1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【社会科見学受け入れシリーズVol.1】広告事業部・企画部・For School事業部・COO室でコラボレーション!高校生の社会科見学を受け入れました。


こんにちは、COO室 黒須です。

スタディプラスでは、中高生の企業訪問プログラムを実施しています。

2018年7月19日に開始してから、本日までで合計7校からお申し込みを頂いています!

中高生の皆さんが、キャリアや今後の進路を考えるにあたって、

スタディプラス・スタプラメンバーとの出会いがいい刺激・学びになることを期待して始めた取り組みです。

11月は修学旅行シーズンなのか、ほぼ毎週に企業訪問の予定が入っています!

本記事では、先日実施した企業訪問の様子をご紹介いたします。

当日のプログラム

当日のプログラムは、下記の通り。

10:30~11:00 会社説明

11:00~12:00 各事業部のワークショップ

 L広告事業部、Studyplus企画部、For School事業部

お申込みいただいた高校の先生から、「働き方」「職種」「やりたいこと」「夢」「目標」について気づきを得られるような時間にしてほしい、とリクエストをいただいていたので、複数事業部をアサインして、様々な職種のメンバーと話ができるようにしました。

会社説明では、「社長はどの人?」「Studyplusはどうやって収益を上げている?」「ユーザー数は何人?」「受験生の何人に一人が使っている?」と、クイズを織り交ぜ、スタディプラスについてご紹介しました。

各事業部のワークショップ

広告事業部

広告事業部は、新卒で教育業界に就職した奥村さん・今年の春まで学校の教員だった小川さんが担当。


実際にStudyplusに出稿していた広告のバナーの中から、「どれが一番見られた広告」かのクイズを出題。

その後は、高校生におなじみの商品の広告を考えるワークショップを実施しました。

Twitterに流れてくる広告や、過去のCMを見ながら、どんな広告だったら見てもらえるか‥‥について真剣に考えていました。


For School事業部

For School事業部は、元学校教員だった阿部・来春から当社に新卒入社する澤田が担当しました。

「イマキク」という意見集約サービスを使って、理想の授業について提案するワークショップです。


後半は、キャリアや進路についての考えや悩みについても、書き込む時間を設けました。

挙手しての発言よりも、スマホで自分の意見を書き込む方が、手軽で心理的な負担も少ないですね。


授業への提案では、現役高校生ならではの意見が出てきました。

とても参考になります!

企画部

企画部は、部長の島田(豊)、デザイナーの小松が中心となってワークショップを実施。今月入社したディレクターの長谷川、デザイナーの我妻も、高校生と一緒になってワークに参加しました。

企画部のワークは、「勉強の悩みを解決するアプリを考えよう」というもの。

まず、勉強の悩みをポストイットに書き出してもらいます。

眠くなる、スマホの誘惑がある・・・・・ 分かります・・・。


みんなの悩みが出たら、今度はどんなアプリ・機能なら悩みを解決できるのか?を考える時間です。

眠くなる…という悩みに対しては、定期的に恐怖動画が流れて目が覚めるようにする、などユニークな回答があり、聞いていて楽しかったです。


Studyplusの企画にヒントになるような意見もあったようです!:

****

あっという間に時間がたって、お別れの時間に。

スタディプラスを選んでくださって、ありがとうございました!

今年・来年5月は既に予約が詰まっているのですが、ご興味ある方ぜひお問い合わせください!

詳細はこちらです。

https://info.studyplus.co.jp/2018/07/19/977


今後もスタディプラスの社会科見学受け入れ情報について、発信してまいります!

スタディプラス株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう