Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

納得できる環境を求めて。若手営業マンのスタディストでの新しい挑戦・経験・成長

こんにちは!はじめまして。スタディスト管理部人事グループの西村です。

私がスタディストにジョインして半年と少しが経ちました。

私がスタディストへの入社を決めた一番の理由は「知的活力みなぎる社会をつくる」というビジョンへの共感です。

ビジョンやミッションへの共感以外にも、どのような事業をやっているのか、経営者はどのような方なのか、一緒に働くことになるメンバーはどんな人達なのか、事業や組織は今後どのような方向に進んでいくのか、など、判断材料となりうるものは全て妥協できるものではないと思います。

そんな私は今スタディストという会社をとても楽しんでいます。

あなたは現状に満足できていますか?

スタディストという環境で、私と同じように楽しみながら挑戦・経験・成長に向き合っているメンバーを一人ご紹介したいと思います。

営業部 深澤貴寛(あだ名 ディープ

風通しの良い大手企業ではじまった社会人生活

――前職での仕事を教えてください。

メガバンクのグループ会社で個人顧客向けに資産運用の支援(営業)を担当していました。将来を見据えて投資を行いたいというお客様に対し、電話で商材を提案したり、店頭窓口にいらっしゃるお客様に対し、何気ない相談に乗りながら資産運用の提案を行ったりする仕事です。

新人研修後すぐに売上目標の数字を持たせてもらい、営業として売上を追いかける楽しさを感じながら、目の前のお客様の課題解決に向き合っていました。営業の仕事は楽しく、それぞれのお客様にどのようにアプローチするのが最適なのかと意識しながら業務にあたっていました。常に営業として恥じない実績を出すようにと心がけてました。

――営業の鏡ですね。あるべき姿を語れるのは素敵です。どのような観点で就職先を検討したのでしょうか?

特別変わった就職活動はしておらず、有名企業を多く受けていました。大手のメガバンクやデペロッパーなど、複数社から内定をいただいていたのですが、選考を通じて様々な話を伺うなかで「年功序列ではなく、実力主義」「組織の風通しが良く、自由度も高い」という点に魅力を感じ、前職を選びました。

さらなるスピード感を求めてベンチャーへ

――結果も出ていて、営業としてやりがいを見出していた印象を受けたのですが、転職を考えたきっかけを教えてください。

就職活動の際に魅力的だと思っていたスピード感や会社の風通しに違和感を感じたことがきっかけですね。

入社後に組織の状況が大きく変化したこともあり、営業として結果を出したとしてもすぐに評価されることが難しかったり、新しい挑戦をするのにも早くても5年程度は時間がかかるといったことが上司から伝えられたりしていました。まずは目の前の仕事にじっくりと向き合えということだったと思うのですが、自身のイメージしていたスピード感とのギャップがありました。

自分はこのまま今の仕事を5年~10年やり続けるのか、自分の望むスピードで成長できるのかと考え、悩み、納得できる環境を求めて転職活動をはじめることに決めました。

――その中でスタディストを選んだ理由を教えてください。

一番魅力的に感じたのは、"組織の柔軟さ、意思決定の速さ"です。

一次面接で庄司(COO)に会ったのですが、その場で選考通過と言ってくださり、面白い人に会わせるといって現タイ現地法人代表である豆田につないでくれました。「今面接?こんにちは!」という非常にフランクな会話からはじまり驚きました笑。

一次面接段階から役員クラスに二人もお会いできたこと、直ぐに二次面接の調整を行っていただき、同時に選考が進んでいた他社よりもずっと早いペースで内定フェーズまでいったことで、柔軟にスピーディーに意思決定できる会社だなと魅力に感じました。

また、社会的課題の解決に大きく貢献できる商材、サービスを取り扱いたいということも、転職時の重要な軸として掲げていたため、スタディストが提供するクラウド型ビジュアルSOPマネジメント・プラットフォーム「Teachme Biz」というサービスも非常に魅力的でした。実は「Teachme Biz」は前職でも導入されており、当時から、会社の事業成長をサポートできる大変価値のある商材だと思っていました。

あとは、選考を通じてお会いしたスタディストの方々と一緒に働きたいと素直に思えたのも大きかったですね。

みなさん、面接での質問へ真摯に向き合ってくれましたし、回答を通じて一社会人としてこうあるべきというものを分かりやすくしっかり伝えてくれました。

深澤さんから見たスタディスト

――スタディストに入ってみてからの印象はどうですか

現在、営業部Inboundグループに所属しており、サービスに関心をお持ちのお客様に対し、商談を通じてプロダクトの価値を伝える営業を行っています。

学びが多く、日々勉強になるなと感じています。営業活動に全てにロジックがあり、ひとつひとつの意思決定に対して根拠がしっかりしているんですよね。

▽過去記事はこちら

転職時に求めていた挑戦という点でも、実際に色んなチャンスを貰えていると思っています。

営業体制見直し、スキル底上げなど、改善していきたい事はたくさんあります。営業部全体としての課題の抽出から、課題に対する施策検討および実行までを、営業部長やマネージャーと一緒に行っています。役職によらず、問題意識や改善意欲があればチャレンジできる環境なので、とてもやりがいを感じています。

提案はそう簡単には通らないですが、そこも勉強です笑。濃いフィードバックがもらえるので、自分に足りない部分も多く見えてきます。自分としては虫の目・鳥の目・魚の目で見ているつもりでしたが、もっといろいろな角度からの見え方を意識するようになりました。経営から現場まで、様々なレイヤーから深いところまでを見通せる力を身に着けないといけない。この環境で多く打席に立つことで、物事の考え方の質を劇的に高められると感じています、

また、組織課題に向き合う機会が多くなることで、組織に対しての責任感も高まりました。

もともと経営に近い仕事やマネジメントにも興味があったので、経営層との距離が近いことも魅力の一つだと感じています。

代表の鈴木や取締役の庄司の商談に同行する機会もあるのですが、タクシーでの移動中など、普段の業務の中ではしないような会話もできて、営業マンとしてだけではなく、経営者視点や一人の人間としての学びも多いです。


人生の目標は起業!そのためにも今を大切に、日々成長を

――深澤さんの今後の目標を教えてください。

営業マンとしてこれまで以上に成果を出すことはもちろんですが、その次のステップとしては組織を束ねられる存在になりたいと思っています。どんな仕事をやるとしても一人で完結することはできないですし、事業をスケールさせるためには一緒に働く「人」が要になるので、人や組織と向き合う時間を大事にして、マネジメント能力を身に着けていきたいと考えています。

人生の目標としては、いつか起業したいと考えています。経営者が一番自己実現できる立場だと思っていて、自己実現の追求の結果として世の中にどこまで良い影響を与えることができるのか、チャレンジしたいんです。事業の方向性についてはまだまだ固まっていませんが・・・。

お客様へ貢献することが、起業家にとって何よりも大切」と代表の鈴木に言われたことがあり、強く印象に残っています。自分にとっては何が一番お客様に貢献できることなのか、じっくり見つけていきたいです。

スタディストに入社しての日々は、これまでにはない経験・気づき・学びにあふれています。事業も組織も成長過程で非常に面白いフェーズなので、毎日がとても充実しています。自分自身も少しでも早く大きく成長できるように、今やるべき事、挑戦すべきことに精一杯取り組んでいきたいと思います。

――ありがとうございました!

深澤さんはスタディストに入ってもうすぐ一年になりますが、営業としてトップの成績を出したり、組織改善の新しい取り組みにも挑戦しています。

いかがでしたか。スタディストは今期100名のフェーズに差し掛かろうとしてます。まだまだやれること、挑戦したい事がたくさんあります。

若いうちに多くの経験を積みたい方、自分自身と向き合って成長したい方にとってはスタディストは非常によい環境だと思います。もちろん他のポジションも仲間を探してます。

興味がある方はぜひスタディストに遊びに来てください。

株式会社スタディストでは一緒に働く仲間を募集しています
11 いいね!
11 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう