときは感動しました。他にも緊急事態の時に米や食べ物などをもらったり、社員のことを会社が丁寧にケアしてくれていると感じます。あとは、社内の上下関係があまりなくて、イベントの時などにボードメンバーが自ら料理を振る舞ってくれたりもします(笑)

--ありがとうございました!

Sun* Inc.では一緒に働く仲間を募集しています
21 いいね!
21 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング