Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

私、新卒一期生としてスタディストに入社を決めました ~K.Z編~

こんにちは、スタディストの辻です。

新卒一期生として入社予定の内定者を紹介していくこの企画、四人目のご紹介です♪

営業部配属予定のK.Zさんです(イニシャル表記にしています)。

自己紹介

明治大学政治経済学部4年生のK.Zです。

兵庫県出身で、中学・高校時代は部活でバスケをしていました。

趣味は漫才を観ることで、最近は特に和牛さんにハマっています。(似ているとも言われますw)。

先日、自分を一言で表すと?という質問をいただき、「まぐろ」と答えました。刺激を求めて動き続けていると考えたからです。

就活での軸

私が一番就活で重要視していたのは、『どのように働きたくないか』でした。

就活をする上で自分のやりたいことが多すぎて絞れなかったことが理由です。

そのため、反対にやりたくないことをリストアップしてまとめると、「戦略的に営業活動を行っていない」企業は自然と外れていきました。

なぜ、そのように考えたのかを振り返ると、他社インターンでの営業活動の原体験があったためです。

主な体験は以下の3点でした。

・単なる売上を上げるための営業活動だったこと

・営業活動が戦略的に行われていなかったこと

・お客様の満足度は二の次だったということ

このような経験からどのように働きたくないか具体的なイメージを持っていました。

また、企業の方とお話をしてその対応から判断しました。

質問をぶつけたときに、回答とその理由や背景をきちんと説明してくれる会社を見るようにしていました。

というのも、背景や理由を知らないと自分が納得できなかったからです。

スタディストとの出会い

友人に今後成長しそうな会社を紹介してほしいとお願いしたときに、スタディストを紹介してもらったことがきっかけでした。

決め手になったこと

自分のモチベーションアップや価値観と合っているかを見るため、ビジョンやミッションを見て共感できるか。

それらを実現する仲間になりたいかを見るようにしました。

複数企業のミッションやビジョンを比較し検討をしました。

スタディストのミッションやビジョンのつながりと、世界観は自分の価値観に非常にフィットしました。それらを実現するための仲間になりたい、自分もこの仕事がしたいと感じました。

就活生にアドバイス

自分の身近な課題を解決することに目を向けることが就活のヒントになると考えています。実はそれが自分のモチベーションにつながることもあります。

私が複数の企業のミッションやビジョンを比較したように、対象企業のビジョンやミッションを調べて自分との距離を確かめると、入社する企業を決定する際の迷いが晴れると思います。

入社後スタディストでやってみたいこと

海外での勤務を行うことで、日本にはないものを多く発見したいと思っています。

また、先輩社員との密度の濃いコミュニケーションにより、先輩社員の仕事観などを知り自分のキャリア形成につなげたいと思っています。


K.Zさん含め、これまでにご紹介してきました営業部内定者の2名と一緒に企画を進めている内定者主催のイベントがあります^^

当社プロダクトTeachmeBizを実際に触っていただける&内定者が就活のアドバイスや経験談をはじめとしたトークセッションを予定しています★

ぜひご参加ください!

株式会社スタディストでは一緒に働く仲間を募集しています
10 いいね!
10 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう